PayPayカードの評判は?特典やメリット・デメリットも

PayPayポイントを貯められるPayPayカードは、PayPayアプリを利用している方にメリットの多いクレジットカードです。旧ヤフーカードから切り替わったカードなので、ヤフーカード会員向けに切替カードの送付が行われています。

そこでこの記事では、PayPayカードの評判やメリット、デメリット、特徴や特典について詳しくご紹介します。PayPayの利用頻度が高い方やヤフーカードを所有していた方などは、参考にしてみてください。

※この記事は2022年4月6日時点の情報に基づき執筆しています。最新情報はご自身にてご確認頂きますようお願い致します。
※本記事は情報提供を目的としており、特定サービスの利用を勧誘するものではございません。申込に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

目次

  1. PayPayカードの特徴
    1-1.年会費永年無料のカード
    1-2.ヤフーカードから切替および一部引き継がれる
  2. PayPayカードの特典
    2-1.新規入会で最大7,000円相当のPayPayポイント
    2-2.PayPayの支払い方法に設定するとPayPayポイント還元率アップ
  3. PayPayカードのメリット
    3-1.PayPayポイントを貯めやすい
    3-2.PayPay残高へチャージ可能
    3-3.ナンバーレスカードなので第三者に番号を見られない
    3-4.最短即日で発行および利用を始められる
  4. PayPayカードのデメリット
    4-1.ショッピングガード保険などの付帯なし
    4-2.旅行やドライブ好きの方にとって物足りないサービス内容
    4-3.旧ヤフーカード会員は新規入会特典の対象外
    4-4.新カードのため未確定情報が多い
  5. PayPayカードの評判
  6. PayPayカードの申込方法
  7. まとめ

1.PayPayカードの特徴

PayPayカード
PayPayカードは黒を基調としたデザインで、カード中央にPayPayのマークが印字されています。他のクレジットカードと同じくICチップが組み込まれているので、4桁の暗証番号を利用した決済も可能です。

まずは、PayPayカードの概要と特徴について確認していきます。

1-1.年会費永年無料のカード

PayPayカードは年会費永年無料のカードで、維持費用を気にせず利用し続けられるのも主な特徴です。

以下に主な機能やサービスを紹介します。

年会費 永年無料
国際ブランド Mastercard®、Visa、JCB
申込年齢 日本国内在住の満18歳以上(高校生除く)の方
支払い方法 一括払い、ボーナス一括払い、分割払い、リボ払いに対応
カードキャッシング 申込可能:利用可能枠はPayPayカード株式会社の審査により決定
ポイントサービス PayPayポイント:100円につき1ポイント
電子マネーサービス PayPay残高へチャージ可能
付帯保険 不正利用被害を受けた際に補償を受けられる
※ショッピングガード保険や旅行保険の付帯なし
特典の傾向 PayPay利用者にとって使いやすい特典に特化

PayPayカードで決済を行うと、利用額100円につきPayPayポイント1ポイント貯められます。カード利用で貯まったPayPayポイントは、 PayPayアプリの残高メニューからPayPayでの支払いやポイント運用へ活用可能です。ヤフーカードではTポイントが貯まりましたが、PayPayカードではPayPayポイントが貯まります。ヤフーカードで貯めたTポイントを利用するためには手続きが必要なため、注意しましょう。

また、PayPayポイントを利用するためにはYahoo!JAPAN IDとPayPayアカウントの連携が必要です。

家族カードやETCカードについては、2022年4月より発行予定とされています。ただし、年会費や具体的なサービスや機能は、2022年2月14日時点で明記されていません。PayPayカードサイトによるとPayPayアプリ以外の電子マネーは、家族カードやETCカードと同じく2022年4月より詳細について発表されるようです。

PayPayカードは、2021年12月より始まった新しいサービスということもあり、さまざまな情報について未確定の部分もあります。PayPayカードを検討している方やこれから発行する方は、PayPayカードサイトから更新情報や変更点などを定期的に確認しましょう。

1-2.ヤフーカードから切替および一部引き継がれる

PayPayカードは、旧ヤフーカードから切り替わったカードです。そのため、ヤフーカードの一部サービスを引き継いでいるのが、PayPayカードの特徴でありヤフーカード会員にとって重要なポイントです。

旧ヤフーカードの会員は、2022年4月頃からPayPayカードへの自動切替および新カードを受け取れる予定です。また、旧ヤフーカードのETCカードをそのまま利用できるため、新たに発行手続きを行う必要がありません。

旧ヤフーカードの家族会員は、PayPayカードの切替時に新家族カードを受け取ることができる予定です。

2.PayPayカードの特典

PayPayカードでは、新規入会者向けの特典やPayPayとの連携時に受けられる特典が提供されています。

続いては、PayPayカードの特典について確認していきます。

2-1.新規入会で最大7,000円相当のPayPayポイント

2022年4月現在カードを発行した場合、最大で7,000円相当のPayPayポイント特典を受けられます。

以下に新規入会特典の詳細を紹介します。

特典内容 付与数
新規入会 2,000円相当のPayPayポイント
申込月を含む2か月目の末日までにカード利用回数3回以上 5,000円相当のPayPayポイント

旧ヤフーカード会員を退会した方は、新たにPayPayカードへ新規入会したとしても新規入会特典を受けられないため、注意が必要です。

2-2.PayPayの支払い方法に設定するとPayPayポイント還元率アップ

PayPayアプリでの支払い時にPayPayカードを選択すると、PayPayポイントの還元率をアップしてもらえます。

特典名 PayPayポイントの還元率
(1)PayPayアプリでの支払いの際、PayPayカードで決済(2021年12月1日~終了時期未定) 追加の還元率:1.0%
通常の還元率と合算:合計1.5%

特典の付与上限は、1回および1ヶ月あたり2,500円相当のPayPayポイントまでとされています。

PayPayカードは、PayPayアプリへカード情報を登録可能で、スマホ決済を通じて上記の特典を受けられます。PayPayアプリは、AndroidOSとiOSにも対応しているので、iPhoneシリーズやAndroidスマホユーザーどちらでもアプリをインストール可能です。

PayPayアプリの支払い時にPayPayカードを選択する時は、以下の流れで設定しておきます。

  1. PayPayアプリをインストール
  2. PayPayアプリのホーム画面からカード追加をタップ
  3. カード情報を入力
  4. 登録完了

PayPayカードのカード番号や有効期限、セキュリティコードは、スマホ専用サイトのPayPayカードサイト内から確認可能です。

3.PayPayカードのメリット

ここからは、PayPayカードの利用メリットについて1つずつ確認します。

3-1.PayPayポイントを貯めやすい

PayPayカードは、通常利用時や特典によってPayPayポイントを貯められるます。

スーパーやコンビニなどでの支払いにPayPay残高を利用している方は、活用しやすいサービスでかつメリットの多い機能です。

PayPayポイントの還元率は通常利用時で0.5%、PayPayアプリとの連携で最大3.0%までアップされます。さらにYahoo!ショッピングでカード利用した場合は、ポイント還元率2.5%の状態でPayPayポイントを貯めることが可能です。

Yahoo!ショッピングとは、日用品から食品、アウトドア用品や雑貨、家電などさまざまな商品を購入可能な総合ネット通販のことです。

クレジットカードを積極的に利用していきたい方はもちろん、Yahoo!ショッピングの利用頻度が高いPayPayユーザーにも使いどころの多い1枚です。

3-2.PayPay残高へチャージ可能

PayPayカード会員は、電子マネーPayPay残高へクレジットチャージを選択できるようになっています。

PayPay残高のチャージ方法は、銀行口座などいくつかのサービスに対応しています。クレジットチャージに関しては、PayPayカードのみに対応している状況です。

店頭やPayPay公式ストアの支払いにPayPay残高を利用している方の中で、クレジットチャージに切り替えたい方は、特に利用メリットがあります。

PayPay残高へのチャージ上限額は、本人認証(3Dセキュア)の設定済みであれば、2万円(過去24時間)、5万円(過去30日間)です。

本人認証(3Dセキュア)の設定は、PayPayアプリへPayPayカード情報登録後、「本人認証(3Dセキュア)を設定する」というメニューから進めます。

3-3.ナンバーレスカードなので第三者に番号を見られない

PayPayカードの表と裏面には、カード番号やセキュリティコード、有効期限が記載されていません。

店頭のカード利用や街中でカードを取り出す際、第三者からカード情報を見られずに済みます。クレジットカードを利用してみたいものの、セキュリティ面から発行手続きをためらっている方は、特にメリットとなります。

3-4.最短即日で発行および利用を始められる

PayPayカードの申込手続きから審査までの時間は、最短7分程度で完了します。カードの郵送および到着までの期間は、申込手続きから1週間程度です。

カード到着までは、Yahoo!ウォレット対応サイトでクレジット決済を始められます。Yahoo!ウォレット対応サイトでクレジット決済を行いたい時は、審査通過後にPayPayカードの情報をYahoo!ウォレットへ登録しておく必要があります。

Yahoo!ウォレットは、ヤフオク!やYahoo!ショッピング、LOHACO、Yahoo!公金支払いなでの支払いに対応しています。

Yahoo!ウォレットの利用頻度が高い方やすぐにクレジット決済を行いたい方は、メリットのある仕様です。

ただし、2022年2月7日時点では、審査完了まで1日~2日程度かかります。通常時よりカード発行までに時間がかかる場合もあるため、事前にPayPayカードサイトから最新情報を確認しておくのが大切です。

4.PayPayカードのデメリット

続いては、PayPayカードのデメリットについて確認します。

4-1.ショッピングガード保険などの付帯なし

旧ヤフーカードの機能を引き継いだPayPayカードには、ショッピングガード保険が付帯されていません。さらに国内旅行傷害保険や海外旅行傷害保険などは、ショッピングガード保険と同じく付帯されていません。

ショッピングガード保険とは、カードで購入した商品の破損、盗難、火災などといった損害を補償してもらえる保険のことです。一方、旅行傷害保険は、旅行中の事故や病気による治療費や入院費、後遺障害や死亡時に補償を受けられます。また、第三者への損害賠償責任や携行品の紛失などによる損害が補償対象です。

このような旅行やショッピング時のリスクに備えられる保険は、PayPayカードに付帯されていません。

クレジットカードで購入した商品の破損などに備えられる保険を探している方、旅行が好きで付帯保険を活用しながら旅行へ行きたい方にとっては、デメリットの1つです。

4-2.旅行やドライブ好きの方にとって物足りないサービス内容

PayPayカードは、PayPay利用者にとって役立つ機能や特典が搭載されている一方、旅行好きやエンターテイメント特典重視の方に物足りないサービス内容です。

たとえば、セゾンカードは、ABEMAプレミアムの3ヶ月無料特典、イープラスの先行予約や優待割引、ツアー料金割引、レンタカーの割引特典など多彩な優待サービスを受けられます。

旅行やショッピング、エンターテイメント特典の充実したカードと比較するとPayPayカードは、特典の少ないカードです。

ただし、PayPayポイントを獲得可能な点やPayPayチャージ対応という点などは、PayPayカードならではの強みとなっています。

クレジットカードを比較する時は、年会費や発行までの期間だけでなく用途に合っているか確認してみるのも大切です。

4-3.旧ヤフーカード会員は新規入会特典の対象外

旧ヤフーカード会員や同カードを退会した方は、PayPayカードへ切り替えたり発行したりしても新規入会特典を受けられません。

PayPayカードの新規入会特典でPayPayポイントを効率よく貯めたい方には、大きなデメリットとなってしまいます。

旧ヤフーカードを発行していた方は、PayPayポイント特典を受けられるYahoo!ショッピングでのカード利用やPayPayとの連携などが大切です。

4-4.新カードのため未確定情報が多い

2022年2月7日時点でPayPayカードには、何点か未確定情報があります。

家族カードとETCカードは、2022年2月時点で発行されていません。PayPayカードサイトでは、2022年4月よりリリース予定で、機能や付帯サービスについて公開されていません。また、電子マネーApple Payについては、導入に向けて準備中です。実装時期やその他補足事項については、2022年2月時点で未定となっています。

各情報を全て把握した上で検討したい方は、2022年4月以降に改めてPayPayカードを確認もしくは別のカードから比較してみた方がいい場合もあります。

5.PayPayカードの評判

PayPayカードは、PayPayの利用状況やクレジットカードの用途、お得にショッピングしたいかどうかで評価が変わっています。カード利用者の評判を参考にする時は、利用に至るまでの経緯や重視している要素、客観的に評価しているかどうか確認した上で、自身に利用メリットの多いカードか判断するのも大切です。

それでは、以下に主な評判や口コミの傾向を整理します。

  • PayPayのチャージに使えるのがいい
  • 新規入会で多数のポイントをもらえるのが嬉しい
  • 年会費無料だから作りやすい
  • 家族カードなど未確定な部分が多いのがネック
  • PayPayへのチャージでポイントが付与されないのがデメリット
  • 旧ヤフーカードからの切替で新規入会特典を受けられない点が不満

※上記は個人の感想をまとめたものです。ご自身でもお調べの上、利用に関して検討・判断ください。

PayPayの利用頻度が高い方には、比較的良い評判の傾向です。具体的には、年会費無料という点やPayPayとの連携、PayPayポイント付与といった点が主に評価されています。

一方、旧ヤフーカードの会員やPayPay以外の特典も求めている方などは、他のクレジットカード検討した方がいい場合もあります。

PayPayカードの主な特長は、PayPayサービスと連携している点なので、PayPayをどれだけ重視しているかによって評価は変わります。PayPayカードを含めクレジットカードを調べる時は、評判や口コミの他、自身の利用用途や優先すべき機能や特典などを整理した上で、各種特典や機能、費用を確認しておくのも大切です。

6.PayPayカードの申込方法

PayPayカードの新規申込手続きを行う時は、スマートフォンからPayPayカードサイトへアクセスする必要があります。パソコンでアクセスすると申込ボタンは表示されない代わりに、スマートフォン用サイトのQRコードが表示されます。

他にもPayPayカードを発行するには、Yahoo! JAPAN IDを取得しておかなければいけない点に注意が必要です。Yahoo! JAPAN IDの登録を行う際は、Yahoo! JAPANもしくはYahoo! JAPAN IDと検索し、Yahoo! JAPANの登録画面へアクセスします。

なおID登録手続きでは、SMS受信可能なスマートフォンと電話番号が必須です。

それでは、以下にPayPayカードの申込方法を紹介します。

  1. スマートフォンでPayPayカードサイトへアクセス
  2. Yahoo! JAPAN IDを取得してない場合は「IDをお持ちでない方」をタップ
  3. Yahoo! JAPAN IDの登録手続き
  4. ID登録後、カード発行に必要な氏名などの個人情報や金融機関情報を入力
  5. 審査手続きに進む
  6. 審査結果の確認
  7. 審査通過後、カード情報の発行
  8. 後日、郵送でプラスチックカードを受け取る

Yahoo! JAPAN IDの登録を済ませている場合は、PayPayカードサイトの「IDをお持ちの方」ボタンをタップし、同IDを用いたログイン作業を行ったのちに必要事項の入力を進めていきます。(必要事項:氏名や住所、電話番号、メールアドレス、引落口座の情報など)

新規申込手続きをスムーズに進めるには、Yahoo! JAPAN IDの取得状況と引落口座などの必要事項を事前に整理および確認しておくのも重要なポイントです。

7.まとめ

PayPayカードは、PayPayで日常的に買い物を行っている方などに比較的評判の良いカードです。主な特徴は、カード利用額に応じてPayPay残高に活用可能なPayPayポイントを付与される点、PayPay残高のクレジットチャージ対応といった点です。また、新規入会やPayPayアプリとの連携時には、ポイント還元率アップを受けられます。

PayPay経済圏に期待している方や日常的にPayPayを利用していてなおかつ旅行の頻度が少ない方など、今回紹介した情報を参考に比較検討を進めてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
菊地 祥

菊地 祥

FP3級技能士、投資信託4年目、株式投資8年目。2018年からフリーランスとしてwebライティングやメディア運営を行っています。また、webライターとしては株式投資や投資信託などをやさしく解説。