SPGアメックスカードの特典は?他社カードとの特典の比較も

SPGアメックスカードは、アメックスカードの中でも、ホテル予約サービスMarriott Bonvoyと連携したステータスカードです。特にMarriott Bonvoyで活用できるポイント特典が特徴的で、カード会員限定の特典も複数用意しています。

高級ホテルへの宿泊に関心がある方や普段から宿泊している方、そしてMarriott Bonvoy会員の方には、特に魅力の多いカードといえるでしょう。そこで今回は、SPGアメックスカードの主な特典について分かりやすく解説します。

目次

  1. Marriott Bonvoyポイントが貯まる特典を用意
    1-1.入会特典として最大30,000ポイントを付与
    1-2.買い物でもポイントを貯められる
    1-3.Marriott Bonvoyポイントの活用方法
  2. SPGアメックスカードオリジナル特典にも注目
  3. 旅行前後に関するサポート特典も利用可能
    3-1.他カードと同様に旅行前のサポートサービスも充実
    3-2.旅行先のトラブルもサポート
  4. ショッピング&エンターテイメントに関する特典
  5. 他社カードと主な特典を比較
  6. まとめ

1.Marriott Bonvoyポイントが貯まる特典を用意

SPGアメックスカードは、Marriott Bonvoyで活用できるポイントを軸にポイント特典を用意しています。他のアメックスカードとの共通項目は、入会特典の有無やマイルへの移行サービスなどといった点です。

それではSPGアメックスカードのポイント特典や入会特典を確認していきましょう。

1-1.入会特典として最大30,000ポイントを付与

SPGアメックスカードの発行および会員登録後、3ヶ月以内に10万円以上のカード利用を行った場合は、30,000Marriott Bonvoyポイントをもらえます。さらに入会後も継続的にカード決済を行うと、無料宿泊特典も追加されます。

他にもポイント特典ではないものの、Marriott Bonvoyゴールドエリートの資格も付与されます。通常、Marriott Bonvoyゴールドエリートは、Marriott Bonvoyを経由して対象ホテルの予約を行い、年間25泊しなければ会員資格を得られません。

しかし、SPGアメックスカードでは、会員特典として無条件にMarriott Bonvoyゴールドエリートの資格を得られます(カード会員期間のみ)。

会員資格を得られると、Marriott Bonvoy系列ホテルの利用時にボーナスポイントプレゼントや予約保証、モバイルチェックイン、状況に応じて客室のアップグレードなど、多彩なサービスを受けられるのが魅力です。

1-2.買い物でもポイントを貯められる

SPGアメックスカードで取り扱っているMarriott Bonvoyポイントは、Marriott Bonvoyロイヤルティプログラム参加ホテルへの宿泊に加えて、買い物でカードを利用しても貯められます。そのため、Marriott Bonvoyの利用頻度が低い方でもポイントを稼ぐことができます。

具体的には、ガソリンスタンドやスーパーマーケット、コンビニでの決済や、電気代やガス代といった公共料金、通信料金やネットショップなどでの決済時にカードを利用すると、決済金額に応じてポイントを加算してもらえます。

レートは通常100円につき3ポイントですが、提携企業によって200円につき1ポイントのケースもあります。詳細なレートが気になる方は、アメックスカードのサイトから確認できます。

Marriott Bonvoyロイヤルティプログラム参加ホテルで宿泊する際は、3段階でポイントが貯まります。1つはカード利用時のポイントで、もう1つはMarriott Bonvoyロイヤルティプログラム参加ホテル利用時に加算されるポイントです。そして、Marriott Bonvoyゴールドエリートの特典によってさらにポイントが加算されます。

1回のサービス利用でポイントを貯めたいと考えている方は、ホテル宿泊時にSPGアメックスカードを利用してみてはいかがでしょうか。

1-3.Marriott Bonvoyポイントの活用方法

SPGアメックスカードで貯めたMarriott Bonvoyポイントは、Marriott Bonvoyロイヤルティプログラム参加ホテルで利用できる無料宿泊券に交換したり、マイルに移行したりできます。

さらに無料宿泊券との交換は、現金とポイントを合わせることもでき、ポイント残高を調整しながら活用できます。たとえば1,000ポイントで1枚の無料宿泊券と交換できる場合、500ポイント分を現金で支払い、500ポイントを手元に残す方法も選択できます。

もう1つの特典は、「Marriott Bonvoy Moments」です。Marriott Bonvoyが提供しているサービスで、Marriott Bonvoyポイントを有名アーティストとの交流イベントをはじめとしたVIPイベントへの参加費用に活用できるのが大きな魅力です。

どれも華やかな内容で、ワンランク上の特典を求めている方に適しています。

2.SPGアメックスカードオリジナル特典にも注目

SPGアメックスカードの会員限定特典は、グリーンカードやゴールカードなどには追加されていません。その限定特典とは、Marriott Bonvoyゴールドエリートの会員資格を自動付帯してくれるサービスのことです。

Marriott Bonvoyゴールドエリートは、一定の宿泊回数を記録しなければ会員資格を得られないハードルの高いサービスです。一方、SPGアメックスカードでは条件なしのため、簡単に会員資格を得られます。

さらにSPGアメックスカードを継続利用した場合は、Marriott Bonvoyでの宿泊実績5回分を付与してもらえます。5回分の追加は、Marriott Bonvoyゴールドエリートの1つ上、「Marriott Bonvoyプラチナエリート」の会員資格をスピーディに得るために役立つサービスとなります。

ちなみにMarriott Bonvoyプラチナエリートは、ホテルのラウンジや朝食の無料サービス、無料の高速インターネットやウェルカムギフト、客室のアップグレード(状況に応じて利用可否が決まる)など、ゴールエリートを超える上質の特典を用意しています。

Marriott Bonvoyの会員をアップグレードしたいと考えている方は、SPGアメックスカードも活用しながら宿泊実績を積み上げてみるのもいいでしょう。

3.旅行前後に関するサポート特典も利用可能

SPGアメックスカードは、グリーンカードANAアメックスカード等と同様に、旅行前後でのサポートサービスも展開しています。内容も他のアメックスカードと共通している項目が多く、旅行傷害保険の自動付帯や空港ラウンジの無料利用、手荷物の配送など充実しています。

3-1.旅行前のサポートサービスも充実

Marriott BonvoyおよびSPGアメックスカードの会員であれば、Marriott Bonvoy ロイヤルティプログラム参加ホテルへの予約時にポイント特典を含むサービスを受けることができます。

他にも電話で国内外の旅行予約を代行可能な、「HIS アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」が利用できるのもメリットの1つです。

SPGアメックスカードでは、旅行予約サービスに加えて以下のような特典も利用できる点に注目です。

空港ラウンジ 空港利用当日に搭乗券とカードを呈示すると、カード会員と同伴者1名まで空港ラウンジのサービスを一部無料で利用可能
手荷物無料宅配サービス 空港から自宅まで手荷物を1個無料で宅配
手荷物:縦・横・高さの合計160cm以内、重量が30㎏
対象の空港:成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港
大型手荷物宅配優待特典 大型の荷物を自宅から空港まで配送してくれるサービスをJALエービーシーの公示価格から1,000円割引
主な条件:海外旅行のみ
対象の空港:成田国際空港、中部国際空港、(羽田空港国際線第3ターミナル)
エアポート送迎サービス 指定の場所から空港まで送迎してもらえるMKタクシーの利用料金を通常よりも安い価格で利用できる
条件:海外旅行のみ
対象の空港:成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港
空港パーキング 旅行中、空港周辺の駐車場へ車を長期間預けられるだけでなく、割引や優待特典も利用可能
対象の空港:成田国際空港、羽田空港、関西国際空港、福岡空港
無料ポーターサービス 空港ロビーから指定の場所もしくは指定の場所からチェックインカウンターまでスタッフが荷物を運搬してくれる
対象の空港:成田国際空港、関西国際空港
空港クロークサービス 乗継便での待ち時間など、空港内で一定時間待機する場合は空港内手荷物預かり所で手荷物を無料で預けられる
対象の空港:中部国際空港

各種特典は、主に成田国際空港や関西国際空港などといった利用者数の多い空港でのみ対応しています。そのため特典を活用する際は、特典の対象となる空港がどこか確認しておくのも大切です。

また空港ラウンジの無料サービスや利用可能時間は各空港で異なったり、エアポート送迎サービスは地域ごとに料金も変わったりするため、確実に特典を利用するにはしっかりと詳細や適用条件も確認しておくと良いでしょう。

3-2.旅行先のトラブルもサポート

SPGアメックスカードは、旅行先でのトラブルや移動手段に対するサポート、京都観光ラウンジと呼ばれる特典も付加されています。ANAアメックス・ゴールドカードなどと同等のサービス内容です。それでは、各特典を確認していきましょう。

海外旅行先での日本語サポート、紹介 海外旅行先でのレストランや宿泊施設、医療機関の紹介や予約など、専任スタッフが24時間日本語で電話対応
海外用携帯電話のレンタル料金10%割引 海外用携帯電話のレンタル料金を255円/日から127円/日へ割引、通話料10%割引サポートも付帯
対象の空港:対象空港:成田国際空港、関西国際空港、羽田空港(第3ターミナル)
国内限定、レンタカーの5%割引 アメックスカード指定のレンタカー会社を利用した場合、基本料金5%割引
対象のレンタカー会社:オリックスレンタカー、トヨタレンタカー、日産レンタカー、日本レンタカー、タイムズカーレンタル
京都観光ラウンジ 京都府の高台寺塔頭 圓徳院にて、下記サービスを受けることができる、同伴者3名まで対象
・知客寮ではお茶の接待を受けられる
・夏は麦茶や冷やし飴などをいただける
・拝観料無料
・圓徳院の駐車場利用料1時間無料
旅行傷害保険 国内外の旅行に対して、補償を受けられる
対象:カード会員、カード会員の家族、家族カード会員、家族カード会員の家族
タイムズカーシェアのカード発行手数料無料 タイムズカーシェアの会員発行手数料が無料

旅行傷害保険は、国内外いずれの旅行にも対応しています。国内旅行では旅行代金をSPGアメックスカードで決済することが補償を受ける条件となっています。一方、海外旅行先での事故や損害賠償などで適用される補償は自動付帯ですが、旅行代金をSPGアメックスカードで決済すると範囲が広がるほか、補償額も増額してくれるのが大きな特徴です。

カードの利用と補償の発生条件については、事前に契約書などで確認しておきましょう。

今回は、SPGアメックスカードで決済した場合の補償額と主な条件を紹介します。

国内旅行の補償

傷害死亡保険金 偶発的な事故が原因で、事故日から180日以内に死亡した場合の補償
基本カード会員:最高5,000万円
カード会員の家族:最高1,000万円
家族カード会員:最高5,000万円
家族カードの家族:最高1,000万円
傷害後遺障害保険金 偶発的な事故が原因で、事故日から180日以内に身体の欠損もしくは重大な障害が残った場合の補償
基本カード会員:最高5,000万円
カード会員の家族:最高1,000万円
家族カード会員:最高5,000万円
家族カード会員の家族:最高1,000万円

(2020年11月26日時点の調査)

海外旅行の補償

傷害死亡保険金 偶発的な事故が原因で、事故日から180日以内に死亡した場合の補償
基本カード会員:最高1億円
カード会員の家族:最高1,000万円
家族カード会員:最高5,000万円
家族カード会員の家族:最高1,000万円
傷害後遺障害保険金 偶発的な事故が原因で、事故日から180日以内に身体の欠損もしくは重大な障害が残った場合の補償
基本カード会員:最高1億円
カード会員の家族:最高1,000万円
家族カード会員:最高5,000万円
家族カード会員の家族:最高1,000万円
傷害治療費用保険金 海外旅行中の事故によってケガを負い、医師に診てもらった場合の補償
基本カード会員:最高300万円
カード会員の家族:最高200万円
家族カード会員:最高300万円
家族カード会員の家族:最高200万円
疾病治療費用保険金 海外旅行中もしくは旅行終了後72時間以内に発病し、医師による治療を開始した場合の補償(旅行終了後の場合は特定の伝染病に限られる)
基本カード会員:最高300万円
カード会員の家族:最高200万円
家族カード会員:最高300万円
家族カード会員の家族:最高200万円
賠償責任保険金 海外旅行中、他社を死傷、財産の損失、物品の破損などをしてしまい損賠賠償請求を受けた際の補償
基本カード会員:最高4,000万円
カード会員の家族:最高4,000万円
家族カード会員:最高4,000万円
家族カード会員の家族:最高4,000万円
携行品損害保険金 海外旅行中、被保険者の貴重品などが盗難されたり破壊されたりした場合の補償
基本カード会員:1旅行最高50万円
カード会員の家族:1旅行最高50万円
家族カード会員:1旅行最高50万円
家族カード会員の家族:1旅行最高50万円
救援者費用保険金 海外旅行中、遭難や行方不明、事故によりケガを負い180日以内に死亡もしくは7日以上入院、病気(旅行中に治療開始していた場合)による死亡、病気を発症し7日以上入院した場合の補償
基本カード会員:保険期間中最高400万円
カード会員の家族:保険期間中最高300万円
家族カード会員:保険期間中最高400万円
家族カード会員の家族:保険期間中最高300万円

(2020年11月26日時点の調査)

海外旅行の補償範囲が広いのは嬉しいポイントです。なお、旅行代金やツアー代金、買い物での決済にSPGアメックスカードを利用しない場合は、国内旅行の補償は受けられません。また、海外旅行での補償対象者は、カード会員とカード会員の家族のみに制限されています。

十分な補償を受けるためには、旅行代金やツアー代金などをSPGアメックスカードで決済するのも重要なポイントです。

4.ショッピング&エンターテイメントに関する特典

SPGアメックスカードでは、ANAアメックス・ゴールドカードなどに似たショッピング&エンターテイメント特典を用意しています。

ゴールド・ワインクラブ エノテカ・オンラインのソムリエやバイヤーが、希少性の高いワインや旬なワインを、会員専用の電話窓口で紹介してくれる。ワイン購入時は紙袋をプレゼント。11,800円以上のワイン購入時は送料無料
新国立劇場 新国立劇場で利用できる無料ドリンク券のプレゼント、チケット先行購入特典やオペラトーク無料参加、チケット郵送料無料といった特典あり
チケットアクセス e+にてアーティストのライブチケットなどを先行購入、良い席を用意してもらえる

前半で紹介してきた特典に加え、イベントやライブ、ステージ関係の特典やサービスも用意しているのが特徴的です。また、ワイン好きの方に嬉しいサービスもあります。

5.他社カードと主な特典を比較

最後にSPGアメックスカードを、国際ブランドのVISA、JCB、Mastercardのプラチナカードと、主な特典から比較していきます。それぞれの特徴や傾向などを確認した上で、どのカードを発行するか検討してみてください。

項目 SPGアメックスカード VISAプラチナカード JCBプラチナカード プラチナMastercardカード
ポイント特典 買い物や指定サービス利用の際にMarriott Bonvoyポイントを貯められる
・100円で3 Marriott Bonvoyポイント程度付与
・決済時は1ポイント0.4円~1.5円(サービスによって大きく異なる)
発行会社のポイント特典あり(三井住友VISAカードなど) 買い物などの際にOkiDokiポイントを貯められる
・1,000で1ポイント付与
・海外での利用時にはポイント2倍
・決済時は1ポイント3円程度(商品券や利用先によって異なる)
発行会社のポイント特典あり(Amazon MasterCardなど)
ポイントの活用先 Marriott Bonvoyポイントはマイル移行可能
Marriott Bonvoy ロイヤルティプログラム参加ホテルへ利用可能
発行会社のポイント特典あり(三井住友VISAカードなど) OkiDokiポイントを他社ポイントサービスやマイル、提携ホテルへ利用および移行可能 発行会社のポイント特典あり(Amazon MasterCardなど)
旅行関係の特典 ・旅行予約及び手配サービス
・空港ラウンジなどの無料サービスなど
・手荷物の宅配サービスや送迎サービスなど
・旅行傷害保険の自動付帯
・国内外の宿泊料金5%~10%割引
・国内旅行を対象としたカーレンタルなど
・JAL ABC空港宅配サービス20%割引
・ハワイホテル、コンドミニアム優待
・旅行傷害保険の自動付帯
・京都駅ビル内のJCB Lounge 京都を利用可能
・世界の空港ラウンジを無料で利用可能
・世界の上質なホテルへ割引や優待特典を活用しながら滞在できる
・旅行傷害保険の自動付帯
海外旅行時にホテルの客室アップグレード、朝食無料、食事1名分無料サービス
その他 ・ライブ・イベントなどでのチケット先行購入やその他優待特典あり
・Marriott Bonvoyのゴールドコース会員資格を得られる
・海外Wi-Fiレンタルの割引や手数料無料
・ビジネスウェアサービスの無料・割引サービス
・コンシェルジュサービス
・会員向けに希少なワインを紹介
・メンバーシップサービスJCBSTAR MEMBERSの対象
・24時間365日施設案内など各種サポートサービスの「プラチナ・コンシェルジュデスク」
・Qoo10で合計10万円以上のカード決済を行うと抽選でギフトカードプレゼント
・TPC施設にて無料のゴルフプレー
・Uberのタクシーまたはハイヤー乗車時に、Mastercardで支払うと1,500円オフ(期間限定)
カード決済5,000円以上、リーグオブレジェンドの限定商品を抽選でプレゼント・高級レストランの優待特典など(Taste of Premium)

(2020年11月26日時点の調査:一部休止の特典は除く、感染症拡大防止策の一環として各特典の利用条件や内容などが変更になる可能性あり)

SPGアメックスカードは主にMarriott Bonvoy関連のサービスが充実しており、他社カードにはない特徴があります。

プラチナMastercardは、海外旅行者に適した特典や旅行以外のサービスが豊富な傾向です。ポイント特典などは各発行会社でそれぞれ異なります。

JCBプラチナカードは、プラチナ会員限定のメンバーシップサービスやコンシェルジュサービスなど、ゴールドカードなどでは体験できない特別な優待特典も追加されています。SPGアメックスカードと似た傾向の特典だと言えます。

VISAプラチナカードは、旅行関係の割引特典やサポートサービスに関して充実しています。割引サービスを重視しているかどうかで、SPGアメックスカードとの判断が分かれる可能性もあるでしょう。

Marriott Bonvoyから旅行予約を行っている方、リッツ・カールトンやマリオットホテルなどマリオット系列のホテルをよく利用する方、ワンランク上の旅行を楽しみたい方はSPGアメックスカードの特典を享受しやすいと言えます。

まとめ

SPGアメックスカードは、上質な旅と食をサポートしているMarriott Bonvoyと連携したカードで、特典もMarriott Bonvoyを軸としているのが大きな特徴です。

たとえばポイント特典の場合、Marriott Bonvoyポイントをベースにしており、マイルに関してはマイル移行サービス以外の目立った特典はありません。代わりに、Marriott Bonvoy ロイヤルティプログラム参加ホテルで活用可能の無料宿泊特典や、世界のアーティストやスポーツ選手との交流イベント「Marriott Bonvoy Moments」と呼ばれるVIPサービスに参加できるなどの特典があります。

ステータスカードを所有してみたい方や、優待特典を活用しながら上質な旅行を味わいたい方は、SPGアメックスカードも含め、複数のクレジットカードを比較検討してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
菊地 祥

菊地 祥

FP3級技能士、投資信託4年目、株式投資8年目。2018年からフリーランスとしてwebライティングやメディア運営を行っています。また、webライターとしては株式投資や投資信託などをやさしく解説。