楽天証券の投資信託、買付額上位は?特徴の比較も【2020年8月】

楽天証券は、少額投資とサービスの使いやすさで幅広い層に人気のある証券会社です。特に投資信託の取扱本数は2,600本以上とネット証券の中ではトップクラスの豊富さなので、各投資家のニーズに合う商品を探し出せるのが大きな特徴です。

そこでこの記事では、楽天証券で買付金額が多い投資信託TOP10をご紹介します。商品の特徴や手数料、リスク等について詳しく解説するので、「どれを選べばよいか迷ってしまう」「何を基準に選べばいいのかわからない」という方は、参考にしてみてください。

目次

  1. 楽天証券とは
  2. 楽天証券で買付金額上位の投資信託は?
    2-1.eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
    2-2.楽天・全米株式インデックス・ファンド
    2-3.楽天日本株4.3倍ブル
    2-4.楽天日本株3.8倍ベア
    2-5.eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
    2-6.eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
    2-7.楽天・全世界株式インデックス・ファンド
    2-8.ニッセイ外国株式インデックスファンド
    2-9.ニッセイ日経225インデックスファンド
    2-10.たわらノーロード 先進国株式
  3. まとめ

1 楽天証券とは

楽天証券は、楽天グループに所属するネット証券会社です。2020年8月時点における投資信託の取扱本数は2,600本以上と豊富で、投資信託の最低買付単位は100円からと少額投資をしやすいのが特徴です。

毎月決まった日に一定の金額で自動的に投資信託を買い付けてくれるサービスもあるなど手間がかからず、さらに投資信託の購入費用の一部または全てに楽天ポイント、楽天証券ポイントを充てることができます。また、買付手数料は全ての投資信託で無料となっています。

企業名 楽天証券株式会社
所在地 東京都港区南青山2-6-21
設立 1999年3月24日
資本金 74億9,500万円
従業員数 480名
株主 楽天カード株式会社(100%)
加入取引所 東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所

2 楽天証券で買付金額上位の投資信託は?

楽天証券で買付金額上位10個の投資信託(2020年7月1~7月31日)をご紹介していきます(なお、本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します)。

2-1 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

1位は「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」で、ニューヨーク証券取引所に上場している500銘柄で構成された株価指数に連動する投資効果を目指します。S&P500インデックスマザーファンドへの投資を通じて、米国株式に投資するファミリーファンド方式で運用が行われるのが特徴です。

このファンドは、100円以上1円単位で買付ができる「100円投資サービス」の対象となっているため、少額投資も可能です。毎月決まった日に一定の金額で自動的に買付を行う「投資信託積立サービス」の対象でもあります。

なお、為替ヘッジを行わないため為替相場の変動による影響を受ける点に注意が必要です。

投資対象 米国株式
委託会社 三菱UFJ国際投信株式会社
購入時手数料(税込) なし
信託報酬(税込) 純資産総額に対し年0.0968%以内
信託財産留保額(税込) なし
100円投資サービス 対象
投資信託積立サービス 対象
純資産総額 1,368.84億円
年間収益率 2019年:30.5%
分配方針 年1回の決算時に分配金額を決定

2-2 楽天・全米株式インデックス・ファンド

2位は「楽天・全米株式インデックス・ファンド」で、CRSP USトータル・マーケット・インデックス(米国株式の投資可能銘柄のほぼ100%をカバーした株価指数・円換算ベース)に連動する投資効果を目指します。

マザーファンド受益証券を通じて、「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(上場投資信託証券)」を投資対象とするファミリーファンド方式で運用するのが特徴です(なお、為替ヘッジは行われません)。

このファンドは、「100円投資サービス」「投資信託積立サービス」の対象となっているため、少額投資による長期的な資産形成を行うこともできます。

投資対象 米国株式
委託会社 楽天投信投資顧問株式会社
購入時手数料(税込) なし
信託報酬(税込) 純資産総額に対し年0.132%
信託財産留保額(税込) なし
100円投資サービス 対象
投資信託積立サービス 対象
純資産総額 1,257.49億円
年間収益率 2019年:29.8%
分配方針 年1回の決算時に収益分配方針に基づき分配を行う

2-3 楽天日本株4.3倍ブル

3位は、毎日の基準価額の値動きが国内株式市場の値動きに対して4.3倍程度になることを目指して運用される「楽天日本株4.3倍ブル」で、国内の株価指数先物取引や短期公社債を主要な投資対象とします。

このファンドは国内株式市場の上昇(もしくは下落)により、基準価額が大きく上昇(もしくは下落)する可能性があります。実際、2018年の収益率はマイナス53.8%、2019年がプラス29.8%と大きく変動しています。

ハイリスク・ハイリターンな投資信託ですが、「100円投資サービス」の対象となっているため少額で投資を行うことも可能です。

投資対象 国内株式
委託会社 楽天投信投資顧問株式会社
購入時手数料(税込) なし
信託報酬(税込) 純資産総額に対し年1.243%
信託財産留保額(税込) なし
100円投資サービス 対象
投資信託積立サービス 対象外
純資産総額 347.23億円
年間収益率 2018年:-53.8%、2019年:94.4%
分配方針 年1回の決算時に収益分配方針に基づき分配を行う

2-4 楽天日本株3.8倍ベア

4位は、日々の基準価額の値動きが国内株式市場の値動きに対して3.8倍程度反対になることを目指して運用される投資信託で、国内の株価指数先物取引や短期公社債を主要な投資対象とします。

3位のファンドと同様に、国内株式市場の上昇(もしくは下落)により、基準価額が大きく下落(もしくは上昇)する可能性があります。「100円投資サービス」の対象となっているため、少額投資が可能です。

投資対象 国内株式
委託会社 楽天投信投資顧問株式会社
購入時手数料(税込) なし
信託報酬(税込) 純資産総額に対し年1.243%
信託財産留保額(税込) なし
100円投資サービス 対象
投資信託積立サービス 対象外
純資産総額 63.04億円
年間収益率 運用実績なし
分配方針 年1回の決算時に収益分配方針に基づき分配を行う

2-5 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

5位は「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」で、日本を含む世界の先進国・新興国の株式で構成された株価指数「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」に連動する投資効果を目指します(※為替ヘッジなし)。

このファンドは、「100円投資サービス」「投資信託積立サービス」の対象なので、少額投資や積立投資が可能です。購入時手数料や信託財産留保額がなく、2019年の収益率は26.8%となっています。

投資対象 国内・海外株式
委託会社 三菱UFJ国際投信株式会社
購入時手数料(税込) なし
信託報酬(税込) 純資産総額に対し年0.1144%以内
信託財産留保額(税込) なし
100円投資サービス 対象
投資信託積立サービス 対象
純資産総額 407.71億円
年間収益率 2019年:26.8%
分配方針 年1回の決算時に分配金額を決定

2-6 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

6位の「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」は、日本を除く世界の先進国の株式で構成された株価指数に連動する投資効果を目指します(なお、為替ヘッジは行われません)。

このファンドも、「100円投資サービス」「投資信託積立サービス」の対象となっています。購入時手数料や信託財産留保額もなく、2019年の収益率は28.9%となっています。

投資対象 先進国株式
委託会社 三菱UFJ国際投信株式会社
購入時手数料(税込) なし
信託報酬(税込) 純資産総額に対し年0.1023%以内
信託財産留保額(税込) なし
100円投資サービス 対象
投資信託積立サービス 対象
純資産総額 1,188.89億円
年間収益率 2019年:28.9%
分配方針 年1回の決算時に分配金額を決定

2-7 楽天・全世界株式インデックス・ファンド

7位の「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」は、「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス(大型株、中型株、小型株まで網羅する全世界の株式市場の動向を表す株価指数、円換算ベース)」に連動する投資効果を目指し、マザーファンド受益証券を通じて「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」に投資を行います(※為替ヘッジなし)。

このファンドも「100円投資サービス」「投資信託積立サービス」の対象です。購入時手数料や信託財産留保額がなく、2019年の収益率は25.8%となります。

投資対象 国内・海外株式
委託会社 楽天投信投資顧問株式会社
購入時手数料(税込) なし
信託報酬(税込) 純資産総額に対し年0.132%
信託財産留保額(税込) なし
100円投資サービス 対象
投資信託積立サービス 対象
純資産総額 473.78億円
年間収益率 2019年:25.8%
分配方針 年1回の決算時に収益分配方針に基づき分配を行う

2-8 ニッセイ外国株式インデックスファンド

8位は、日本を除く主要先進国の株式市場の値動きに連動する投資効果を目指す「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」です。マザーファンドを通じて日本を除く主要先進国の株式に投資を行います。なお、為替ヘッジは行われません。

「100円投資サービス」投資信託積立サービス」の対象となっており、購入時・換金時の手数料や信託財産留保額もありません。2019年の収益率は25.1%となっています。

投資対象 先進国株式
委託会社 ニッセイアセットマネジメント株式会社
購入時手数料(税込) なし
信託報酬(税込) 純資産総額に対し年0.1023%
信託財産留保額(税込) なし
100円投資サービス 対象
投資信託積立サービス 対象
純資産総額 1,903.82億円
年間収益率 2019年:25.1%
分配方針 委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して決定

2-9 9位 ニッセイ日経225インデックスファンド

9位は、日経平均株価の値動きに連動する投資効果を目指す「ニッセイ日経225インデックスファンド」です。「ニッセイ日経225インデックスマザーファンド」を通じて、国内の証券取引所上場株式に投資を行います。

「100円投資サービス」「投資信託積立サービス」の対象となっており、購入時・換金時の手数料や信託財産留保額なども無料です。2019年の収益率は20.4%となっています。

投資対象 国内株式
委託会社 ニッセイアセットマネジメント株式会社
購入時手数料(税込) なし
信託報酬(税込) 純資産総額に対し年0.3025%
信託財産留保額(税込) なし
100円投資サービス 対象
投資信託積立サービス 対象
純資産総額 1,505.30億円
年間収益率 2019年:20.4%
分配方針 委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して決定

2-10 たわらノーロード 先進国株式

10位の「たわらノーロード 先進国株式」は、「MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)」に連動する投資効果を目指し、「外国株式パッシブ・ファンド・マザーファンド」を通じて海外株式に投資を行います(※為替ヘッジなし)。

「100円投資サービス」「投資信託積立サービス」の対象で、購入時・換金時手数料や信託財産留保額もありません。2019年の収益率は28.8%となっています。

投資対象 先進国株式
委託会社 アセットマネジメントOne株式会社
購入時手数料(税込) なし
信託報酬(税込) 純資産総額に対し年0.10989%
信託財産留保額(税込) なし
100円投資サービス 対象
投資信託積立サービス 対象
純資産総額 627.41億円
年間収益率 2019年:28.8%
分配方針 委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して決定

まとめ

楽天証券が取り扱う投資信託は2,600銘柄以上と豊富で、さらに購入時手数料は全て無料です。多くの商品が「100円投資サービス」「投資信託積立サービス」の対象となっているので、将来の住宅購入資金や子どもの教育資金などのまとまったお金を少額から作っていくことができます。

ただし、投資信託を選ぶ際は人気が高い商品だけでなく、目論見書などで過去の運用実績や純資産総額、手数料などもしっかりと確認することが大切です。その中でご自身の投資方針や資産状況に合った商品を探し出すようにしましょう。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」