丸井グループ「サステナブルファイナンス大賞」優秀賞受賞、応援投資やST債の取り組みなど評価

株式会社丸井グループは1月13日、「第8回サステナブルファイナンス大賞」で優秀賞を受賞したと発表した。環境問題を金融的手法で解決する「環境金融」の普及・啓蒙活動を行う一般社団法人環境金融研究機構(RIEF)が2015年から始めた表彰制度で、日本の金融市場で環境金融商品・サービス・取り組みを展開する金融機関、企業などが対象。「新規性」「収益性」「ESG度」など6項目に基づき採点した定量評価に加え、審査員会議での定性評価を合わせた総合判断で選考される。

丸井グループはマイクロファイナンス事業企業などと連携し、社会貢献と資産形成の両立をめざすソーシャルボンド発行などの「応援投資」を実践。「エポスカード」会員向けには事業会社で国内初のデジタルのセキュリティトークン債も発行するなど、ESGの先端分野を開拓したと評価された。また、同社グループは18年の第4回サステナブルファイナンス大賞でも、再生可能エネルギーによる電力調達を使途とするグリーンボンドを国内で初めて発行した 取り組みが評価され、優秀賞を受賞している。

受賞にあたり、同社は自社の取り組み「ファイナンシャル・インクルージョン」について説明している。同社は創業以来、若い世代も含めたすべての人に向けたクレジットカードによる金融サービスを展開してきた。これは「信用を積み重ねていくことで、あらゆる層に金融サービスを提供する考え方であり、途上国において個人事業主や中小零細事業者向け小口金融サービスを展開し、社会課題の解決に取り組むマイクロファイナンスに通じる思想」とする。同様の理念でマイクロファイナンスを展開する、五常・アンド・カンパニー株式会社、クラウドクレジット株式会社との共創を通じ、“すべての人への金融サービスの提供”に取り組んできた。

「応援投資」をはじめとするファイナンシャル・インクルージョンの取り組みを通じ、企業として実現したい「インパクト」のテーマの1つ、「一人ひとりの『しあわせ』を共に創る」の実現に向けて、引き続き注力していく。

今回の大賞は、民間企業で最大規模のソーシャルボンドを発行した富士フイルムホールディングスが選ばれた。優秀賞は新生銀行、大同生命保険、みずほ証券、丸井グループの4社。優秀賞、地域金融賞、ブルーボンド賞など、全部で12件13社・団体が受賞した。

【関連サイト】丸井グループ
【関連サイト】クラウドクレジット
【関連記事】クラウドクレジットの評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」