ネオモバ「ひとかぶIPO」の評判は?メリット・注意点と始め方も

新規上場する企業の株式を取引するIPO取引は、利益が見込みやすい投資手法として投資家の人気を集めています。また、現在では1株からIPOに申し込めるPayPay証券など、従来より気軽にIPO取引に参加できるようなサービスが提供されています。今回はそんなサービスの1つであるネオモバの「ひとかぶIPO」について、評判やメリット、注意点などを紹介したいと思います。

※この記事は2020年12月6日時点の情報に基づき執筆しています。最新情報はご自身にてご確認頂きますようお願い致します

目次

  1. ひとかぶIPOとは
    1-1.そもそもIPOとは
  2. ひとかぶIPOの特徴やメリット
    2-1.IPOに1株単位で申し込める
    2-2.抽選方法が豊富
    2-3.申込が簡単
    2-4.IPO取引に参加できる機会が多い
  3. ひとかぶIPOの注意点やデメリット
    3-1.Tポイントは使えない
    3-2.初値で売却できない
    3-3.100株以上は申し込めない
    3-4.クレジットカードが登録できないと利用できない
    3-5.IPO取引にはアプリのダウンロードが必要
    3-6.申込日までに入金が必要
  4. ひとかぶIPOの評判
  5. ひとかぶIPOの始め方
  6. まとめ

1.ひとかぶIPOとは

ネオモバ「ひとかぶIPO」

ネオモバが提供しているひとかぶIPOとは、IPO銘柄を1株から買い付けできるサービスです。

株式取引では、通常は単元ごとの取引を行うため、最低でも100株単位での取引が必要になります。IPOにおいても同様に100株単位での買い付けが原則となりますが、ひとかぶIPOではIPO銘柄を1株から買い付けることができ、投資初心者や少額投資を希望する方のニーズに応えています。

1-1.そもそもIPOとは

IPOとは「Initial Public Offering」の頭文字を取った略称で、新規株式公開のことを指します。

IPOでは、今後の成長が見込まれる企業の株式が売り出されます。上場後の株価が公募価格より値上がりするケースも多いため、上場後に売却することで利益を期待しやすいといえます。そのため、投資家からの人気を集める投資手法となっています。

2.ひとかぶIPOの特徴やメリット

ひとかぶIPOには、以下のような特徴やメリットがあります。

  1. IPOに1株単位で申し込める
  2. 抽選方法が豊富
  3. 申込が簡単
  4. IPO取引に参加できる機会が多い

それぞれ詳しくみていきましょう。

2-1.IPOに1株単位で申し込める

ひとかぶIPOの最大の特徴は、IPO銘柄に1株単位で申込ができるということです。

先述したように、株式取引では単元ごとの取引が原則となるため、100株単位での購入が必要になります。ですが、ひとかぶIPOではIPO銘柄を1株単位で購入することができます。そのため、通常のIPOと比較して少額での取引が可能です。

また、一人あたりの購入できる株数が他社より少ないことで、IPOの抽選に当選する確率も高くなるため、比較的IPO銘柄を入手しやすいといえます。

2-2.抽選方法が豊富

さまざまな抽選方法が用意されているというのも、ひとかぶIPOの特徴です。

ひとかぶIPOでは、一部優遇枠を除いてすべての配分が完全抽選となります。そのため、投資金額などに関係なくIPO銘柄を入手できる可能性があります。また、優遇枠には20代や30代の若い世代の方が当選しやすい「若年優遇」や、ネオモバでの取引状況に応じて当選確率がアップする「取引継続優遇」、ネオモバFXの口座を保有している場合に当選確率がアップする「FX取引口座保持」があります。

このようにさまざまな抽選方法があるため、多くの方にIPO取引に参加できるチャンスがあるといえます。

2-3.IPOの申込が簡単

IPOへの申込が簡単であることも、ひとかぶIPOの特徴といえます。

ひとかぶIPOでは、IPOの発行価格を確認して、希望する株数を入力するだけで申込が完了します。あとは、IPOの抽選結果を待つだけです。

ひとかぶIPOは通常のIPOとは異なり、公開価格を決定するまでの申込期間が終了したあとに、購入申込ができるようになっています。そのため、IPOへの申込が簡単になっているというわけです。

2-4.IPO取引に参加できる機会が多い

ひとかぶIPOでは、IPO取引に参加できる機会が多いというのがメリットとなります。

ネオモバを運営するSBIネオモバイル証券は、グループ企業であるSBI証券が引き受けたIPO銘柄の一部を委託販売しています。SBI証券は、業界でもトップクラスのIPO銘柄取扱数を誇っており、ひとかぶIPOでのIPO取引の機会も多くなることが期待できます。

3.ひとかぶIPOの注意点やデメリット

一方で、ひとかぶIPOには以下のような注意点やデメリットがあります。

  1. Tポイントは使えない
  2. 初値で売却できない
  3. 100株以上は申し込めない
  4. クレジットカードが登録できないと利用できない
  5. IPO取引にはアプリのダウンロードが必要
  6. 申込日までに入金が必要

それぞれ詳しくみていきましょう。

3-1.Tポイントは使えない

ひとかぶIPOを運営するネオモバの特徴の1つが、Tポイントを使ったポイント投資ができるということです。ですが、ひとかぶIPOではTポイントを使うことができませんので注意が必要です。

3-2.初値で売却できない

IPO取引では、上場前にIPO銘柄を購入し、購入価格(公募価格)よりも値が上がりやすい初値で売却して利益を確定させることが人気の手法です。ですが、ひとかぶIPOでは保有しているIPO銘柄を初値で売却することができません。

ひとかぶIPOでIPO銘柄を売却できるのは、上場日以降に初めて取引が成立した日の翌営業日以降です。そのため、初値での売却を希望する方には向いていないといえます。

3-3.100株以上は申し込めない

ひとかぶIPOでは、IPO銘柄を100株以上申し込むことができませんので注意しましょう。ひとかぶIPOで申込ができるのは、1株単位で1株から99株までです。

そのため、一般的なIPOのように100株以上を購入したいと考えているのであれば、同じIPO銘柄を取り扱う他の証券会社から申込をする必要があります。ひとかぶIPOは、投資初心者や少額投資を希望する方をターゲットにしていることを把握しておきましょう。

3-4.クレジットカードが登録できないと利用できない

ひとかぶIPOは、クレジットカードの登録ができない場合には利用できないというのがデメリットとなります。

ひとかぶIPOを利用するための条件は以下の通りです。

  1. ネオモバに証券口座を開設する
  2. クレジットカードを登録する

そのため、クレジットカードを持っていない場合は、新たに作成する必要があります。また、何らかの事情でクレジットカードを作成できない方は、ひとかぶIPOを利用することはできません。

また、口座開設からクレジットカード登録までは1~2週間程度かかりますので、IPO取引に参加したい場合は早めに手続きをしておくことをおすすめします。

3-5.IPO取引にはアプリのダウンロードが必要

ひとかぶIPOを利用するためには、アプリのダウンロードが必要になる点についても注意しましょう。

ひとかぶIPOは、ネオモバがリリースしている「ネオモバ株アプリ」を通じて利用することになります。IPOの抽選申込にもこのアプリが必要になりますので、事前にダウンロードしておくようにしましょう。

3-6.申込日までに入金が必要

ひとかぶIPOでは、申込日までに入金が必要であることも把握しておく必要があります。

IPO取引に対応する証券会社によって、入金が必要になるタイミングは異なります。ひとかぶIPOでは、申込日までに必要相当額を入金する必要があり、抽選結果がわかるまで資金が拘束されることになります。

つまり、希望する株数に応じた購入金額分の残高がないと、IPOの抽選には申し込むことができないのです。そのため、受付期間が終わる前に余裕を持って入金する必要があります。

また、ネオモバの証券口座に即時入金ができるのは住信SBIネット銀行のみとなっています。他の金融機関を利用して入金する場合は、少し時間が掛かることも理解しておきましょう。

4.ひとかぶIPOの評判

ここでは、ひとかぶIPOに対する評判について、その一部を紹介したいと思います。具体的には以下のような口コミがあります。

  • 「IPOに1株から申込めるのが魅力」
  • 「他のサービスよりも取引機会が多い」
  • 「ひとかぶIPOで初めてIPOに当選した」
  • 「100株以上購入できないので利益を見込みにくい」
  • 「上場日に売却できないのはつらい」

※上記はすべて個人の感想です。最新情報などについてはご自身でもよくお調べの上、ご利用をご判断ください。

良い評判としては、IPOに1株から申し込めるという点や、IPO取引に参加できる機会が多いという点についての声が多くみられました。

ひとかぶIPOは、その名の通りIPOに1株から申し込めることが強みです。また、同様に1株からIPOに申し込めるサービスと比較しても、IPO銘柄の取扱に強いSBI証券系列であることからIPO取引の機会が多いのも特徴といえます。ひとかぶIPOを利用して初めてIPOに当選したユーザーもいらっしゃるようです。

一方で、100株以上購入できないことや、上場日に初値で売却できないことに対する不満の声もみられました。1株での申込ができるため、IPOへの少額投資ができる反面、大きな利益が見込みにくいのがひとかぶIPOのデメリットでもあります。

さらに、初値で売却できず、利益を最大化できないケースがあるため、IPO経験者からするとやや不満を感じることがあるようです。

5.ひとかぶIPOの始め方

ひとかぶIPOを始めるためには、SBIネオモバイル証券の口座を開設する必要があります。

具体的な手順は以下の通りです。

  1. メールアドレスを登録する
  2. 口座開設申込の情報を登録する
  3. 初期設定を行う
  4. 本人確認書類をアップロードする
  5. 取引パスワードを設定する
  6. サービス利用料の支払い方法設定を行う
  7. ログインパスワードを変更する

公式WEBサイト内にある[口座開設はこちら]を選択し、メールアドレスを登録したあと、送付されるURLにアクセスして口座開設申込の情報を登録します。

登録が完了したら、ユーザーネームとログインパスワードが発行されますので、初期設定で出金先口座や勤務先などの情報を入力しましょう。

そのあと、オンライン上もしくは郵送で本人確認書類をアップロードし、口座開設のための審査に入ります。審査に通過できた場合は、取引用のパスワードを設定し、続いてサービス利用料の支払い設定を行いましょう。

最後にログインパスワードを変更すれば、口座開設が完了し取引可能になります。

あとは、IPOが実施されるタイミングに合わせて口座に入金し、IPO抽選に申込みをすることになります。

まとめ

今回はネオモバのひとかぶIPOの評判やメリット、注意点などについて紹介しました。

IPO取引に1株から参加できるひとかぶIPOは、投資経験の少ない方や20代・30代の若い世代を中心に利用されています。気軽にIPO取引がしたいという方に向いているサービスですので、気になる方はチェックしてみてください。

The following two tabs change content below.
山本 将弘

山本 将弘

フリーランスWebライター。主に株式投資や投資信託の記事を執筆。それぞれのテーマに対して、できるだけわかりやすく解説することをモットーとしている。将来に備えとリスクヘッジのために、株式・不動産など「投資」に関する知識や情報の収集、実践に奮闘中。