エアビー、ウクライナ難民に最大10万人分の無料住居提供

民泊仲介大手の米エアビーアンドビー(ティッカーシンボル:ABNB)は2月28日、ロシアが侵攻したウクライナから逃れた難民に対し、最大10万人分の一時的な滞在先を無償で提供すると発表した(*1)。

同社が立ち上げたAirbnb.org(難民の宿泊先探しを支援する非営利団体)を通じて住居を提供する。資金はエアビーが拠出するほか、Airbnb.org難民基金(Airbnb.org Refugee Fund)への寄付でまかなうほか、ホストによる支援も募る。

ブライアン・チェスキー最高経営責任者(CEO)は「ポーランドやドイツ、ハンガリー、ルーマニアといった近隣諸国のホストに対してとくに協力を求める」とツイートした(*2)。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が収集した最新の政府データによると、ウクライナから周辺国へ逃れた人の数は3月1日までに60万人を超えたという(*3)。

21年9月にはアフガニスタン難民向けに4万人分の短期住居を提供する計画を発表した(*4)。この数値は同年8月に設定した当初目標の2倍であり、これまでに2万1,300人に住居を提供したとのことだ。また、同社とAirbnb.orgは直近の5年間で、シリアやベネズエラ、アフガニスタンなどからの5万4,000人にのぼる難民と亡命者に仮設住居を提供してきた実績がある。

エアビーはウクライナ難民向けの住居提供に関し、投じる資金の額や滞在できる期間、ホストサービスの提供方法の詳細を近日中に明らかにする予定だ。

【参照記事】*1 エアビーアンドビー「Support for refugees fleeing Ukraine
【参照記事】*2 ツイッター(チェスキーCEO)「「1. Airbnb and https://t.co/enqjlQB0rH are working with our Hosts to house up to 100,000 refugees fleeing from Ukraine, for free」
【参照記事】*3 国連難民高等弁務官事務所「UNHCR mobilizing to aid forcibly displaced in Ukraine and neighbouring countries
【参照記事】*4 エアビーアンドビー「An update on Airbnb.org’s work to support Afghan refugees

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 寄付チーム

HEDGE GUIDE 編集部 寄付チーム

HEDGE GUIDEでは、寄付・寄贈に関する最新ニュース、寄付先の選び方、寄付にあたって知っておきたい制度や税金の知識などをわかりやすく解説しています。