声からうつ病リスクや恋愛傾向まで分析。人事コンサル企業がFUNDINNOで資金調達へ

声から僅か“6秒”で個性や適性、うつ病リスクや恋愛傾向まで分析可能。理論と1万人以上の統計データから成る<声の分析システム>

株式投資型クラウドファンディング(CF)プラットフォーム「FUNDINNO(ファンディーノ)」で新規案件「声から僅か“6秒”で個性や適性、うつ病リスクや恋愛傾向まで分析可能。理論と1万人以上の統計データから成る<声の分析システム>」が公開された。株式発行者の株式会社ライフスタイルマネジメントは、声紋で個性診断ができる「声の分析システム」を活用した人事コンサルティング業を行うベンチャーで、エンジェル税制適用確認企業(タイプB)。目標募集額は1200万円、上限応募額2千万円。投資は1口10万円 (125株)で、上限は1人5口、特定投資家口座からは500万円 (6250株)まで申し込み可能。募集期間は10月12日から16日。

声の分析システムは、声には心と身体の状態が反映されるという特性を利用し、わずか6秒で、その人の強み・弱み・モチベーションアップ方法・ストレス耐性などの個性がわかるとしている。自分の名前を言った時の声の周波数を3層12色の色の分布に変換し、心理学的な解釈を基に個性を資質・習慣・思考の3つの領域で特性を可視化する。結果を「リーダータイプ」「営業接客タイプ」といった13種類のタイプに分け、ストレス具合も確認。さらに、分析結果を自動でレポートに出力し、個性診断の結果をわかりやすく可視化する。

従来のチェックシートなどではわかりにくかった「個性」の把握や、各種療法やメソッドの実施後の変化の把握、モニタリングに活用できるのが特徴。企業での採用・人材育成・メンタルケアをはじめ、病院における患者のカウンセリング、大学における就活支援ツールなどにも利用でき、臨床心理士・薬局薬剤師・産業医・キャリアコンサルタントなどの個人の専門家への販売・導入実績もある。

同社は共同開発パートナーと2016年の初期版を開発、2020年のリニューアルを経て、オンプレミス型(自社で用意したサーバへソフトウェアをインストールし、利用する形態)で1本80万円(税別)で販売中。また、スマートフォンで録音した音声を送ってもらい同社で分析するサービス、人事セミナーやコンサルティングなども展開している。

今後は、クラウド型システムを開発、Web-API(プログラムの一部機能を、外部のプログラムでも利用できるよう共有する仕組み)を活用してさまざまな企業と協業することで販路を拡大、サブスクリプションモデルでマネタイズしていく計画。現在は凸版印刷株式会社の21年度オープンイノベーションプログラムにより、同社との共同サービス開発を進行中。ほか、教育ソリューション系サービスの協業や、婚活市場へのサービス展開も予定している。

22年にクラウド型システムの開発、それを使ったHRシステムや教育システムの構築を目指す。さらに、29年までに累計クライアント数(HRtech系)340社以上の獲得を目標としている。

株主優待として、声の分析システムに基づいた診断結果を無料で提供する。

【関連サイト】株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」
【関連ページ】FUNDINNO(ファンディーノ)の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」