PayPayアセットマネジメント、「PayPay投信米国株式インデックスファンド(仮称)」来春設定へ

PayPayアセットマネジメント株式会社は11月24日、新ファンド「PayPay投信米国株式インデックスファンド(仮称)」を22年春に設定すると発表した。PayPay投信インデックスファンドシリーズの第3弾で、指数構築過程において透明性の高いインデックスに連動する大型株および中型株を中心とした米国株式に投資する。購入時手数料0円、“業界最低水準”の運用コストを目指す。

PayPay投信インデックスファンドシリーズは、今年3月、同社がアストマックス投信投資顧問から社名変更して営業を開始するにあたって設定。第1弾は日経平均株価とNYダウに連動するインデックスファンドで、「PayPay投信日経225インデックス」は申込手数料無料のノーロード型で、信託報酬率は税抜き年0.13%(税込み0.143%)で設定。それまで、既存の日経平均連動型のインデックスファンドは、信託報酬率が税抜き年0.14%(税込み0.154%)が最も低い手数料率で、業界最低水準を実現した。この水準から一段低くした。同じく第1弾「PayPay投信NYダウインデックス」は信託報酬率を税抜き年0.18%(税込み0.198%)とし、従来の既存のNYダウ連動型インデックスファンドの信託報酬率の最低水準だった税抜き年0.225%(税込み0.2475%)よりさらに一段低い水準に設定した。

第2弾の「PayPay投信NASDAQ100インデックス」は6月29日に運用を開始。信託報酬率は税抜き年0.38%(税込み0.418%)。連動するのは米国ナスダック市場に上場している企業のうち、流動性が高く、時価総額が大きい 100社(金融業を除く)の株式で構成される株価指数。IT、バイオテクノロジーなど今後の成長が期待できる銘柄が多い。取扱いはSBI証券松井証券マネックス証券auカブコム証券PayPay銀行

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品への投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」