SBIグループのライブスター証券が商号変更、「SBIネオトレード証券」に。21年元旦から

SBIホールディングス株式会社のグループ企業の株式会社ライブスター証券は11月20日、2021年1月1日に「株式会社SBIネオトレード証券」(英文表記 SBI Neotrade Securities Co., Ltd.)に商号変更すると発表した。

同社は20年10月1日、SBIHDの完全子会社で金融サービス事業の中間持株会社であるSBIファイナンシャルサービシーズ株式会社の完全子会社となった。総合金融グループであるSBIグループで、株式会社SBI証券および株式会社SBIネオモバイル証券とともにオンライン証券事業の一翼を担う証券会社として位置付けられている。商号変更は、SBIグループのブランドとグループが持つオンライン金融事業のノウハウ・知見といった経営資源を最大限に活用する狙いがある。

今後は、SBIグループ内での人材交流やノウハウの共有を通して、IPOの取扱い数の拡大やレンディングビジネスなど、顧客の一層の利便性向上に向けた取組みを推進していくとしている。さらに、信用手数料の無料化や信用金利の引き下げなど投資コストの低減の取り組みについても、一層のコスト低減に繋がるような手数料体系や新たなサービスについて検討していく。

商号変更の発表にあたり、「トレーダー層を中心とした当社の顧客基盤の拡大を図り、ひいてはSBIグループが推進する『ネオ証券化(オンラインでの国内株式取引の手数料や現在投資家が負担している一部費用の無料化を図ること)』を実現していく」としている。

【関連サイト】ライブスター証券(新:SBIネオトレード証券)
【関連記事】ライブスター証券(新:SBIネオトレード証券)の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」