ファイナンシャルスタンダードの投資信託セミナーの評判は?会社の強みや注意点も

これから資産運用を始めたい人の中には、投資信託セミナーの参加を考えている人もいるのではないでしょうか。参加者満足度95%(同社発表、「投資信託選びの新常識セミナー」参加者を対象)を誇るファイナンシャルスタンダードのセミナーは、初心者向けの選択肢の一つです。

この記事では、ファイナンシャルスタンダードの強みやセミナーの評判について解説します。投資の初心者の人はぜひ参考にしてください。

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定サービスの利用・投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。
※この記事は2021年10月1日時点の情報に基づき執筆しています。最新情報はご自身にてご確認頂きますようお願い致します。

目次

  1. ファイナンシャルスタンダードとは
    1-1.IFAとは?
  2. ファイナンシャルスタンダードの強み・メリット
    2-1.金融商品を専門家のアドバイスを受けながら選べる
    2-2.参加者満足度95%のセミナーを開催
    2-3.ネットコースでは購入できない債券を紹介してもらえる
    2-4.顧客のライフプランに沿った運用を提案
    2-5.ワンストップで資産運用以外のことも相談できる
    2-6.富裕層でなくても利用できる
  3. ファイナンシャルスタンダードの注意点
    3-1.取り扱う投資信託は楽天証券のものから選ぶ
    3-2.短期間で大きくお金を増やしたい人には向かない
    3-3.運用は自己責任で行う
  4. ファイナンシャルスタンダードの評判・口コミ
  5. ファイナンシャルスタンダードが向いている人は?
    5-1.これから資産運用を始めたいが、何から始めていいかわからない人
    5-2.堅実な資産形成を希望する人
    5-3.顧客の立場に立ったアドバイスを受けたい人
    5-3.レベルの高い専門家のアドバイスを受けたい人
  6. まとめ

1.ファイナンシャルスタンダードとは

大手IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)のファイナンシャルスタンダードは、顧客の長期的な資産形成をサポートする会社です。資産形成の実行支援として、楽天証券の金融商品仲介業務を行っています。長期のアドバイスが前提であるため、顧客のライフプラン上の運用以外の相談にも対応してくれます。

証券会社などの金融機関は、金融商品の販売が第一の目的です。しかし、ファイナンシャルスタンダードのようなIFAにとって、金融商品は顧客の人生の目標実現のためのツールなのです。

1-1.IFAとは?

IFA(Independent Financial Advisor)とは、資産運用の専門家です。金融商品仲介業者として、内閣総理大臣の登録を受けた事業者であり、金融機関から独立した中立の立場で顧客に資産運用のアドバイスを行います。IFAは金融商品仲介により手数料を得ているため、ライフプランなどのアドバイスは無料です。

IFAはライフプランなどお金のこと全般の知識があるだけでなく、個々の金融商品の知識も豊富です。自分で金融商品を買ってうまくいかない人や、口座開設だけして次に進めない人はIFAの活用も選択肢の1つでしょう。

2.ファイナンシャルスタンダードの強み・メリット

IFAの資産運用アドバイスはこれからの時代の個人の資産形成において、重要な役割を果たすサービスです。中でもファイナンシャルスタンダードは、すでに数多くの実績を持つIFA企業です。ここでは、ファイナンシャルスタンダードの強みを紹介します。

2-1.金融商品を専門家のアドバイスを受けながら選べる

ファイナンシャルスタンダードのファイナンシャルアドバイザーの多くが、証券会社や銀行、生命保険会社出身の金融のプロフェッショナルです。

提携先の楽天証券は国内の大手ネット証券で、取り扱う商品の豊富さや手数料の安さは業界トップクラスといえます。ネット証券の利用者の中には商品選びがわからない、損をするのが怖いなどの理由から、実際には何もしていない人も少なくありません。そのような人には専門家のアドバイスを受けながら金融商品が購入できる、ファイナンシャルスタンダードのようなIFAの活用は有益になり得ます。

また、ファイナンシャルスタンダードでは、株式や債券による資産運用だけでなく、保険や不動産、相続、事業継承など人生の様々なステージにおける「資産全般」の相談にのってもらえることも大きなポイントといえます。

2-2.参加者満足度95%のセミナーを開催

ファイナンシャルスタンダードでは、累計1万人以上が参加している満足度95%を誇るセミナーを開催しています。初心者向けに投資信託の選び方から応用知識まで多くのテーマからの選択が可能です。来場型セミナーに参加できない人には、ウェブセミナーもあります。

セミナー参加のメリットは資産運用の知識を得るだけではありません。IFAの活用を考えている人にとって、セミナーを主催しているIFAの経営方針などが自分に合っているかを判断する材料にもなります。

2-3.ネットコースでは購入できない債券を紹介してもらえる

ファイナンシャルスタンダードを通じて金融商品を購入する場合、楽天証券のIFAコースで口座開設をする必要がありますIFAコースの手数料体系は会社によって異なりますが、ファイナンシャルスタンダードでは株式や投資信託などの手数料体系についてネットコースとほぼ同様でサービスを受けることが出来ます。

また、IFAコースの顧客はネットコースでは紹介されない債券の購入ができる場合があります。金融機関では中々提供されない債券などの提案を受けることが出来るため、貴重な機会といえます。

2-4.顧客のライフプランに沿った運用を提案

IFAは金融商品の仲介を行いますが、仲介だけが目的ではありません。顧客が金融商品の購入によって利益を得る以前に、資産形成の目的や目標を明確にしたゴール設定が必要です。そのためには顧客の状況や希望を丁寧にヒアリングしなければなりません。そのうえで、長期的な運用戦略を策定し、顧客の納得のうえで実行していくのです。

2-5.ワンストップで資産運用以外のことも相談できる

ファイナンシャルスタンダードの資産形成のスタンスは短期で大きな利益を狙うのではなく、農耕型のように長期で資産を育てていくものです。定期的な面談の機会があるため、運用以外にさまざまなライフプランの悩みを相談できます。相続や住宅ローンなどについても対応してくれるので、お金の悩みをワンストップで解決できます。

2-6.富裕層でなくても利用できる

ファイナンシャルスタンダードは若い会社員などで、まとまった資産を持っていない人でも利用できます。IFAの中には退職金や相続などでまとまったお金のある人や、資産家を対象にしている会社もあります。しかし、ファイナンシャルスタンダードではこれから資産形成をする人のサポートも行っており、金融資産いくら以上、といった制限はありません。

3.ファイナンシャルスタンダードの注意点

ファイナンシャルスタンダードは、ネット証券の利便性に加えて専門家の長期のアドバイスを提供するIFAです。利用にあたっては若干の注意点もありますので押さえておきましょう。

3-1.取り扱う投資信託は楽天証券のものから選ぶ

ファイナンシャルスタンダードは、楽天証券の仲介のみを行っています。したがって、提案されるのは楽天証券の取扱商品に限られます。他の証券会社の取扱商品は購入できません。ただし、楽天証券の商品ラインナップは国内トップクラスで、投資信託の取り扱い本数も2,500本を超えていますので、選択肢の数自体はデメリットにならないでしょう。

3-2.短期間で大きくお金を増やしたい人には向かない

ファイナンシャルスタンダードの運用方針は、長期の運用でリスクをコントロールしていく方法です。短期間でハイリスクな投資をして、大きな利益を追求するわけではありません。とにかくお金を増やしたいという人には向いていない方法です。大きな失敗を避けながら着実に資産を育てていきたい人に向いています。

3-3.運用は自己責任で行う

IFAのアドバイスを受けながら運用することは、大きな失敗を避けたい人にとってメリットがあります。しかし、運用は元本保証ではありません。時には損失を被ることも考えられます。そして、運用の成果は、プラスもマイナスもすべて投資家本人が負わなければなりません。運用をするなら、このことをしっかり理解しておきましょう。

4.ファイナンシャルスタンダードの評判・口コミ

ファイナンシャルスタンダードは、IFA業界の中では多くの人に利用されている会社です。実際にセミナーに参加した人や、利用者の声を確認してみましょう。

  • セミナーでの商品勧誘や、セミナー後の勧誘連絡はなかった
  • 運用に失敗するのは勉強不足が原因なのだと思った
  • 堅実に運用したいと思っていたので、希望に合っていた
  • 楽をして儲けることはできないことがわかった
  • 話の内容がしっかりしていて、信頼のおける会社だと思った
  • セミナー後の相談を受け、証券会社の営業とは全然違うと感じた
  • セミナー後の相談で、疑問が晴れて気持ちが楽になった

※上記はすべて個人の感想です。セミナーやサービス内容などについてはご自身でもよくお調べの上、ご判断ください。

アドバイザーに対する評価では、「親身になってくれた」「どんな質問にも的確に答えてくれた」など、親切で専門家としてのスキルが高いとの声が目立ちました。また、IFAについてよくわからずに不安を持っていた人が、セミナーや相談を通じて信頼を持ったとのケースも多く見られました。

5.ファイナンシャルスタンダードが向いている人は?

ファイナンシャルスタンダードは多くの人が利用しやすいIFAです。ここでは、特に有益になるのはどのような人かを紹介します。

5-1.これから資産運用を始めたいが、何から始めていいかわからない人

ファイナンシャルスタンダードのセミナーは、初心者でも理解できるように工夫された内容になっています。ただし、運用の知識だけで具体的に商品を選んでいくのは困難です。セミナー参加者は、希望すれば無料相談が受けられるので、利用してみましょう。

ファイナンシャルアドバイザーは一方的な売り込みはせず、丁寧にヒアリングしてくれます。そのうえで運用の目標を立てるので、自分に合った運用が可能です。

5-2.堅実な資産形成を希望する人

ファイナンシャルスタンダードでは、長期でリスク管理をしながら堅実に資産形成していくことを目指します。短期間でとにかくお金を増やすようなスタンスではありません。適切なリスクコントロールによって大きな損失を避けながら、長期の資産形成がしたい人に適しているのです。

5-3.顧客の立場に立ったアドバイスを受けたい人

ファイナンシャルスタンダードのアドバイザーは、「よく話を聞いてくれる」という評価を数多く受けています。顧客の希望する運用スタイルや目標を理解してもらい、それに合ったアドバイスを受けることはIFAを利用する側の重要なメリットです。信頼できるアドバイザーからの助言は、資産形成に大いに役立つでしょう。

5-4.レベルの高い専門家のアドバイスを受けたい人

ファイナンシャルスタンダードのアドバイザーは説明が丁寧で、顧客が納得するまで疑問に答えてくれるという評価も受けています。親切でレベルの高いアドバイスを受けたいという人には、ファイナンシャルスタンダードは選択肢の一つに挙がるでしょう。

まとめ

ファイナンシャルスタンダードは「楽天証券IFAサミット・カンファレンス」で数々の賞を例年受賞している、業界トップクラスのIFA企業です。セミナー参加者の満足度95%と、顧客の視点に立ったアドバイスを受けられるIFAといえます。大手ネット証券の利便性と、親切でレベルの高いアドバイザーから助言が受けられる点が強みです。

関心のある方は、まずはセミナーの受講から検討し、自分の希望に合いそうであれば、個別相談を受けてみるのも検討してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
松田 聡子

松田 聡子

明治大学法学部卒。金融系ソフトウェア開発、国内生保を経て2007年に独立系FPとして開業。企業型確定拠出年金の講師、個人向け相談全般に従事。現在はFP業務に加え、金融ライターとしても活動中。 保有資格:日本FP協会認定CFP・DCアドバイザー・証券外務員2種 運営サイト : 経営体質改善のヒント