dカード GOLDの評判は?メリット・デメリットやポイント率、申込手順も

NTTドコモのdカード GOLDは、電子マネーやポイント貯蓄機能も併せ持つほか、毎月の携帯料金1,000円につき10%のポイント還元や、国内・ハワイの主要空港ラウンジ利用が無料になるなど、様々な特典があるクレジットカードです。通常のdカードと比べてポイントが貯まりやすく、国内・海外旅行保険等も付帯するという特徴があります。

そこでこの記事では、dカード GOLDの特徴やメリット・デメリット、口コミ・評判、活用時の注意点などを詳しくご紹介します。dカード GOLDの利用を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. dカード GOLDとは
  2. dカード GOLDのメリット
    2-1.dポイントが貯まりやすい
    2-2.ローソン、マツモトキヨシでの買い物やカフェ利用がおトク
    2-3.電子マネーが利用できる
    2-4.携帯電話の利用料金・ドコモ光の支払いでポイント還元
    2-5.「ケータイ補償」も充実
    2-6.国内・ハワイの主要空港ラウンジが利用無料
    2-7.1億円の旅行保険が付帯
  3. 2-8.紛失・盗難時や不正利用にも対応

  4. dカード GOLDのデメリット
    3-1.年会費がかかる
    3-2.ポイント還元対象が限られている
  5. dカード GOLDの評判・口コミ
  6. dカード GOLDの入会手順
  7. まとめ

1 dカード GOLDとは

dカード GOLDdカード GOLDは、NTTドコモが発行するクレジットカードで、電子マネーやポイントカード機能を併せ持つゴールドカードです。電子マネー「iD」の機能が備わっており、買い物や各種サービスで利用できるNTTドコモ運営のdポイントを貯めたり、使ったりすることができます。「VISA」または「mastercard」の国際ブランドに対応しており、キャッシング機能もあります。

また、貯めたdポイントでは提携する投資サービスも利用でき、記事から株が買える「日興フロッギー」といったサービスではdポイント100ポイント分から利用可能となっています。

2 dカード GOLDのメリット

それでは、dカード GOLDの詳しい特徴やメリットを確認してみましょう。

2-1 dポイントが貯まりやすい

dカード GOLDで買い物をすると、100円(税込)につき1ポイント(ポイント還元率=1%)が貯まるほか、dカード特約店やdポイント加盟店の支払いではカード利用の1%還元に加え、店舗やネットショップによっては、さらなるポイントアップや割引の特典などもあります。

2-2 ローソン、マツモトキヨシでの買い物やカフェ利用がおトク

コンビニ大手のローソンでdカードを使って買い物をすると、「dカード決済で100円(税込)ごとに1%ポイント還元」+「dカード提示で200円(税込)ごとに0:00~15:59の場合は1ポイント還元、16:00~23:59の場合は2ポイント還元」となります。

  • マツモトキヨシ:dカード決済で100円(税込)ごとに+2%+dカード提示で100円ごとに税抜金額の1%+マツキヨポイントもたまる!
  • スターバックス:dカード決済で100円(税込)ごとに+3% ※3%はスターバックス カードへのオートチャージ・オンライン入金が対象
  • ドトール:dカード決済で100円(税込)ごとに+3% ※3%はドトールバリューカードへのクレジットチャージチャージが対象
  • メルカリ:dカード決済で200円(税込)ごとに+1.5%

2-3 電子マネーが利用できる

dカード GOLDは、電子マネー「iD」一体型のカードです。全国のiDマークがある店舗で電子マネー決済ができるので、カードもしくはスマートフォンを専用端末にかざすだけで支払いができます。また、iD決済では、100円(税込)につき1ポイントが獲得できます。

2-4 携帯電話の利用料金・ドコモ光の支払いでポイント還元

毎月のドコモ携帯の利用料金と、ドコモ光の利用金額1,100円(税込)につき100ポイントが還元されます(ポイント還元率10%)。例えば、毎月の携帯利用金額が年会費が11,000円(税込)の場合、税抜き部分の10%の1,000ポイントが還元されるため、1年間で1万2,000ポイント(1万2,000円分)が貯まることになります。

dカードの場合、通常1%のポイント還元ですが、dカード GOLDはその10倍のポイント還元率となっているのが大きなメリットです。

2-5 「ケータイ補償」も充実

dカード GOLDには、スマホを購入してから3年以内に紛失・盗難・水漏れなど修理不能となった場合、同一機種・同一カラーのスマートフォンをdカード GOLDで購入すると、後日最大で10万円が補償(返金)される「ケータイ補償」制度があります。

なお、「ケータイ補償」は通常のdカードにも付いていますが、補償期間は携帯購入後1年間、補償金額も最大1万円と、dカード GOLDに比べて補償内容は若干劣ります。

2-6 国内・ハワイの主要空港ラウンジが利用無料

dカード GOLDを持っていると、国内とハワイの主要空港でラウンジを無料で利用できます。ラウンジの入口でdカード GOLDと当日のフライトチケットを提示するだけで利用できます。これもdカード GOLD会員限定の特典です。

2-7 1億円の旅行保険が付帯

dカード GOLDには旅行保険が付帯しています。海外旅行では、旅行中の病気やケガによる治療費用、携行品の損傷による損害、宿泊先のホテルに損害を与えた場合の賠償費用などをサポートしてくれます。

障害死亡の場合の保険金額は、会員である本人・家族は1億円(旅行費用をdカード GOLDで支払った場合、条件を満たさない場合などは5,000万円)、会員でない家族は1,000万円となっています。

また、国内旅行の場合も、国内旅行傷害保険、国内航空便遅延費用特約がセットになった保険が付いているので便利です。

2-8 紛失・盗難時や不正利用にも対応

dカード GOLDは下記のようなセキュリティ対応があります。

24時間365日、不審利用をチェック

業界最高水準の不正使用検知システムを導入し、24時間365日、不審利用チェックを行っています。
不正使用の可能性が発生した場合には、お客さまへ直ちにご連絡します。

本人認証サービス(3Dセキュア)に対応

インターネット上でクレジットカードを利用する際にクレジットカードに記載されている情報に加え「自分しか知らないパスワード」の入力を必須とする認証方法です。
(事前に利用設定が必要です。)「なりすまし」などの不正利用を未然に防止することができます。

紛失・盗難時も24時間年中無休で対応

カード停止や、再発行の手続きを24時間、年中無休で電話対応でサポートしています。
もちろん、海外での紛失・盗難にも対応しています。

不正利用があった時も、損害を補償

紛失や盗難によってクレジットカードを他人に不正使用されてしまった場合も、会員補償制度が利用できます。
紛失・盗難の届け出日の90日前から期限なしで損害を補償します。

3 dカード GOLDのデメリット

dカード GOLDの入会申請をする前に、年会費や現在の利用状況を確認することも大切です。以下、詳しく見ていきます。

3-1 年会費がかかる

dカード GOLDは、年会費が11,000円(税込)かかります。dカード GOLDを作る際は、年間1万円のコストに対し、それを上回るメリットがあるかどうかについて、事前に確認しておくことが重要です。

例えば、買い物での1%ポイント還元やローソン利用における割引特典は、通常のdカードにもあります。dカード GOLDの大きなメリットは、ドコモの携帯・ドコモ光の利用に対する10%のポイント還元ですが、ドコモの携帯を利用していない方は、この特典を受けることができません。また、ドコモ携帯を利用している方でも、月々の利用料金があまりかからない場合、還元されるポイントも多くありません。

このように、ドコモの携帯を利用していない場合や毎月の利用料金が安いという場合、年会費を払ってdカード GOLDを作らなくても、年会費無料のdカードで十分なメリットを得られるので、慎重に検討することが大切です。

3-2 ポイント還元対象が限られている

dカード GOLDでは、ドコモの携帯電話・ドコモ光の利用料金に応じて1,000円につき10%のポイント還元があるものの、その還元対象に注意が必要です。10%還元の対象となるのは、各種割引サービス適用後の「基本使用料」「通話・通信料」「付加機能使用料」となります。

端末購入代金や事務手数料などの一部は、ポイント還元の対象外となるので、ポイント還元対象については事前によく確認しておきましょう。

4 dカード GOLDの評判・口コミ

dカード GOLDを利用しているユーザーからは次のような意見や感想が寄せられているので、カード作りの参考にしてみてください。

  • 「ポイントの還元率が高く、ポイントが貯まりやすい」
  • 「ドコモの携帯とドコモ光を利用しているので、還元ポイントがうれしい」
  • 「携帯の水没や破損事故はよくあるので、ケータイ補償は助かる」
  • 「仕事や旅行で飛行機に乗る際、空港のラウンジサービスを無料で利用できるのが良い」
  • 「年会費が若干高い」

※上記はすべて個人の感想です。サービス内容や最新情報などについてはご自身でもよくお調べの上、ご利用をご判断ください。

dポイントを利用できるコンビニや全国の百貨店等でよく買い物をする場合、ポイントが貯まりやすいと好評です。ドコモの携帯電話やドコモ光の利用者にとっては、毎月の利用額に応じて10%のポイント還元があるので、メリットが大きいと感じるユーザーが多くいます。

また、空港ラウンジを無料で利用できるサービスや、携帯購入から3年間、最大10万円までの「ケータイ補償」なども大変便利と高く評価されています。

一方、貯まったポイントを使用できる店舗の拡充を望む声などもあり、さらなるサービス充実も期待されています。

5 dカード GOLDの入会手順

dカード GOLDを申し込む前に、まずは次の入会基準を満たしているかどうかを確認する必要があります。

  • 満20歳以上(学生は除く)
  • 安定した継続収入がある
  • 個人名義である
  • 本人名義の口座を支払口座として設定する
  • その他NTTドコモが定める条件を満たす

次に、dカード GOLDの申込みには次の書類等が必要になるので、事前に準備しておきます。

  • dアカウントID:dカード GOLDの申込みには、dアカウントIDが必要です。dアカウントIDを持っていない方は、事前に取得しておきましょう。
  • 支払用銀行口座:支払い用の引き落とし先銀行口座が必要です。
  • 本人確認書:運転免許証やパスポートなど、申込人本人を確認できる書類が必要です。
  • 年収を証明する書類:dカード GOLDのキャッシング枠を希望する方で、「キャッシングサービスの利用枠が50万円超」および「他からの借入合計額が100万円超」の場合、年収を証明する書類が必要になります。

dカード GOLDの申込みは、公式サイトの「お申込み」をタップしてdアカウントIDを入力し、dカード GOLDの国際ブランド、券面デザインを選択します。

次に、氏名・住所・電話番号・職業・勤務先の名称・住所・電話番号など申込人の基本情報を入力し、入力内容をよく確認してから注意事項に同意、申込みを完了させます。

dカード GOLDの申込みが完了すると審査が行われ、その結果がメールで届きます。この時、本人確認が必要な場合は電話連絡などもあります。

dカード GOLDは、最短5営業日で発行されます。カードは郵送で届きますが、受け取りの際は運転免許証など本人確認書類の提示が必要になるので、準備しておきましょう。

6 まとめ

dカード GOLDは、クレジットカードの機能に加え、電子マネーやポイント貯蓄機能が備わったゴールドカードです。通常のdカードと比べて特典内容など充実している一方、年会費年会費が11,000円(税込)のコストがかかります。

特にドコモの携帯電話やドコモ光を利用している方にとっては、10%ポイント還元などのメリットが大きいので、利用状況を見直す機会にもなります。dカード GOLDを申し込む際には、メリット・デメリットをよく比較し、実際の利用者の評判等も参考にしながら丁寧に検討するようしましょう。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」