野村AM、分配方針が異なる投資信託「マイライフ・エール」3本を設定。ファンド間でスイッチング可能

野村アセットマネジメント株式会社は8月22日、新たな追加型投資信託「マイライフ・エール(資産成長型)/(年2%目標払出型)/(年6%目標払出型)」を設定し、運用を開始した。外国投資信託「ノムラ・マネージド・マスター・トラスト-グローバル・バランス・ファンド2-D2クラス/D6クラス」を通じて国内外の株式、債券、REITの指数に連動するETFを実質的な投資対象とし、ファンド・オブ・ファンズ方式で運用。現役世代、セカンドライフ世代など様々なライフステージに合わせて分配方針の異なる3つのファンドから選べるのが特徴。

また、各ファンド間でスイッチングが可能で、 「資産を育てる期間から資産を取り崩す期間まで『人生100年時代』に長く寄り添う設計」(同社)としている。野村證券株式会社を通じて売買できる。

投資対象である世界各国の株式、債券、REITのうち、株式とREITへの投資上限を合計40%に設定。投資配分は野村證券が独自に開発したモデルを活用して算出された数値に定性評価を加味した上で、「より効率的と想定される比率」(野村AM)とする。

「刻々と変化する世界の経済情勢や市場動向に機動的に対応していくため、投資配分比率を定期的に見直すことでリスクを抑え、長期間にわたり安定した収益獲得を目指す」方針で、資産成長型は年2回、年2%目標払出型、年6%目標払出型は年6回の分配を行なう。年2%目標払出型、年6%目標払出型」は目標分配率に応じた分配(資金払出し)を目標とするが、 各期末において目標分配率に応じた分配の実現を保証するものではない。

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」