GMOクリック証券、NASDAQ100関連や森林資源に投資するファンドなど投資信託7銘柄追加

GMOクリック証券株式会社は12月13日から投資信託7銘柄の取り扱いを開始した。銘柄はNASDAQ関連ファンドのiFreeレバレッジNASDAQ100、iFreeNEXT NASDAQ100インデックス、iTrustティンバー(愛称:木と環境と未来へ)などで、このうち、iTrustティンバーは主に世界の森林・木材関連企業の株式などを投資対象とする。実質的に森林・木材関連の上場株式に投資する日本初のアクティブ・ファンド。同社の取扱ファンド本数は135本となった。

新規銘柄のiFreeレバレッジ NASDAQ100(運用会社:大和アセットマネジメント株式会社)は、「テコの原理」を意味するレバレッジ、すなわち小さな力(少額の資金)で大きなもの(大きな金額)を動かすという意味。同ファンドは基準価額の値動きがNASDAQ100指数(米ドルベース)の値動きの2倍程度となることを目指す。長期の積立投資にも活用できるよう信託期間は無期限。iFreeNEXT NASDAQ100インデックス(同)は、ITやバイオテクノロジーなど最先端技術を持つハイテク企業やインターネット関連企業が上場する米国株式に投資、NASDAQ100指数(円ベース)の動きに連動した投資成果を目指す。

eMAXISはNASDAQ100インデックス(運用会社:三菱UFJ国際投信株式会社)はNASDAQ100指数(配当込み、円換算ベース)の値動きに連動する投資成果を目指す。

また、「ひふみプラス」が人気のレオス・キャピタルワークス株式会社から「まるごとひふみ」シリーズが加わった。まるごとひふみは、ファンド・オブ・ファンズ方式により複数のファンドを通じて、国内外の株式、債券に実質的に投資します。組み入れるのは、いずれもレオス・キャピタルワークスが自ら運用するファンド。リスク許容度に応じて「まるごとひふみ15」「まるごとひふみ50」「まるごとひふみ100」が選べる。ファンド名に含まれる数字は組み入れる株式ファンドの割合(比率)を表す。

GMOクリック証券の投資信託は、「ノーロード商品が豊富」、「100円から積立可能」、「NISA口座に対応」で少額から始められるのが特徴。また、「何を選べばいいかわからない」を解決するために、約6千本の投資信託の中から、低コストで積立に向いている注目のファンドを厳選している。

【関連サイト】GMOクリック証券
【関連記事】GMOクリック証券の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」