LINE証券、IPO(新規上場株)サービス開始。情報を逃さずスムーズに取引

LINE証券株式会社は6月1日、スマホ投資サービス「LINE証券」で新たにIPO(新規上場株)サービスを開始した。IPOは未上場会社の株式を証券取引所(株式市場)に上場し、 投資家に株式を取得させること。2020年に上場した銘柄のうち、初値が公募価格を上回った銘柄は75%、公募価格から初値への騰落率(倍率)は平均2.3倍と高い水準で取引が開始されている。 そのためIPO投資は大きな値上がりを狙えると、投資初心者から投資経験者まで幅広い層に人気だ。同社のIPOサービスは、こうした「投資の勝率をもっと上げたい」「値上がりする株をゲットしたい」といったニーズに応える。

同サービスでは、新たに取り扱うIPO銘柄の情報や申込開始のお知らせ、 当選結果などをLINE証券のLINE公式アカウントからタイムリーに通知。IPO関連情報を見落とすことなくスムーズに取引できる。

IPO取引では、仮申込と抽選申込の2つのステップがある。それぞれ銘柄によって期間が異なるため、LINE証券でLINE公式アカウントを「友だち追加」すれば最新情報を受け取れる。操作は口座開設、仮申込、公募価格決定の後、抽選申込、抽選発表という流れ。なお、同サービスで抽選の申込み時と当選後の購入時の手数料は無料。

日本株式のIPO発行額3年連続第1位の野村証券が協業しており、今後は順次IPO銘柄を取扱う予定。「投資初心者から投資経験者まで全ての『働く世代のに支持されるようサービスの改善を図っていくと同時に取扱い商品の拡充を進め、生活に溶け込んだ新しい総合証券サービスを目指していく』としている。

【関連サイト】LINE証券
【関連記事】LINE証券の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」