楽天ゴールドカードの評判は?メリット・デメリットやポイント還元率、手続きの流れも

楽天市場で買い物したり楽天トラベルで旅行したりしている場合は、楽天カードの優待特典やポイントを活用できます。中でも楽天ゴールドカードは、海外旅行特典や空港ラウンジ特典を追加しているためメリットが大きくなります。

そこでこの記事では、楽天ゴールドカードの評判やメリット、デメリット、特徴や特典について詳しくご紹介します。楽天トラベルや楽天市場をよく利用している方は、参考にしてみてください。

目次

  1. 楽天ゴールドカードの基本サービスや特徴
    1-1.楽天ゴールドカードの基本情報
    1-2.ポイント還元率を上げることができる
    1-3.貯まった楽天ポイントの活用方法
  2. 楽天ゴールドカードの特典
    2-1.空港ラウンジを年間2回まで無料で利用可能
    2-2.海外旅行傷害保険を付帯
    2-3.トラベルデスクや旅行優待特典を利用できる
  3. 楽天ゴールドカードのメリット
    3-1.1年間に1~2回程度旅行へ行く方に丁度いい特典内容
    3-2.車での旅行や外出をよく行う方にもコスト面で嬉しいサービス
    3-3.楽天カード(普通カード)より利用可能枠が多く普段使いにも役立つ
  4. 楽天ゴールドカードのデメリット
    4-1.ポイント還元率に関して楽天カード(普通カード)との差はない
    4-2.1年間に何度も旅行へ行く方には物足りない旅行特典
    4-3.楽天ゴールドカードならではの特徴が少ない
  5. 楽天ゴールドカードの評判
  6. 楽天ゴールドカードの申込方法
  7. まとめ

1.楽天ゴールドカードの基本サービスや特徴

楽天ゴールドカードは、楽天カード株式会社が発行しているクレジットカードです。デザインは一般的なゴールドカードと同じくゴールドをベースにしていて、表面にRakutenのロゴマークやクレジット番号、国際ブランドなどを表記しています。

まずは、概要や主な特徴を確認していきましょう。

1-1.楽天ゴールドカードの基本情報

楽天ゴールドカードの年会費は、本会員2,200円(税込)と他社のゴールドカードと比較して安く設定されています。家族カードの発行も可能で、家族会員1人につき550円(税込)の年会費がかかります。20歳以上であれば、本会員の申し込み手続きを進めることができます。

各費用やサービスは、以下に紹介します。

概要 内容
楽天ゴールドカードの年会費 本会員:2,200円(税込)
家族会員:550円(税込)
ETCカード 年会費無料
国際ブランド ・MasterCard
・VISA
・JCB
ポイント 楽天ポイント
ポイント還元率 通常1%
・還元率アップ可能
特典 ・旅行特典
・海外旅行傷害保険
・空港ラウンジ
・トラベルデスク
・海外旅行優待特典

ETCカードの年会費は無料なので、高速道路をよく利用するユーザーにも利用しやすいカードといえます。

ポイントサービスに関しては、楽天ポイントを貯めたり楽天関連のサービスに活用したりできるのが特徴です。ポイント還元率は通常1%で、カード利用100円につき1ポイント貯まります。

楽天ゴールドカードの利用可能額は最高200万円で、楽天カード(普通カード)の利用可能額と比較して2倍の設定となっています。ただし、審査状況によっては、200万円より低い金額で設定される場合もあるので注意が必要です。

1-2.ポイント還元率を上げることができる

楽天ポイントの還元率は、通常1%ですが楽天トラベルの利用などで還元率2%などに上げることもできます。

楽天トラベルを楽天ゴールドカードで利用した場合は、通常の楽天ポイントに加えて楽天トラベル利用によるポイント特典によって、100円につき2ポイント貯めることが可能です。

他には、楽天ペイアプリをスマホにインストールし、楽天ポイントカード加盟店で楽天ゴールドカードを利用すると、通常の楽天ポイントに加えて楽天ペイアプリと加盟店のポイント特典で、ポイント還元率最大2.5%になります。

その他には、以下のようなポイント還元率アップキャンペーンがあります。

キャンペーン 内容
春得大抽選会
2021年4月30日まで
(1)抽選で1名に10万ポイントプレゼント
(2)楽天ポイントカードでのお買い物で抽選100名にポイントプレゼント
条件
(1)春得抽選会にエントリー、当選結果を待つ
(2)キャンペーンに参加し、楽天ポイントカードもしくは楽天ポイントカード付きクレジットカードで買い物、ポイント10倍もしくは100倍
※楽天ポイントカードアプリ提示でポイント100倍
串家物語×楽天ポイント
2021年5月31日まで
キャンペーン期間中に串家物語を利用時、楽天ポイントカード(楽天ゴールドカード)もしくは楽天ポイントカードアプリ提示でポイント還元率最大5倍

・キャンペーン期間中に串家物語を利用:ポイント2倍
・串家物語を2回以上利用:ポイント5倍

※2021年3月23日時点の情報
※ポイントの倍率、100円につき1ポイントを基準

上記以外にも不定期でキャンペーンを実施しているので、楽天ポイントを効率的に貯めたい方は楽天カードサイトで確認してみてはいかがでしょうか。

なお、ポイント還元率アップキャンペーンの多くは期間限定なので、キャンペーン参加前に実施期間や達成条件などもよく確認しておくのが大切です。

1-3.貯まった楽天ポイントの活用方法

楽天ゴールドカードで貯めた楽天ポイントは、ショッピングに利用したり独自特典に交換したりできます。

詳しくは以下に各交換先について紹介します。

交換先 内容
ショッピングでの利用 楽天ポイントカード加盟店での商品購入やサービス利用時の代金を、楽天ポイントで支払うことができる
・1ポイント1円相当
楽天サービスの利用 楽天市場や楽天トラベルなど、楽天のサービス利用代金に楽天ポイントを利用できる
・1ポイント1円相当
マイルへ交換 楽天ポイントをANAマイルへ交換できる
・50ポイント以上から交換可能
・2ポイント1マイル相当
楽天Edyへ交換 楽天ポイントを電子マネー楽天Edyへ交換できる
・1ポイント1円相当

飲食店や百貨店などでの利用時の他、楽天関連サービス、旅行や普段の買い物でも楽天ポイントを活用できるようになっています。対応範囲の広さと楽天サービスと連携している点が楽天ポイントの特徴でもあります。

2.楽天ゴールドカードの特典

楽天ゴールドカードの特典は、旅行特典を複数用意しています。年に1~2回程度国内や海外旅行へ行く機会のある方には、利用機会があります。

続いては、楽天ゴールドカードの主な特徴を確認していきましょう。

2-1.空港ラウンジを年2回まで無料利用できる

楽天ゴールドカードには、国内や海外の空港ラウンジを1年間に2回まで無料利用できる特典があります。空港ラウンジの受付で、楽天ゴールドカードと当日の搭乗券や半券を提示すると無料利用可能となります。

空港ラウンジ特典における1年間は、毎年9月1日~翌年の8月31日です。たとえば1月1日~8月1日の間に空港ラウンジを3回以上利用した場合は、3回目以降の利用に一般料金がかかります。

楽天ゴールドカードで無料利用可能な空港ラウンジは、羽田空港や成田空港、関西国際空港といった国内の主要空港33ヶ所です。海外の場合は、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港と韓国の仁川空港の空港ラウンジを対象としています。

なお、仁川空港のラウンジに関しては、回数制限がありませんので何度でも無料利用できます。特に韓国旅行が好きな方は楽しめる特典です。

無料サービスの内容は、各空港ラウンジによって異なります。たとえば成田国際空港第1旅客ターミナル「IASS EXECUTIVE LOUNGE 1」は、ソフトドリンク、アルコール類1杯を無料でいただくことができます。また、新聞や雑誌の閲覧やフライト情報の確認なども無料です。

空港ラウンジの無料利用対象者はカード会員のみなので、同伴者は一般料金を支払う必要があります。

各空港ラウンジの営業時間や営業状況などについては、新型コロナウイルスの影響で変更している可能性もあります。旅行前には、各空港の営業状況をWebサイトや電話にて確認しておくのも重要です。

2-2.海外旅行傷害保険を付帯

楽天ゴールドカードでは、海外旅行中のケガや病気などにかかった治療費やその他リスクに対して補償される海外旅行傷害保険を付帯しています。

楽天ゴールドカードの海外旅行傷害保険を利用するには、日本を出国する前に「募集型企画旅行」商品を楽天カードで購入しておく必要があります。募集型企画旅行とは、旅行会社で旅行のスケジュールや目的を定めた、いわゆるツアーのことです。

出国前に旅行代金を支払わなければ補償対象外となるので、決済のタイミングにも注意が必要です。補償期間は、日本を出発して3ヶ月後の午後12時までとなっています。

各補償項目は以下に紹介します。

補償項目  金額、内容
傷害死亡、後遺障害 最高2,000万円
・海外旅行中の事故によるケガが原因で、事故発生日を含めて180日以内に死亡した場合(傷害死亡)

80万円~2,000万円
・海外旅行中の事故によるケガが原因で、事故発生日を含めて180日以内に身体に後遺障害が生じた場合(後遺障害)

傷害治療費用 1回の事故につき200万円を限度額

海外旅行中の事故によるケガに関して、医師の治療を受けられた場合

疾病治療費用 1疾病につき200万円を限度額

特定の感染症に感染し、指定期間内に医師の治療を受けられた場合

賠償責任 1回の事故につき2,000万円を限度額

海外旅行中の偶然な事故で他人にケガをさせる、もしくは他人の所有物を壊したりして損害を与え、法律上の賠償責任を負った場合の損害賠償を補償

携行品損害 同一の旅行期間で20万円を限度額
携行品1個、1組、1対あたり10万円を限度額

海外旅行中に携行品が盗難されたり破損されたりなど、偶然の事故にあって損害を受けた場合の修繕費を補償

救援者費用 会員資格期間中、通算200万円を限度額

旅行期間中にカード会員が指定の状況下で死亡や入院、遭難した場合に、捜索救助費用やその他関連費用を補償

上記の補償内容は、本会員と家族会員どちらも対象としています。

海外旅行中でも、財布やスマホを盗まれたり事故に遭ったりといったリスクはあります。万が一のリスクに備えて、楽天ゴールドカードを含め海外旅行傷害保険も検討してみてはいかがでしょうか。

なお、国内の旅行に対しては補償対象外なので、混同しないよう注意が必要です。

2-3.トラベルデスクや旅行優待特典を利用できる

楽天ゴールドカードは、旅行前や旅行中のちょっとしたトラブルをサポートしてくれるトラベルデスクや旅行を楽しむための優待特典を利用できます。

トラベルデスクは、パスポートなど貴重品の盗難や紛失被害、旅行中の病気やケガの際に各種サポートを行ってくれます。他には、旅行先のレストランを含む飲食店や観光地の案内、各種予約手続きの代行なども対応してくれるのが特徴です。

サポート内容の詳細については、カード発行後に楽天カード会員サービスの「楽天e-NAVI」で確認できます。

旅行中の優待特典については、以下のような内容を盛り込んでいます。

  • 海外レンタカー10%割引
  • モバイルwi-fiを300円/日割引+20%割引
  • 防寒具一時預かりサービス10%割引
  • 手荷物宅配優待最大300円割引
  • 海外での緊急再発行カード無料

海外旅行に関連した優待特典やサポートサービスを用意していて、海外へよく行く方には役立つ内容といえます。

3.楽天ゴールドカードのメリット

ここからは楽天ゴールドカードのメリットを紹介します。

3-1.1年間に1~2回程度旅行へ行く方に丁度いい特典内容

楽天ゴールドカードは、数年に1回旅行へ行く方や1年に1~2回程度行く方にもメリットがあります。空港ラウンジの無料利用特典は、1年間に2回までと定められています。

旅行回数が多い方よりも、少ない方であるほど無料特典を利用しやすいといえます。無料利用の対象ラウンジは主に国内空港ラウンジですが、仁川空港の空港ラウンジのみ回数制限がありません。韓国へ何度も行く方には特に役立つカードといえます。

3-2.車での旅行や外出をよく行う方にもコスト面で嬉しいサービス

楽天ゴールドカードは、楽天ETCカードを年会費無料で利用可能です。通常、楽天ETCカードの年会費は550円(税込)なので、楽天ゴールドカードの発行で費用負担を抑えることができます。

通勤や出張、旅行などで高速道路を利用する方に、メリットがあるサービスです。なお、楽天ETCカードの通行料金でも、楽天ポイントが100円につき1ポイント貯まります。定期的に高速道路を利用している場合は、楽天ゴールドカードも検討してみてはいかがでしょうか。

3-3.楽天カード(普通カード)より利用可能枠が多く普段使いにも役立つ

楽天カード(普通カード)は年会費無料ですが、年間の利用可能額は最高100万円です。対して、楽天ゴールドカードの年間利用可能額は、最高200万円と楽天カード(普通カード)の2倍です。日常の買い物だけでなく、ショッピング、レストランや宿泊などさまざまな場面で活用しやすい利用可能額といえます。

さらに一般的にゴールドカードの年会費は、1万円以上に設定されていることも珍しくありません。対して、楽天ゴールドカードの年会費は2,200円(税込)と比較的安いので、年会費の負担を抑えながら利用可能額を増やしたいと考える方にもメリットがあります。

4.楽天ゴールドカードのデメリット

続いて、楽天ゴールドカードのデメリットを紹介します。

4-1.ポイント還元率に関して楽天カード(普通カード)との差はない

楽天ゴールドカードで楽天市場の商品を購入した場合は、楽天ポイント最大4倍獲得できるシステムでした。しかし、サービス改定の関係から2021年4月1日以降、楽天市場で楽天ゴールドカードを利用した際は、楽天ポイントの獲得倍率は最大2倍へ引き下がります。

そのため、SPUを活用したポイント還元率は、楽天カード(普通カード)と同一の2%となります。楽天市場でよく買い物を行う方には、デメリットといえる内容です。

4-2.1年間に何度も旅行へ行く方には物足りない旅行特典

楽天ゴールドカードの空港ラウンジ特典は、無料利用に回数制限があります。そのため、1年間に何度も空港を利用して旅行に行く方は、特典に物足りなさを感じる可能性があります。

他にも海外旅行に関する優待特典が多いため、国内旅行好きの方にはメリットの少ないカードといえます。

4-3.楽天ゴールドカードならではの特徴が少ない

ポイント還元率、空港ラウンジなど各特典に関して、他の楽天カードと比較すると飛びぬけて優れた点は少ないと考えられます。

たとえば、楽天ゴールドカードのSPUに関しては、ポイント倍率の改定によって楽天カード(普通カード)と同一になります。他にも楽天ゴールドカードの空港ラウンジは、年に2回までしか無料利用できません。なお、楽天プレミアムカードなどは、空港ラウンジを何度も無料利用できます。

ポイントを効率的に貯めたい方、旅行特典の質や量にこだわりを持っている方は、他の楽天カードから比較検討した方がいい場合もあります。

ただし、普段使いとして利用したり数年に1回旅行へ行ったりする場合には、比較的使いやすいカードといえます。

5.楽天ゴールドカードの評判

楽天ゴールドカードは、利用目的や楽天関連サービスの利用状況などによって評価の変わるカードです。評判を参考にする際は、用途や特典の利用状況などから自分にとってメリットのあるカードか判断するのも大切です。

それでは、以下の主な評判や口コミの傾向を整理します。

  • 楽天市場でまとめ買いするのでポイントを貯めやすい
  • 複数の楽天サービスを利用するので毎月ポイントが貯まる
  • 旅行に行く予定はないので特にデメリットは感じない
  • ゴールドカードの中でも年会費が安く空港ラウンジも無料利用できて良い
  • 楽天をあまり使わないのでメリットを感じない
  • 旅行関連特典は少ない

※上記は個人の感想をまとめたものです。ご自身でもお調べの上、利用に関して検討・判断ください。

楽天市場で買い物を行う方や楽天モバイルなど楽天サービスを利用している方には、比較的良い評判が多い傾向です。特に楽天市場でまとめ買いしている方などには、楽天ポイントを貯めやすく活用しやすいといった点で評価されています。

一方、楽天関連サービスをあまり利用しない方や旅行によく行く方は、他のクレジットカードを検討した方がいい場合もあります。

6.楽天ゴールドカードの申込方法

楽天ゴールドカードへの申し込みは、楽天会員登録後に楽天カードサイトから手続きを進めます。まずは、規約や申し込み条件を確認した上で、手続きを始めるのが基本です。楽天ゴールドカードの場合、20歳以上であれば申し込むことができます。

楽天会員の登録を行っていない場合は、楽天カードサイトから会員登録を行い、住所や氏名、家族構成、国際ブランドなど各種情報を入力します。その後は、「お申し込み受付のお知らせ」メールを受け取り、1週間~10日程度の入会審査を経てカードを受け取る流れです。

  1. 楽天カードサイトへアクセス
  2. 楽天会員の登録
  3. カード発行の申し込み手続き
  4. 入会審査
  5. カードの受け取り前に本人確認情報の提出
  6. 郵送にてカードの受け取り

なお、カードの受け取り前に本人確認情報を提出するので、事前に指定の本人確認書類を準備しておくのが大切です。

まとめ

楽天ゴールドカードは、年会費2,200円(税込)で空港ラウンジ特典を年2回まで無料利用したり、海外旅行特典を利用したりできるカードです。楽天ゴールドカードのSPUは、サービス改定によってポイント還元率2%へ引き下げられますが、その他楽天関連サービスを活用可能なので比較的貯めやすいといえます。

また、海外旅行傷害保険や海外旅行者向けのトラベルデスクなど、海外旅行に関する特典やサポートも受けることができます。海外旅行に時々行く方や年会費を抑えながら楽天ポイントを貯められるカードを探している方は、楽天ゴールドカードも含めて検討してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
菊地 祥

菊地 祥

FP3級技能士、投資信託4年目、株式投資8年目。2018年からフリーランスとしてwebライティングやメディア運営を行っています。また、webライターとしては株式投資や投資信託などをやさしく解説。