クラウドポート「女性のお金と投資に関するアンケート」結果公表、「放置できる投資」に約3割が意欲

ソーシャルレンディング比較サービス「クラウドポート」を運営する株式会社クラウドポートは4月5日、「女性のお金と投資」に関するアンケート調査結果を公表した。この結果、約93%の女性が、将来受け取る年金は「今より少なくなる」と予想し、それに講じるべき対策は77%が「自己防衛」と回答した。「チャレンジしてみたい資産運用」は「一度投資をすればある程度放置しておけるもの」との回答が最多で31.5%だった。

クラウドポート アンケート 年金

まず、自分が将来受け取れる年金の水準については92.9%が「少ない金額になっていると思う」と回答した。次に「受け取る年金が今より少なくなるとして、どのような対策を講じるべきだと考えますか?」という質問には76.7%が「自分で備えるべき。自己防衛」と回答した。国や政府が用意する制度に頼らず「自分の老後の安心は自分で備えるべき」と考えている様子がうかがえる。

クラウドポート アンケート 対策

そして「お金の面で将来に備えるための手段として考えられる、貯金や資産運用、保険、キャリアアップについて、それぞれどの程度準備できていますか?」という質問には、「貯金」と「資産運用」の準備について8割近くが「全く不十分である」「どちらかと言えば不十分である」と回答した。また「資産運用の準備が不足している理由」については、50.1%が「資産運用は難しそうだから」と回答した。

クラウドポート アンケート 考え クラウドポート アンケート 資産運用準備不足

その一方で「どのような資産運用をチャレンジしてみたいと思いますか?」という質問には31.5%が「一度投資をすればある程度放置しておけるもの」と回答した。簡単かつ時間も手間も省ける投資が好ましい様子が見受けられる。次いで「リスクが固定されているもの」が19.2%、「ミドルリスク・ミドルリターンのもの」が17.7%と続いた。毎日のチェックを要するデイトレードや「ハイリスク・ハイリターン」の投資については敬遠されていることがわかる。そもそも「チャレンジしたいとは思わない」という回答は約37%だった。

クラウドポート アンケート 資産運用チャレンジ

クラウドポートは今回の調査結果をふまえ、老後資産形成手段の一つとしての「ソーシャルレンディング」を推奨する。「ソーシャルレンディング」(投資型/融資型クラウドファンディング)は、お金を投資したい一般投資家と、お金を必要としている人・会社をインターネット上でマッチングする、新しい金融技術(フィンテック)の一分野だ。ソーシャルレンディングは、株式やFXなどと比べて景気の変動や経済情勢に直接的な影響を受けにくく、担保付の投資先が多いなど、初心者でも安定したパフォーマンスを期待することができる。

また、会社によって1万円~5万円くらいで投資できるファンドがほとんどと、少額から投資できるのが特徴だ。ほかにも「安定した毎月分配がある」「手間がかからない」「メリット・デメリットがはっきりしている」という特徴がある。

2017年にはソーシャルレンディングの市場規模は1,316億円にのぼり、2016年と比較しておよそ2.5倍の成長と、過去最高の成長率を記録した。ソーシャルレンディングは、低金利時代の今こそ、投資に苦手意識がある方や、投資に時間や手間をかけられない方が老後に向けた自己防衛策の一つとして投資を始めるのに適した金融商品だ。

代表的なソーシャルレンディングサービスには「オーナーズブック」「maneo」「SBIソーシャルレンディング」「クラウドクレジット」「クラウドバンク」「トラストレンディング」などがある。

クラウドポート「2017年ソーシャルレンディング業界レポート」

調査を行ったクラウドポートは「ソーシャルレンディング主要事業者の動向を、投資家目線に立って分析し、リアルな情報を横断的に届け、国内ソーシャルレンディング市場の成長の一翼を担いたい」としている。

調査は2018年3月26日~3月28日の3日間、20代から50代の女性480名、内訳は20代、30代、40代、50代、それぞれ120名を対象に、インターネットで行われた。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」