SBI証券、投資信託の積立設定金額150億円突破。積立利用の口座数は35万超

株式会社SBI証券は11月27日、投資信託の月間の積立設定金額が同月26日時点で150億円を突破したと発表した。口座開設数上位5社の主要ネット証券(SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)では最大級。積立設定を利用している口座数は35万超となった。

同社は投資信託の積立サービスを「貯蓄から資産形成へ」の時代を拓く強力なツールと位置付けており、2006年からサービス提供を開始。最低設定金額の100円への引き下げ、保有残高に応じてポイントが貯まる「投信マイレージサービス」の導入、積立日設定の毎日・毎週・隔月など全5コースへの拡充、投信積立専用アプリ「かんたん積立アプリ」の提供、投信積立における買付手数料無料化の実現など、顧客の長期の資産形成を支援する取り組みを展開してきた。

取扱う投資信託は、公募投資信託2687本、うち販売手数料無料のノーロード投信1372本と、ともに国内最多水準(同社調べ)。投資初心者からベテランまで、幅広く利用されている。「今後も『業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス』を志向し、個人投資家の資産形成を支援していく」としている。

【関連サイト】SBI証券

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」