マイル還元率の高い年会費無料クレジットカード3選、機能や特典も

マイルが貯まりやすいクレジットカードには、年会費数万円程度かかるものも多くありますが、年会費無料でも比較的マイルを貯めやすいクレジットカードも存在します。

そこでこの記事では、マイル還元率が高い年会費無料のクレジットカードを3枚紹介していきます。年会費の負担を抑えながらマイルを貯めたり旅行を楽しんだりしたい方などは、参考にしてみてください。

※この記事は2021年5月4日時点の情報に基づき執筆しています。最新情報はご自身にてご確認頂きますようお願い致します。
※本記事は情報提供を目的としており、特定サービスの利用を勧誘するものではございません。申込に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

目次

  1. 楽天ANAマイレージクラブカード
    1-1.楽天ANAマイレージクラブカードの機能や概要
    1-2.楽天ポイント特典を活用するとANAマイルも貯めやすい
    1-3.楽天市場のSPUを活用できる
  2. イオンJMBカード(JMB WAON一体型)
    2-1.イオンJMBカード(JMB WAON一体型)の機能や概要
    2-2.カード利用やWAONの利用などでマイルが貯まる
    2-3.ツアー料金の割引など旅行特典も受けられる
  3. デルタ スカイマイルJCBカードのテイクオフカード
    3-1.テイクオフカードの機能や概要
    3-2.デルタ航空の航空券購入でマイル還元率2.0%
    3-3.JCBプラザ ラウンジを利用できる
  4. まとめ

1.楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカードは、楽天カード株式会社が発行しているクレジットカードです。ANAマイルを貯めることができ、楽天ポイントをANAへ移行することもできます。

それでは、楽天ANAマイレージクラブカードのマイル還元率や活用方法、特典を確認してきましょう。

1-1.楽天ANAマイレージクラブカードの機能や概要

楽天ANAマイレージクラブカードは、クレジット機能と楽天ポイントサービスに加えて、楽天Edy、そしてANAマイレージクラブも利用できるカードです。

ANAマイルは、ショッピングもしくは楽天ポイントからの移行で貯まります。一方、継続ボーナスマイルやフライトマイルに関する特典や機能は、追加されていません。

以下に、楽天ANAマイレージクラブカードの機能を紹介します。

概要 内容
年会費 本会員:初年度無料
2年目以降は年1回以上のカード利用で無料
※カードの利用回数0回の場合、年会費550円(税込)がかかる
家族会員:無料
本会員カード1枚につき、家族カード最大5枚まで発行可能
機能 クレジット
サービス、付帯保険 ・ポイントサービス:楽天ポイントに対応
・電子マネー:楽天Edy
・ETCカード発行可能:年会費550円(税込)
※楽天会員ランクプラチナ以上で年会費無料
・カード盗難保険:カードの盗難、紛失後に不正利用された場合、損害を補償
※紛失、盗難の問い合わせから60日前までに発生した損害を補償
国際ブランド Visa、Mastercard、JCB
対応マイル ANAマイル
・ショッピングマイル
・フライトマイル
※ボーナスマイルや継続ボーナスマイルには非対応
マイル還元率 ショッピングマイル、通常0.5%
200円につき1マイル

さらに海外旅行保険も付帯しているので、以下の補償を受けることができます。

傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 1事故の限度額200万円
疾病治療費用 1疾病の限度額200万円
賠償責任 1事故の限度額2,000万円
自己負担額なし
携行品損害 1旅行中、年間の限度額20万円
自己負担額3,000円
救援者費用 年間の限度額200万円

海外旅行傷害保険や楽天Edyは、別途加入手続きは不要です。海外旅行に行く時は、出発前に旅行代金を楽天ANAマイレージクラブカードで支払うと、旅行代金に対して補償されます。

1-2.楽天ポイント特典を活用するとANAマイルも貯めやすい

楽天ANAマイレージクラブカードの主な特徴は、楽天ポイントとANAマイルを切り替えることができる点と、ポイントからの移行以外でもANAマイルを貯められる点です。

楽天ANAマイレージクラブカードでは、カード発行後に会員専用サイト「楽天e-NAVI」で「楽天ポイントコース」と「ANAマイルコース」を選択可能です。「ANAマイルコース」を選択した場合は、カード利用200円につき1マイル貯まります。

クレジットカードのカード利用でマイルを貯めるには、通常、ポイントから移行する必要があります。一方、楽天ANAマイレージクラブカードは、ポイントを貯める手間がありませんので、簡単にマイルを貯めたり管理したりできます。

さらに「楽天ポイントコース」を選択した場合でも、2ポイントにつき1マイル単位でマイルへ移行することが可能です。楽天市場ご利用ポイントや特典ポイントは、自動的に楽天ポイントとして貯まります。

フライトマイルも貯まるので、ANAの国際線や国際線、ANAの提携航空会社をよく利用する方にはメリットがあります。ただし、搭乗ボーナスマイルや継続マイルなどは獲得できない点に注意が必要です。

1-3.楽天市場のSPUを活用できる

楽天ANAマイレージクラブカードは、楽天カード(普通カード)などと同じようにSPU特典を活用できるようになっています。SPUとは、指定の条件を満たすと楽天ポイントの還元率の上がる特典のことで、さまざまなポイントアッププログラムを利用可能です。

たとえば楽天市場で販売されている商品をカードで購入した場合は、合計3ポイント貰えます。「ANAマイルコース」を選択すると、1マイル(2ポイント)+特典ポイント1ポイントという形でマイルと特典ポイントが貯まります。

ANAマイルの還元率は、0.5%と特に高い還元率ではないものの、SPUを活用することで1回の獲得マイル数を増やすことが可能です。また、楽天ポイントの還元率が1%なので、ポイントを貯めやすくマイルへ移行しやすいといったメリットもあります。

その他には、以下の特典も利用できます。

特典 内容
入会特典 最大9,000円相当の特典プレゼント
・新規入会:2,000ポイント付与
・カード初回利用特典:3,000ポイント付与
・ANA楽パックの予約:4,000ポイント付与
Skipサービス 空港カウンターで、搭乗手続き不要で搭乗できる
・事前にスマホなどで予約手続きを進める
・搭乗当日は、Skip対応機器にスマホをかざし保安検査場を通過

貯まったANAマイルに関しては、ANA国際線や国際線の航空券やANA SKYコイン、会員専用サイト「ANAショッピング A-style」の商品などと交換できます。ANA SKYコインは、ANAの航空券やツアーなどの支払いに活用できる電子クーポン券です。

ANAやANAの提携航空会社を利用している方の中で、楽天市場も良く利用している方などは、楽天ANAマイレージクラブカードを利用するメリットが高いといえます。

2.イオンJMBカード(JMB WAON一体型)

イオンJMBカード(JMB WAON一体型)は、イオンカードが発行しているJMB付のクレジットカードです。

まずは、イオンJMBカード(JMB WAON一体型)のマイル還元率や貯め方、機能を確認していきましょう。

2-1.イオンJMBカード(JMB WAON一体型)の機能や概要

イオンJMBカード(JMB WAON一体型)は、クレジット機能と電子マネーWAON、JALマイレージバンク機能を利用できるクレジットカードです。JALマイレージバンクとは、JALのフライトなどでJALマイルを貯めたり商品と交換したりできるマイレージプログラムのことです。

イオンJMBカード(JMB WAON一体型)では、ときめきポイントや電子マネーWAONポイントの代わりに、JALマイルが貯まります。ポイントからマイルへの移行手続き不要なので、手続きを省略したい方にとってもメリットのあるサービスです。

以下に、イオンJMBカード(JMB WAON一体型)の機能を紹介します。

概要 内容
年会費 本会員、家族会員:無料
本会員カード1枚につき、家族カード最大3枚まで発行可能
機能 ・クレジット
・キャッシング
サービス、付帯保険 ・電子マネー:電子マネーWAON、イオンiD
・Apple Payに対応
・ETCカード発行可能:年会費無料
・ショッピングセーフティ保険
カードで購入した商品に関する損害を受けた際に補償される
※イオンカード、提携カード:年間限度額50万円
※商品購入日から180日間
・クレジットカード盗難保障:カードの盗難、紛失後に不正利用された場合、損害を補償
※紛失、盗難の届出受理日から61日前までに発生した損害を補償
国際ブランド Visa、Mastercard、JCB
対応マイル JALマイル
・ショッピングマイル
・フライトマイル
※ボーナスマイルや継続ボーナスマイルには非対応
マイル還元率 ショッピングマイル、通常0.5%
200円につき1マイル

海外・国内旅行傷害保険は付帯していません。旅行保険への加入も検討している場合は、別途保険を探す必要があります。一方ショッピングセーフティ保険を利用できるので、買い物の頻度が高い方や、高い品物を購入する機会の多い方などにメリットのあるサービスです。

さらに電子マネーWAONを利用できるので、イオングループ店舗で買い物をよく行う方やWAONカードとクレジットカードを1つにまとめたい時にも役立ちます。

2-2.カード利用やWAONの利用などでマイルが貯まる

イオンJMBカード(JMB WAON一体型)は、フライトマイルだけでなくカード利用や電子マネーWAONを利用したショッピングでもJALマイルが貯まります。通常のマイル還元率は0.5%ですが、特典を利用するとアップする場合もあります。

たとえば、毎月5日と15日、25日の「お客さまわくわくデー」にイオングループ店舗でカードを利用すると、マイル還元率が1%にアップします。イオングループで食品や日用品を定期的に購入している方は、特にマイル還元率アップ特典を利用しやすいといえます。

2-3.ツアー料金の割引など旅行特典も受けられる

イオンJMBカード(JMB WAON一体型)は、イオンカード共通特典も利用できるようになっています。イオンカード共通特典は、イオンシネマの映画料金割引やイオングループでのカード利用時に適用される割引特典、旅行やレジャー関連の優待サービスなどが盛り込まれています。

特典 内容
お客さま感謝デー 毎月20日、30日は買い物代金5%割引
・イオン、マックスバリュなどイオングループの店舗でのカード利用で適用
映画料金割引 イオンシネマの映画料金300円割引
イオンワールドデスク 世界16ヶ国24ヶ所にあるサポート窓口を利用できる
・都市情報、医療機関、各施設の案内
・交通機関の予約代行など
イオンマークの旅行、優待特典 イオンマークのカードの旅行特典、優待特典のサービスを利用できる
・Expedia:ホテル料金8%割引
・HIS:国内、海外ツアー3,000円割引
・ドミノ・ピザ:デリバリー限定、MLサイズピザ30%割引

他にも55歳以上の会員は、G.G感謝デーに加えて以下のようなJALおよびマイルに関する特典を受けられます。

特典 内容
入会特典 入会後、e JALポイント 1,000ポイントプレゼント
・e JALポイント:JALの航空券やツアーの購入に使用できるポイントサービス
おともdeマイル割引3,000マイル付与 割引運賃サービス「おともdeマイル割引」を利用すると、3,000マイル付与
マイル有効期限延長 JALマイルの有効期限を延長
通常36ヶ月のところ、60ヶ月に延長
JALグループの国内、海外ツアー割引 国内、海外ツアーの料金を割引
・国内ツアー:5%割引
・海外ツアー:
JALパックスペシャル 3%割引
JALパック 5%割引
G.G感謝デー 毎月15日は、5%割引に加えてマイル2倍
※イオングループの店舗でのカード利用時に適用
イオンシネマの割引 イオンシネマの映画料金が1,100円(税込)の固定料金
※窓口でカードを提示する必要がある
当日シニア割引 搭乗日当日に空席がある場合、特別価格で搭乗できる

イオンJMBカード(JMB WAON一体型)は、イオンカード共通特典だけでなく55歳以上の会員向けの独自特典も受けられるのが特徴的です。また、マイル特典は少ないものの、旅行特典やショッピングに役立つ割引特典などを利用できます。

JALマイルを貯めたい方やイオングループの店舗で日常的に買い物を行っている方、旅行に関心のある55歳以上の方にとってもメリットのある特典といえます。

3.デルタ スカイマイルJCBカードのテイクオフカード

デルタ スカイマイルJCBカードのテイクオフカードは、デルタ スカイマイルJCBカードの中でも一般カードに近い位置づけです。

それでは、テイクオフカードについて確認していきましょう。

3-1.デルタ スカイマイルJCBカードのテイクオフカードの機能や概要

デルタ スカイマイルJCBカードは、JCBカードが発行している提携カードです。テイクオフカードは、デルタ スカイマイルJCBカードの中でもコストを抑えながら利用できます。

年会費永年無料ではありませんが、2年目以降の年会費2,750円(税込)と他のデルタ航空提携カードより安い価格設定です。デルタ スカイマイルJCBカードの一般カードは、年会費13,200円(税込)、ゴールカード22,000円(税込)と、どちらも10,000円を超える年会費です。

デルタ航空をよく利用する方の中でカードの年会費を抑えたい方には、メリットのあるカードといえるでしょう。

以下に、デルタ スカイマイルJCBカードのテイクオフカードの機能を紹介します。

概要 内容
年会費 本会員:初年度無料、2年目以降2,750円(税込)
家族会員:初年度無料、2年目以降440円(税込)
※オンライン申込場合、家族カード2枚まで発行可能
機能 ・クレジット
サービス、付帯保険 ・QUICPay、Apple Pay、Google Payに対応
・ETCカード発行可能:年会費無料
・ショッピングガード保険
カードで購入した商品に関する損害を受けた際に補償される
※限度額100万円
※1回の事故につき自己負担額10,000円
※商品購入日から90日間
国際ブランド JCB
対応マイル スカイマイル
・ショッピングマイル
・フライトマイル
マイル還元率 ショッピングマイル、通常1.0%
100円につき1マイル

海外旅行保険が付帯しているので、現地でのケガや病気などの際に補償を受けられます。

傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 1事故の限度額50万円
疾病治療費用 1疾病の限度額50万円
賠償責任 1事故の限度額2,000万円
携行品損害 1旅行中、年間の限度額10万円
保険期間中100万円を限度
自己負担額3,000円
救援者費用 限度額50万円

デルタ スカイマイルJCBカードのテイクオフカードは、QUICPayに対応しているので、電子マネーに慣れている方やカードを出すのが面倒という方にも使いやすいといえます。QUICPay は、Google PayやApple Payで設定することができます。

スカイマイルは、フライトだけでなくカード利用でも貯まります。カード利用の場合は、100円につき1マイル貯まり、有効期限無期限で保管可能です。

3-2.デルタ航空の航空券購入でマイル還元率2.0%

デルタ スカイマイルJCBカードのテイクオフカードの場合は、スカイマイルの還元率アップなどのマイル特典を受けられます。

たとえば、デルタ航空の航空券を購入するとマイル還元率2.0%で、スカイマイルが貯まります。他にもカードの利用を1年間継続した場合は、毎年1,000マイルの継続ボーナスマイルを受け取ることが可能です。

年会費無料のクレジットカードは、ボーナスマイル特典のないケースも珍しくありません。一方、デルタ スカイマイルJCBカードは、マイル還元率アップに加えてボーナスマイル特典もあるのが強みといえます。

貯まったスカイマイルは、デルタ航空の特典航空券などと交換できます。

3-3.JCBプラザ ラウンジなどを利用できる

デルタ スカイマイルJCBカードのテイクオフカードは、スカイマイル以外にもJCBプラザ ラウンジやJCBプラザを利用できます。

JCBプラザは、海外旅行の際に現地の施設情報など旅行に関するサポートサービスです。ロサンゼルスやホノルルなど、いくつかの都市にJCBプラザが設置されています。なお、JCBプラザが設置されていない都市に滞在している時は、「JTBグローバルアシスタンス 海外緊急サポートネットワーク」へ電話で相談可能です。

JCBプラザ ラウンジは、JCB会員向けのラウンジでいくつかの都市に設置されています。ラウンジ内では、以下のサービスを利用可能です。

サービス 内容
案内 JCBの優待や観光情報などを案内
サポート JCBカードを盗難、紛失した際に再発行などといったサポート
予約サービス JCB加盟店、ホテルやレストランなどの予約手配
無料サービス ・日本語新聞、雑誌の閲覧
・フリードリンク
・インターネットやプリンターの利用
・マッサージ機
・レンタル傘
・荷物の預かり

JCBプラザ ラウンジを利用する際は、カウンターにてJCBカードを提示する必要があります。

他にもデルタ スカイマイルJCBカードでは、新規入会キャンペーンとしてマイル特典を受けられます。

特典 マイル数
入会ボーナスマイル 500マイル
利用ボーナスマイル 合計15万円(税込)以上のカード利用:4,000マイル
合計25万円(税込)以上のカード利用:10,000マイル
ファーストボーナスマイル 2,000マイルor5,000マイル
※デルタ航空のクラスによって異なる
※利用ボーナスマイル達成時のショッピングマイル 2,500マイル
合計 18,000マイル

※2021年4月23日~7月31日受け付け分まで(2021年5月3日調べ)

テイクオフカードの場合は、各条件を達成すると合計18,000マイル貰えます。ただし、期間限定のボーナスマイル特典なので、発行時期によってボーナスマイルを獲得できない場合もあります。

まとめ

クレジットカードの中には、年会費無料でマイルが効率的に貯まるカードもあります。マイル還元率は0.5%~2%程度で、一般カードと同程度もしくは少し高めの設定です。またカードの中には、継続ボーナスマイルや独自の還元率アップ特典を受けられるカードもあります。

ANAマイルもしくはJALマイル、スカイマイルを貯められるクレジットカードを探している方や、年会費無料でマイルの貯まるカードを探している時には、今回紹介した提携カードも含めて検討を進めてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
菊地 祥

菊地 祥

FP3級技能士、投資信託4年目、株式投資8年目。2018年からフリーランスとしてwebライティングやメディア運営を行っています。また、webライターとしては株式投資や投資信託などをやさしく解説。