【米国・香港株決算】バイドゥ2021年7~9月期は最終赤字3,000億円 中国初の有料自動運転タクシーを開始

中国インターネット検索大手の百度(バイドゥ、ティッカーシンボル:BIDU(米国)、9888(香港))が11月17日に発表した2021年7~9月期決算は、最終損益が165億5,900万元(1人民元=18円換算で約3,000億円)の赤字となった(*1)。一方、ポジティブ材料としては、11月25日に中国初となる有料の自動運転タクシーサービスを開始した(*2)。

売上高は前年同月比13%増の319億元。オンラインマーケティングの売上高が同6%増の195億、AIクラウドサービスは同73%増だった。バイドゥ傘下の動画配信プラットフォーム「愛奇芸(iQIYI)」は同6%増の76億元となった。しかしながら、189億元に上る株式評価損を計上したことが利益を圧迫し、最終損益は前年同期の137億元の黒字から赤字に転落した。

ロビン・リー最高経営責任者(CEO)は「AIクラウドは企業がお客様により良いサービスを提供するサポートをしており、(自動運転車の)アポロの設計・生産と(運転支援システムである)インテリジェントドライブを導入し、交通渋滞の緩和や事故の減少、電気自動車(EV)への移行を推進していく」と述べた。また、ロン・ルオ最高財務責任者(CFO)は「クラウドやスマート交通、スマートデバイス、自動運転、スマートEV、ロボタクシーを含むAI事業の多角化を図っており、我々は長期的に成長していくことが可能な状況にある」とコメントしている。

バイドゥは自動運転技術の開発を推し進めるなか、11月25日に北京の当局より公道の一部で有料の自動運転タクシーサービスを提供する認可を取得した。北京市南部の60平方キロメートルの範囲内で、同社の自動運転タクシー「アポロゴー」67台を運行する。乗車料金の詳細は明らかにされていないものの、中国の配車サービス大手ディディ(滴滴出行、ティッカーシンボル:DIDI)のプレミアムクラスと同程度になる模様だ。

バイドゥのインテリジェントドライビンググループのバイスプレジデント兼最高セキュリティオペレーション責任者であるウェイ・ドン氏は「今年後半もしくは来年早々に上海や広州、深圳といった他の都市でも同様のサービスを提供すべく準備している」と述べた(*3)。

リーCEOは決算発表と同日、2030年までに自動運転タクシーを100都市で展開する方針を発表した(*4) 。ネット検索の広告に次ぐ収益の柱となるAI事業の業容拡大を急ぐ。

【参照記事】*1 バイドゥ「Baidu Announces Third Quarter 2021 Results
【参照記事】*2 PR Newswire「Baidu Apollo Wins Approval for Commercialized Autonomous Car Service on Open Roads in Beijing
【参照記事】*3 cnbc「EAST TECH WEST Baidu kicks off its robotaxi business, after getting the OK to charge fees in Beijing
【参照記事】*4 cnbc「China’s Baidu wants to launch its driverless robotaxi service in 100 cities by 2030
【関連記事】外国株が買えるネット証券会社3社
【関連記事】中国株投資のメリット・デメリット

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」