エポスカード、「エポスポイント」による資産形成サービスを開始

株式会社エポスカードとtsumiki証券株式会社は12月7日、「エポスカード」の利用に応じて貯まるエポスポイントで投資信託を購入できるサービスを開始した。カード会員にポイントの新しい使い方を広げ、投資初心者、現金を使わず気軽に投資をしたい人に「エポスポイントで将来の資産づくり」という選択肢を提供する。

新サービスでは、「マルイ」店舗やネットでの買い物、月々の料金支払いで貯まったエポスポイントを使って、tsumiki証券で取り扱う投資信託を購入できるようになる。投資信託は100ポイントから始められ、利用可能なポイント数に上限はない。会員の好きな時に投資信託が購入できるのも特徴だ。例えば、月に1度、加算されたエポスポイントをまとめて投資することも、毎日100ポイントずつ投資するという方法も選べる。

サービスの利用は、日本国内在住で20歳以上ならtsumiki証券に証券口座を開設すれば対象となる。口座開設が済んでいない場合も、エポスカードの登録情報との連携により、ほとんど入力なしで手続きできる。

登録は、「エポスNetのID・パスワードを入力」「証券口座の開設に必要な質問に回答」「必要書類をスマホで撮影してアップロード」「約1週間後、 郵便物を受け取ってログイン、投資をスタート」というステップ。

tsumiki証券は、長期の資産形成のサポートを強みとする証券会社。エポスポイントで資産づくりができるサービスと、「つみたてNISA」対象の投資信託を、エポスカードを使用して毎月3000円から自動購入できるサービスが好調という。2018年8月のサービス開始以降、申し込みの約7割が「資産形成が初めて」の顧客で、初心者からの支持を伸ばしている。

【関連サイト】SMBC日興証券のウェブサイトを見る
【関連記事】SMBC日興証券の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」