ヤフー運営のZホールディングス、LINEと経営統合へ

検索サービス「Yahoo!JAPAN」などを運営するZホールディングス株式会社(以下、ZHD)とLINE株式会社は11月18日、それぞれの取締役会において、経営統合に向けた資本提携に関する基本合意書を締結することを決議したと発表した。同日に共同記者会見を開き、本発表に関して説明する予定。

両社は人工知能やテクノロジーのさらなる活用に向けて経営統合を通じ経営資源を集約。それぞれの事業領域の強化や新規事業領域への成長投資を行うことにより、日本・アジアから世界をリードするAIテックカンパニーとなることを目指す。

その一環として、メディア、SNS、メッセンジャー、決済というユーザーとのダイレクトな接点において重要となる基盤サービスを相互に補完し、これらの基盤サービスにおいて国内で優位なポジションを早期に確立させることを目指す。

また、ZHD及びZHDの完全子会社のヤフー株式会社の顧客基盤(平均月間利用者数6,743万人、アプリ合算MAU1.4億人)を中心としたZHDグループの顧客基盤とLINEの顧客基盤(国内月間アクティブユーザー数8,200万人、海外月間アクティブユーザー数1.04億人)を相互に活用し、お互いのサービスをシームレスに連携させることで、相互送客によるユーザー基盤の最大化を図る。

今後、両社は2019年12月を目処に、資本提携基本合意書に定める事項に関する法的拘束力のある最終契約を締結することを目指して協議及び検討を進めていく予定。2020年10月の経営統合を目標としている。

【関連サイト】Zホールディングス株式会社 経営統合に関する基本合意書の締結について

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」