PayPayボーナスで簡単に投資の疑似運用体験ができるPayPay証券の「ボーナス運用」200万運用者突破

PayPay証券株式会社とPayPay株式会社は3月3日、キャッシュレス決済サービス「PayPay」で提供する投資の疑似運用体験サービス「ボーナス運用」のユーザー数が200万運用者を突破したと発表した。サービス提供開始から約10ヶ月半での達成で、ポイント運用サービスを提供する主要取扱業者では最速ペース。

PayPay株式会社が提供するキャッシュレス決済サービス「PayPay」は大型チェーン店、中小の店舗や自動販売機、タクシー、公共交通機関、公共料金まで支払い対象を広げており、認知度も高まっている。また、ユーザー間でPayPay残高(PayPayマネーおよびPayPayマネーライト)を手数料無料で「送る・受け取る」(送金または譲渡とその受け取り)機能や、ソフトバンクの長期継続特典「PayPayボーナス」を、提携する第一種金融商品取引業者のポイントと交換することで、事業者の提供する投資を疑似体験できる「ボーナス運用」サービスなど、決済以外にも利用方法を拡大中だ。

ボーナス運用は、運用ポイントをPayPayボーナスとして交換(引き出す)でき、PayPay加盟店などで利用できる。専用の証券口座開設やID登録などの手続きは不要で、すぐに投資の疑似運用体験を始められる。手数料などの諸費用は不要。さらに、24時間365日相談可能な電話窓口を設置、万が一被害に遭った場合の補償制度を設けるなど、ユーザーが安心して利用できる環境づくりにも配慮している。

同社で20年11月にボーナス運用ユーザーと利用経験がないユーザーを対象にした投資サービスに対する利用意向を調査、比較した結果、ユーザーの55.2%が「投資サービスを利用したい」と回答。未利用者の24%と比べ2倍以上となり、投資サービスへの興味関心が高いことがわかった。さらにボーナス運用に対する利用意向を聞くと、ユーザーの83%が「継続して利用したい」と回答した。主な理由として、お金ではなくPayPayボーナスによる運用である点、いつでも運用から引き出せる、買い物などにすぐ利用できるといった利便性が挙げられた。

200万運用者達成を記念して、「超PayPay祭 投資体験してみようキャンペーン」を実施中。キャンペーン期間中、ボーナス運用の利用規約に新規同意、または、運用をしていなくても自動追加設定をした人を対象に、運用中残高(運用ポイント)100円相当をプレゼントする。3月28日まで。

【関連サイト】PayPay証券
【関連記事】PayPay証券の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」