「経営統合で世界の第三極目指す」ヤフーとLINEが共同記者会見

検索サービス「Yahoo!JAPAN」などを運営するZホールディングス株式会社(以下、ZHD)とLINE株式会社は11月18日、共同記者会見を開き、経営統合に関する発表を行った。

会見では、経営統合の背景として、米中の競合企業(グローバルテックジャイアント)に遅れを取ってしまっているという危機感やインターネットビジネスやAIテックの変化の早さなどを挙げ、統合により「日本・アジアから世界をリードするAIテックカンパニーとなることを目指す」とした。

統合後のストラクチャとしては、YahooとLINEはZホールディングス社の傘下に入り、ソフトバンクとNAVERがそれぞれ50%ずつを出資したジョイントベンチャーが新生Zホールディングスの大株主となることを予定している。また、Zホールディングスはソフトバンクの連結となるため、LINEはNAVERの連結対象からは外れることになる。

経営統合後のストラクチャ

体制面では、Zホールディング社の代表・川邉(かわべ)氏とLINE社の出澤(いでさわ)氏が統合後のZホールディングス社において共同代表(Co-CEO)となり、統合完了に向けて取り組みを進めていく。この体制について川邉氏は「ZホールディングスとLINEは、ユーザーや開発力、どれを取ってもイーブン。補完関係にある。チームとして対等な精神で、経営統合を全力で進めていきたい」とコメントした。

また、今回の統合にあたって、川邉氏は孫正義氏から「経営統合により『前よりも便利になった』と感じられなければ、誰からも支持されない。個社だけでは今までできなかった課題解決をやりなさい」というアドバイスがあったと明かした。

統合後に関しては、川邉氏は「国産型プラットフォームを世界のユーザーに新たな選択肢として提供していきたい」と語り、出澤氏は「今あるものの単純な組み合わせだけでなく、新しいサービスも生み出していければ」などと意気込みを述べた。

2020年10月を目標として経営統合の手続きを進めていくが、それまでの1年間については「お互い成長して、統合の日を迎えたい」とコメントした。

【関連サイト】Zホールディングス株式会社 経営統合に関する基本合意書の締結について

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」