貸付投資のFunds、「JBRサステナビリティファンド#1」公開。優待で国内の「キッザニア」利用割引に

1円から貸付投資ができる「Funds(ファンズ)」を運営するファンズ株式会社は、ジャパンベストレスキューシステム株式会社が会員制サービス事業のサービス拡充を目的に展開する「JBRサステナビリティファンド#1」を公開した。募集金額は1億円でうち5000万円を抽選方式で募集する。抽選受付は6月1日午前10時までだが、5月31日午後1時時点で1億6424万円の申し込みが寄せられている。予定利回りは年率2.00%(税引前)、予定運用期間は6月18日から2022年5月末日までの約11ケ月。元本償還方法は満期一括、利益配当方法は毎四半期、担保なし・保証なし、最低成立金額は3千万円。先着募集は6月4日午後7時から6月11日午後3時まで投資申込を受け付ける。

ジャパンベストレスキューシステムグループ(JBRグループ)は、「困っている人を助ける」という企業理念の下、一般向けに概ね終日対応の総合生活トラブル駆けつけ解決サービス「生活救急車」を全国で展開する東証1部上場企業。一般向けとは別に、生活トラブルに備えた会員制サービスを提供している。代表的なものとして、賃貸住宅の入居者向けに「安心入居サポート」、大学生向けに「学生生活110番」というストック型・サブスク型のサービスがある。さらにグループ傘下のJBRあんしん保証株式会社では、ストック型として住宅設備機器のコンシェルジュサービス「あんしん修理サポート」を販売。ストック型・サブスク型の売上比率は85%を占める。

JBRグループ全体の20年9月通期決算によると、売上高の半分が会員制サービスで占められている。会員制サービスはストック・サブスクリプション型のため、グループ全体の収益を安定化させる事業となっている。また、グループ連結子会社であるジャパン少額短期保険株式会社、レスキュー損害保険株式会社の2社は保険事業を展開。20年9月期において、保険事業の売上高は会員制サービスに次ぐ規模となっている。これらの事業に加えて、法人向けで不動産トラブル解決サービス「緊急出動付コールセンター」、リペア事業やライフテック事業も展開する。

JBRグループはまた、持続可能な社会の実現に向け、国連が提唱しているSDGs(持続可能な開発目標)を事業に取り込んでいる。特に、SDGsの目標11「住み続けられるまちづくり」と目標9「産業と技術革新の基盤をつくろう」の実現を通じて、中長期的な企業価値の向上を目指している。さらに、インパクト投資の一つとして、児童や高齢者を見守るサービス「otta(オッタ)」を展開するotta社と資本業務提携を結び、地域が一体で児童や高齢者を見守る体制の構築に着手している。

同ファンドに25万円以上投資すると、同社がオフィシャルスポンサーを務める子ども向け就労体験施設「キッザニア(東京・甲子園)」で利用できるFunds優待券を受け取れる。入場料が最大20%割引になる。

【関連サイト】オンライン貸付ファンド「Funds」
【関連記事】Fundsの実績・運営企業
【関連記事】Fundsの評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチームは、ソーシャルレンディングや金融知識が豊富なメンバーがソーシャルレンディングの基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」