クラウドクレジット、機関投資家向けプライベートファンド2号運用開始

クラウドクレジット株式会社は9月23日、国内大手上場会社の資金を運用するプライベートファンド2号を組成し、運用を開始した。2019年2月に公表した1号ファンドと同様、オンラインプラットフォームを通じ、アジア地域の消費者に向けて貸付を行うファンドとなる。

同社は、日本に比べ銀行の貸出余力が低く資金需要が大きい国の資金需要者を対象に、日本の余剰資金をローン投資という形で融資している。グローバル規模での資金需要と供給を繋ぐことで、高い表面利回りを実現しているのが特徴。特に、経済的リターンと社会的リターンの両立を目指す社会的インパクト投資に重点を置いている。

社会的インパクト投資では「日本の個人投資家と世界の信用市場をつなぐ」をコーポレートミッションに、これまで多くの国の資金需要者と日本の個人投資家を繋ぐ金融サービスを貸付型クラウドファンディングの形態で提供。世界のローンに分散投資ができるという新しい投資機会や、低金利下の日本において期待利回りが年利約 2.5%~13.5%を提供する商品を作りだしてきた。2014年6月の創業以来から、これまでのファンド実績は累計出資金額315億1659万円に上る。

昨年スタートした機関投資家向けプライベートファンドは、個人投資家だけでなく、国内法人の資金を対象に広げ、投資家と海外の資金需要者の双方にこれまで以上の付加価値を生み出すとともに、同社の収益基盤の複線化を図ったもの。世界中の様々な社会課題の解決を促すファンドを提供することで、国連が定めるSDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献する狙いもある。

【関連サイト】クラウドクレジットのウェブサイトを見る
【関連記事】クラウドクレジットの評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチームは、ソーシャルレンディングや金融知識が豊富なメンバーがソーシャルレンディングの基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」