高配当+株主優待ももらえる人気銘柄10本、利回り推移も【2021年11月】

株式投資では、高配当の銘柄にこだわりたい方もいれば、株主優待をもらえる銘柄に投資したいという方もいらっしゃるでしょう。しかし、なかには配当利回りが高いことに加え、株主優待までもらえる銘柄があります。

今回は高配当+株主優待がもらえる銘柄を10本紹介します。各銘柄の利回りの推移も紹介しますので、銘柄探しの参考にしてください。

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定銘柄への投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

目次

  1. 高配当+株主優待がもらえる人気銘柄10本
    1-1.商船三井(9104)
    1-2.日本郵船(9101)
    1-3.ベリテ(9904)
    1-4.三十三フィナンシャルグループ(7322)
    1-5.JT(2914)
    1-6.極東貿易(8093)
    1-7.NEW ART HLDS(7638)
    1-8.スクロール(8005)
    1-9.山陰合同銀行(8381)
    1-10.学究社(9769)
  2. まとめ

1.高配当+株主優待がもらえる人気銘柄10本

今回は下記の条件で銘柄をリサーチしています。

  • 時価総額1,000億円以上
  • 東証一部・二部、マザーズ、JASDAQの銘柄
  • 予想配当利回りが3.0%以上
  • 配当性向がマイナスではない
  • ここ数年の配当利回りが高いまたは安定している

そのうえで下記の10銘柄を紹介します。

  1. 商船三井(9104)
  2. 日本郵船(9101)
  3. ベリテ(9904)
  4. 三十三フィナンシャルグループ(7322)
  5. JT(2914)
  6. 極東貿易(8093)
  7. NEW ART HLDS(7638)
  8. スクロール(8005)
  9. 山陰合同銀行(8381)
  10. 学究社(9769)

1-1.商船三井(9104)

銘柄名 商船三井
コード 9104
終値 6,730円
最低投資金額 673,000円
配当利回り(予想) 11.89%
配当性向 19.9%
株主優待 にっぽん丸クルーズ優待券

※2021年11月12日現在のデータをもとに作成

商船三井グループは海運業をメインに、ドライバルク事業、エネルギー輸送事業、製品輸送事業、ロジスティクス事業、自動車船・フェリー・内航PORO船事業を展開する総合海運企業です。

3年前は1.89%だった配当利回りは、ここ2年で3.63%・3.81%と上昇しており、今期の予想配当利回りは11.89%とかなり高くなっています。

100株以上の株式保有で、自社がサービス運営を行うクルーズ船「にっぽん丸」のクルーズ優待券が贈呈されます。

1-2.日本郵船(9101)

銘柄名 日本郵船
コード 9101
終値 7,760円
最低投資金額 776,000円
配当利回り(予想) 10.31%
配当性向 24.3%
株主優待 飛鳥クルーズ優待券

※2021年11月12日現在のデータをもとに作成

日本郵船グループは定期船事業、航空運送事業、物流事業、不定期船専用船事業、不動産業などを幅広く手掛ける企業です。

3年前の配当利回りは1.23%と低いものの、ここ2年間は2.99%・5.16%と利回りがアップしており、今期の予想配当利回りは2021年11月現在で10.31%と高くなっています。

自社でクルーズ船サービスを運営・提供する同グループでは、100株以上の保有で「飛鳥クルーズ」の料金10%割引優待券がもらえます。

1-3.ベリテ(9904)

銘柄名 ベリテ
コード 9904
終値 471円
投資金額 47,100円
配当利回り(予想) 8.49%
配当性向 144.7%
株主優待 株主様優待商品券、株主優待割引カード

※2021年11月12日現在のデータをもとに作成

ペリテは宝飾品などの小売販売や卸売販売を手掛ける企業です。「VERITE」「MAHARAJA DIAMOND」「MiMiKaZaRi」「Velicia」と4つのブランドを展開しているほか、無料クリーニング、修理・加工などのサービスも手掛けています。

今回紹介する銘柄で唯一の東証二部銘柄です。直近3年間の配当利回りは8.0%前後を推移するなど高水準で推移しており、今期の予想配当利回りは8.49%とさらに高い数値となっています。

1,000株以上の保有で、3月末に5,000円相当の株主優待買物券、9月末には株主優待割引カード(10%割引)の贈呈を受けられます。

1-4.三十三フィナンシャルグループ(7322)

銘柄名 三十三フィナンシャルグループ
コード 7322
終値 1,400円
投資金額 140,000円
配当利回り(予想) 5.14%
配当性向 48.8%
株主優待 定期預金の特別優待金利適用、カタログギフト

※2021年11月12日現在のデータをもとに作成

三十三フィナンシャルグループは三重銀行と第三銀行の経営統合によって創設された持株会社で、主に銀行業を生業にしています。

ここ3年間の配当利回りは4.67%・4.57%・4.96%と推移しており、今期の予想配当利回りは5.99%と高くなっています。

70株以上の株式保有(単元株数は100株)で同銀行の定期預金サービス「スーパー定期1年もの」において「預入時の店頭表示金利+0.25%」の特別優待金利が適用されます。

また、500株以上を保有するとカタログギフトから5,000円相当の商品をもらえます。

1-5.JT(2914)

銘柄名 JT
コード 2914
終値 2,336円
投資金額 233,600円
配当利回り(予想) 5.99%
配当性向 88.1%
株主優待 自社グループ商品又は相当額の寄付

※2021年11月12日現在のデータをもとに作成

JT(日本たばこ産業)は、連結子会社200社以上、持分法適用会社12社から構成され、国内・海外たばこ事業や医薬事業、加工食品事業を手掛けるグローバル企業です。

ここ数年の配当利回りは平均しても6.0%以上と高い水準をキープしており、今期の予想配当利回りも5.99%となっています。

100株以上の株式を1年以上継続保有していること(同じ株主番号で3月末・6月末・9月末・12月末の各株式名簿に連続5回以上記載または記録されていること)が株主優待の条件となり、2,500円相当の自社グループ商品または相当額の寄付から優待内容を選択できます。

1-6.極東貿易(8093)

銘柄名 極東貿易
コード 8093
終値 2,478円
投資金額 247,800円
配当利回り(予想) 5.85%
配当性向 132.2%
株主優待 QUOカード1,000円分

※2021年11月12日現在のデータをもとに作成

極東貿易グループは基幹産業関連部門や電子・制御システム関連部門、産業素材関連部門、機械部品関連部門の4つを基幹事業として展開する企業です。

直近3年間の配当利回りは常時3.0%以上をキープしており、今期の予想配当利回りは5.85%と高い数値を示しています。

100株以上の保有でQUOカード1,000円分が贈呈されます。

1-7.NEW ART HLDS(7638)

銘柄名 NEW ART HLDS
コード 7638
終値 1,215円
投資金額 121,500円
配当利回り(予想) 5.76%
配当性向 70.0%
株主優待 株主優待カード4種を1枚ずつ贈呈

※2021年11月12日現在のデータをもとに作成

NEW ART HLDS(ニューアート・ホールディングス)はブライダルジュエリーの製造販売事業をメインに、エステティックサロン運営、美術品の仕入れ・販売など、ブライダルに特化した事業を展開する企業です。

今回紹介する銘柄のなかでは唯一、東証ジャスダック市場に上場しています。過去3年間の配当利回りは3.57%・5.25%・4.24%と高水準をキープしており、今期の予想配当利回りは5.76%となっています。

単元株数は100株ですが、1株でも保有していれば株主優待を受けられるのが特徴で、下記の株主優待カードがすべて贈呈されます。

  • ジュエリー割引株主優待カード(15~20%割引)1枚×年2回
  • エステティックサロン株主優待カード(20%割引など)1枚×年2回
  • 自社ゴルフメーカー商品割引株主優待カード(20%割引)1枚×年2回
  • 軽井沢ニューアートミュージアム無料観覧券1枚×年2回

1-8.スクロール(8005)

銘柄名 スクロール
コード 8005
終値 887円
投資金額 88,700円
配当利回り(予想) 5.47%
配当性向 40.1%
株主優待 株主優待券

※2021年11月12日現在のデータをもとに作成

スクロールグループは女性用アパレル製品や雑貨、化粧品、健康食品、旅行などの通信販売事業や電子商取引事業、通販事業者に対するソリューション事業を展開する企業です。

3年前の配当利回りは2.67%とやや低かったものの、昨年は5.61%、今期の予想配当利回りは5.47%と高い水準となっています。

株式保有数と継続保有期間によって株主優待の内容が異なり、100株以上・1年以上の保有で500円分、2年以上で1,000円分、3年以上で1,500円分の株主優待券がもらえます。

1-9.山陰合同銀行(8381)

銘柄名 山陰合同銀行
コード 8381
終値 612円
投資金額 61,200円
配当利回り(予想) 5.23%
配当性向 28.9%
株主優待 VJAギフトカード1,000円分

※2021年11月12日現在のデータをもとに作成

山陰合同銀行は銀行業をメインにリース業務、証券業務、信用保証業務など、さまざまな金融関連サービス事業を展開する企業です。

過去3年間の配当利回りは3.0%以上をキープしており、今期の予想配当利回りは5.23%とさらに高くなっている状況です。

1,000株以上・1年以上の継続保有で、山陰両県(鳥取県・島根県)の特産品を含めた株主優商品(5,000円相当)がもらえます。

1-10.学究社(9769)

銘柄名 学究社
コード 9769
終値 1,459円
投資金額 145,900円
配当利回り(予想) 5.14%
配当性向 64.6%
株主優待 QUOカード1,000円分

※2021年11月12日現在のデータをもとに作成

学究社グループは進学指導を行う私塾や個別指導塾、家庭教師派遣の運営などの教育事業、住居用・事務所用不動産の賃貸事業を展開する企業です。

直近3年間の配当利回りは平均4.89%と高い水準で推移しており、今期の予想配当利回りは5.14%となっています。

100株以上の保有で、1,000円分のQUOカードの贈呈を受けられます。

まとめ

今回は高配当かつ株主優待ももらえる銘柄を10本紹介しました。しっかりリサーチすれば、利回りが高く優待も受けられる銘柄を見つけられます。

他にもさまざまな株式銘柄がありますので、ご自身に適した銘柄を探してみるといいでしょう。配当や株主優待の状況、そして株価は時期によって変動するため、過去の推移を見ながら今後を予測しつつ選ぶのも大切です。

The following two tabs change content below.
山本 将弘

山本 将弘

フリーランスWebライター。主に株式投資や投資信託の記事を執筆。それぞれのテーマに対して、できるだけわかりやすく解説することをモットーとしている。将来に備えとリスクヘッジのために、株式・不動産など「投資」に関する知識や情報の収集、実践に奮闘中。