投資初心者におすすめ!ソーシャルレンディング会社のセミナー5選

資産運用のひとつとして、ソーシャルレンディングの需要や認知が高まってきています。しかしソーシャルレンディングはまだまだ一般的な投資方法とは呼べず、利用をためらう方も多いのではないでしょうか。

ソーシャルレンディングの各事業者は、サービスの認知度を高めるために定期的に説明会やセミナーを開いています。そこで今回は、事業者が開催するセミナーのおすすめ5選をご紹介してみたいと思います。

セミナーに参加することで、ソーシャルレンディングに対する理解が深まり、より冷静に検討がしやすくなるはずです。それでは、以下で具体的に見ていきましょう。

目次

  1. 初心者にソーシャルレンディングのセミナーがおすすめな理由
    1-1.セミナーの参加をおすすめしたい人
  2. おすすめのソーシャルレンディングのセミナー5選
    2-1.オーナーズブック
    2-2.クラウドクレジット
    2-3.maneo
    2-4.SAMURAI
    2-5.クラウドリアルティ
  3. まとめ

初心者にソーシャルレンディングのセミナーがおすすめな理由

初心者にソーシャルレンディングのセミナーがおすすめな理由は、投資をはじめる上で事業者選びが非常に大切だからです。

どんなに案件の保全性が高くても、事業者の経営姿勢がクリーンではないと、経営上でトラブルが起こる可能性があります。また、ソーシャルレンディングの事業者は、ほとんどが小規模です。そのため、土台がもろいという側面があります。

会社が倒産してしまった場合、投資したお金が戻らないリスクもあります。したがって、案件と同じぐらい、事業者選びも慎重になる必要があります。

セミナーに参加して事業者の雰囲気をつかむことは、事業者を見極める上でも大切です。セミナーでは、事業内容の説明や質疑応答が設けられています。「セミナーなんてハードルが高そう…」という初心者の方こそ、セミナーを通じて投資に対する不安が解消できるでしょう。

セミナーの参加をおすすめしたい人

ソーシャルレンディングのセミナー参加をおすすめしたいのは、下記のタイプです。

  • ソーシャルレンディングに興味がある
  • 不動産投資の知識を身につけたい
  • マンション投資やJ-REITなどにも興味がある
  • 案件詳細ページの見方を詳しく知りたい

これらのトピックについてはセミナーでもよく扱われるため、参加することで疑問の解消を期待することができるでしょう。また、質疑応答の時間がほとんどのセミナーに設けられているので、説明されなかった部分でも詳細に聞くことができます。

おすすめのソーシャルレンディングのセミナー5選

それでは、ソーシャルレンディングのおすすめセミナーを5つ見ていきましょう。

オーナーズブック

オーナーズブックオーナーズブックは、不動産投資を専門に扱う東証上場企業、ロードスターキャピタル社による不動産案件に特化したソーシャルレンディングサービスです。

不動産のプロが厳選した案件は、利回りが低いものの安全性に配慮がされています。また、すべての案件に対して、流動性が高い都内の不動産担保が付いていることも、オーナーズブックの魅力です。万が一、貸し倒れが起こった場合でも、担保を売却することで、資金回収の可能性を期待することができます。

オーナーズブックでは、月に1〜2回のペースでセミナーを開催しています。場所はロードスターキャピタル社の会議室です。駅から徒歩1分で、アクセスがしやすい場所にあります。

セミナーは2つのコースにわかれ、

  • 初心者向けコース
  • 経験者向けコース

があります。内容は、事業内容の説明、座談会形式の質疑応答という形で行われ、参加者との距離の近さが特徴です。

さらに最近では、

  • 女性限定セミナー
  • 20〜30代限定セミナー
  • オンラインセミナー

などの方に向けたセミナーも行うようになりました。このように、オーナーズブックは、ソーシャルレンディングの普及活動に注力をしています。

クラウドクレジット

クラウドクレジットクラウドクレジットは、海外案件に特化した事業者です。海外の消費者ローンや事業者ローンに支援を行っています。大手総合商社の伊藤忠商事がメインスポンサーで、将来への期待度が高い事業者です。

クラウドクレジットは、セミナーを月に2〜3回の頻度で開催しています。開催場所は東京に留まらず、名古屋・大阪・福岡など、主要都市の各地でも行われています。セミナーの内容は、

  • ソーシャルレンディングの基礎知識
  • 事業の紹介
  • 運用の報告

などです。さらに、会によってはセミナーのテーマが、

  • 初心者向け講座
  • 中級者向け講座
  • インパクト投資セミナー
  • ファンドシリーズ紹介セミナー

と異なります。自分に興味のあるセミナーの日程を選ぶといいでしょう。

口座をまだ開設していない方でも、セミナーへの参加は可能です。参加費は無料で、セミナー途中での入退場も問題ありません。

maneo

maneo
maneoは日本初のソーシャルレンディング事業者です。2008年10月に運営を開始し、現在は業界最大手の位置にいます。2018年9月時点で、1400億円以上の成立ローン総額となっています。

maneoのセミナーは、月に1〜2回ペースで行われています。開催日は主に平日の夜で、参加費用は無料です。会社員の方でも、仕事帰りにセミナーへ参加できるように配慮がなされています。50人前後は参加できる会場なので、希望日に参加しやすくなっています。

なおセミナーは、maneoグループである、

  • LCレンディング
  • クラウドリース
  • アメリカンファンディング
  • さくらソーシャルレンディング
  • アップルバンク

などと共同開催される場合があります。

各事業者の事業説明や質疑応答が設けられているため、不明な点はすべてその場で解消できます。

クラウドリアルティ

クラウドリアルティクラウドリアルティは、国内外の不動産案件に特化した事業者です。2014年12月に創立しました。オーナーズブックとは異なり、海外プロジェクトも用意しています。10%ほどの高利回り案件もあります。

セミナーは平日の夜に開催されていて、参加費は無料です(名刺が1枚必要)。アルコール類を含むドリンクが用意されているので、カジュアルな雰囲気でトークを楽しめます。

初心者向けセミナーでは、投資型クラウドファンディングの仕組みや、ソーシャルレンディング・REITとの違いなどがわかりやすく説明されます。投資に少し抵抗がある方でも安心です。

他にも、イベントによって、

  • 海外不動産の動向
  • 質疑応答
  • ゲスト数名との対談

など、幅広くセミナーが行われることがあります。

SAMURAI

SAMURAISAMURAIは、証券会社『SAMURAI証券』運営のソーシャルレンディング事業者です。

普通のソーシャルレンディング事業者とは異なり、

  • サプリメント販売の債券
  • 映画への投資ファンド
  • 仮想通貨のマイニングファンド

といった変わり種の案件もあります。

セミナーは平日の夜に都心で行われ、参加費が無料です。セミナーは主に、

  • 景気の動向予測
  • ファンドの運用報告
  • 質疑応答

などの内容で行われます。

そして、セミナー参加者を対象とした、Amazonギフト券(1万円相当)のプレゼント抽選会もあります。セミナーの定員が20名と小規模なので、予約は早めにしておくとよいでしょう。

まとめ

以上、投資初心者におすすめのソーシャルレンディングのセミナー5選をご紹介しました。おさらいすると、現在セミナーを定期的に開催する事業者は、

の5社とお伝えしました。

セミナーの参加費は無料です。また、平日の夜に開催されるので、会社員の方も仕事帰りに立ち寄ることができます。ソーシャルレンディングの基本説明以外に、質疑応答で疑問も解消することができます。

ぜひ一度セミナーへ参加して、ソーシャルレンディングを投資の選択肢として検討されてみてください。

The following two tabs change content below.
石村淳

石村淳

ローリスクでの資産運用を目指すフリーライター。ソーシャルレンディングや仮想通貨などで、少しずつ資産を増やしています。HEDGE GUIDEではソーシャルレンディング記事が担当です。読者の方の疑問が残らないように、わかりやすく読みやすい文章を心がけています。