10万円から始める株式分散投資。日本初のテーマ投資型のオンライン証券サービスが11月15日からスタート

海外不動産投資ってどうなの?海外不動産のメリット・デメリット

株式会社FOLIO(以下、FOLIO)は11月15日、日本初のテーマ投資型オンライン証券サービスβ版の一般公開を開始した。

FOLIOの新たなオンライン証券サービスでは、人工知能、ドローン、ガールズトレンドなどの豊富な投資テーマに対して10万円から分散投資を始められるサービスだ。個別株への分散投資は比較的リスクを抑えられるものの、1,000万円以上の資金が必要となる。同サービスでは通常100株以上の単位で行う株式取引を1株単位から取引可能にすることによって、10社への分散投資を10万円前後からおこなえる投資サービスを実現した。

投資テーマは、FOLIOの投資委員会が選定した10社の有望企業で構成されている。これから流行しそうなトレンドや注目企業、日本経済に影響を与えるであろうイベントを取りそろえ、カテゴリーごとに選ぶことができるという、ショッピングのような手軽さが特徴だ。また、基本的な投資スタイルである「バランス型」に加え、なるべくリスクを抑えたい場合は「ディフェンス型」、成長性が大きい企業の比率を高めたい場合は「グロース型」、銘柄の割安さを重視する場合は「バリュー型」の4つの投資スタイルから自分に合った投資スタイルを選択できる。

FOLIOは国内株を取り扱う独立系証券会社においては約10年ぶりのオンライン証券となる。近年注目を集めているFintech技術を体感しながらも、常に適切なリターンを得ることができるようにサポートしてくれる同サービス。投資初心者でどこに投資すればいいのか分からないという方にはおすすめのサービスだ。

The following two tabs change content below.
平井真理

平井真理

インバウンド不動産投資・民泊投資をはじめとする幅広い業界にてニュース記事・ノウハウ記事・プレスリリースなどの執筆に携わる。「HEDGE GUIDE」では、主にニュース記事の執筆を担当。不動産業界, 仮想通貨関連の最新ニュースを読者の皆様に分かりやすく伝えることを心がけています。