インデックス投資のメリット・デメリットは?投資の注意点も

投資の世界にはさまざまな投資手法や商品があります。そのなかの1つが「インデックス投資」と呼ばれるものです。

しかし、インデックス投資がどのような投資手法なのか、曖昧な方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、インデックス投資の特徴やメリット、注意点などについて解説したいと思います。

目次

  1. インデックス投資とは?
    1-1.インデックス投資を行う方法
  2. インデックス投資のメリット
    2-1.初心者でも理解しやすく始めやすい
    2-2.運用に掛かるコストが低い
    2-3.手間が掛からない
    2-4.インデックス・ファンドを購入するだけで分散投資になる
  3. インデックス投資のデメリット
    3-1.短期で大きなリターンは狙いにくい
    3-2.投資商品が少ない
  4. インデックス投資を行う際の注意点
    4-1.証券会社ごとの取扱商品数と手数料
    4-2.純資産残高
    4-3.分配方針
    4-4.金融商品の組み合わせ方
  5. まとめ

1.インデックス投資とは?

インデックス投資というのは、「市場の動きを表す指数(=インデックス)」と同じ値動きをすることを目指して運用する投資手法のことをいいます。

ひとことにインデックスといっても、その種類はさまざまです。日本の市場であれば、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などが代表的なインデックスとして知られています。また、S&P500やダウ平均(NYダウ工業株30種)など、海外市場にもさまざまなインデックスがあります。

これらのうち、特定のインデックスをベンチマークとして連動するように運用するのがインデックス投資です。例えば、日経平均株価をベンチマークとするインデックス投資なら、日経平均株価が5%上昇したら、投資している資産も5%上昇するように運用されるわけです。

1-1.インデックス投資を行う方法

インデックス投資を行いたい場合は、インデックスに連動するように設計されている金融商品を購入することになります。

インデックスに連動する金融商品は「インデックス・ファンド」と呼ばれており、その種類にはさまざまなものがあります。具体的には以下のインデックスに連動する商品があります。

  • 日経平均株価
  • TOPIX
  • MSCI ジャパン
  • MSCI コクサイ・インデックス
  • MSCI ワールド・インデックス
  • S&P 500
  • REIT(東証REIT指数) など

それぞれのインデックス・ファンドによって投資収益が異なりますので、自分の収益目標やコスト、リスクなどさまざまな視点から慎重にインデックスを選択することが大切になります。

2.インデックス投資のメリット

ここでは、インデックス投資を行うメリットについて見ていきましょう。具体的には、以下のようなメリットがあります。

  1. 初心者でも理解しやすく始めやすい
  2. 運用に掛かるコストが低い
  3. 手間が掛からない
  4. インデックス・ファンドを購入するだけで分散投資になる

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

2-1.初心者でも理解しやすく始めやすい

インデックス投資は、理解しやすい投資手法のため、初心者にとっても始めやすいというメリットがあります。

先述しているように、インデックス投資では日経平均株価など特定の指数に連動するように運用される金融商品を購入することになります。そのため、値動きなども比較的わかりやすく、投資がしやすいといえます。

また、日経平均株価やTOPIX、NYダウなどといった認知度が高い指数については、値動きに関するニュースが毎日出ています。それらの情報に触れることで、ベンチマークが変動する要因についても徐々に知っていくことができますし、大きな流れに沿って値が動くインデックス・ファンドは初心者にとっても理解しやすいものとなります。

2-2.運用に掛かるコストが低い

インデックス投資を行う場合は、ETF(上場投資信託)や一般の投資信託商品を購入することになります。この場合、運用を委託する「信託報酬」を支払うことになりますが、インデックス投資なら信託報酬が低く抑えられるというメリットがあります。

投資信託では、インデックス投資のほかに「アクティブ投資」という運用方法が取られた商品もあります。これはベンチマークを上回る運用を目指すため、各銘柄の調査費用や銘柄の売買手数料、人件費など、コストが掛かりやすくなります。

一般的にインデックス・ファンドは、ベンチマーク(目標となる指数)に連動するように機械的かつ平均的に運用されるため、コストを抑えることができるのです。

仮に長期的な運用を考えている場合、信託報酬の少しの差が、将来的には大きな差となって表れることとなるため、コストが低いということは、それだけ収益も大きくなりやすいといえます。

2-3.手間が掛からない

投資をするのに手間が掛からないというのも、インデックス投資を行うメリットといえるでしょう。

インデックス投資では、ベンチマークに連動するよう設計されている金融商品を購入するだけで投資を行うことができます。

個人で株式取引やFXなどを行う場合は、購入する銘柄に対する調査をしたり、購入・売却のタイミングを計ったりする必要があり、それなりに時間がかかってしまいます。

一方、インデックス投資は個別株と比べて銘柄調査の時間などは少なくて済むため、投資に時間があまりとれないという方でも、取り組みやすいといえます。

2-4.インデックスファンドを購入するだけで分散投資になる

インデックスファンドを選択して購入することが、そのまま分散投資になるというのもインデックス投資のメリットです。

分散投資というのは、投資で収益を得るための重要な要素で、かつリスクを分散するための投資方法です。ですが、自分で分散投資となるように考えながら投資を行うのは、初心者にとってかなり難しいことといえます。

しかし、インデックス投資のための金融商品は、もとからさまざまな投資対象を組み合わせてあります。そのため、自分が投資したいインデックスファンドを選択して購入するだけで、分散投資をしていることになるのです。

3.インデックス投資のデメリット

一方、インデックス投資には、以下のようなデメリットもあります。

  1. 短期で大きなリターンは狙いにくい
  2. 資産運用を任せるため投資経験は積みにくい
  3. 投資商品が少ない

それでは、詳しく見ていきましょう。

3-1.短期で大きなリターンは狙いにくい

インデックス投資のデメリットの1つが、短期間で大きなリターンを狙うことは難しいという点です。

ベンチマークとなる指数は、極端に変動することはあまりなく、緩やかな値動きになることがほとんどです。そのため、個別株での短期トレードのような、大きなリターンを得ることには向いていません。むしろ長期的な運用に適している投資手法といえるでしょう。

3-2.投資商品が少ない

インデックス投資ができる投資商品が少ないということも、デメリットの1つです。

世界に視野を向ければ、1万種類以上のインデックス・ファンドが存在しているといわれています。しかし、日本では認知度の高いインデックスに連動した少数の商品のみが提供されているにとどまる状態です。

今後は増加していくかもしれませんが、現状としてはインデックス投資ができる金融商品は限られているということを理解しておきましょう。

4.インデックス投資を行う際の注意点

実際にインデックス投資を行う場合は、以下の点に注目してファンドを選択することが大切です。

  1. 証券会社ごとの取扱商品数と手数料
  2. 純資産残高
  3. 分配方針
  4. 金融商品の組み合わせ方

4-1.証券会社ごとの取扱商品数と手数料

インデックス・ファンドを提供する証券会社によって取り扱っている商品数や種類が異なります。

また、投資信託では商品によって信託報酬が発生するほか、販売手数料、売買手数料などが発生することもあります。

そのため、それぞれの証券会社の取り扱い商品とその特徴についてしっかり調べて、自分に合ったインデックスファンドを選択することが大切です。

4-2.純資産残高

インデックスファンドを選択する場合は、純資産残高についても確認したほうがいいでしょう。

運用前よりも運用中の純資産残高が増加しているのであれば、運用のパフォーマンスは良好であると判断することができます。逆に、純資産残高が減少している場合は、パフォーマンスが悪いか、分配金が多い可能性があります。

できるだけ長い期間運用することを考えているのなら、純資産残高が増加しているファンドを選択するようにしましょう。

4-3.分配方針

インデックス・ファンドではそれぞれの商品の分配方式についても確認するべきです。

投資信託では、運用で発生した利益や配当が投資家に還元される仕組みとなっています。還元方法としては、口座へ入金される場合と、分配金がそのまま再投資に回される場合があります。

インデックス・ファンドでは、分配金を再投資するケースがほとんどですが、一部毎月還元するような分配型の商品もあります。

インデックス投資では、利益をそのまま投資に回した方が複利効果を得られるため、将来的なリターンの上限が大きくなります。また、分配金型では純資産がそのたびに減少するため、運用によって得られる利益が少なくなります。

そのため、再投資型のインデックス・ファンドかどうかを確かめることが重要になります。長期的に投資を行って資産を増やしていきたい場合は、再投資型の方が効率的だといえます。

4-4.金融商品の組み合わせ方

インデックスファンドを選択する場合は、構成されている金融商品の組み合わせ方についても見ておきましょう。

例えばインデックスファンドのなかには、国内株式のみで運用されるものもありますが、分散投資の効果を狙うのであれば海外の株式や国内・海外の債券やリートなどのインデックスファンドも組み合わせて投資することが必要になります。

まとめ

インデックス投資は、ベンチマークとなる指数に連動する運用が実施されるので、初心者でも比較的わかりやすく始めやすい投資手法です。

ですが、メリットやデメリットがあるため、自分がどのようなスタイルで投資をしていきたいのか、よく考えて判断することが大切です。

本記事を参考に、インデックス投資についてじっくり検討してみて下さい。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」