アメックスでポイント・マイル還元率の良いカードは?15枚を徹底比較

アメックスでは、様々なクレジットカードを発行しています。それぞれポイントやマイルを貰える機能があり、交換率や還元率も異なっています。さらに一部カードはポイントやマイルの種類も異なるので、発行前に確認しておくのも大切です。

そこでこの記事では、アメックスカードで獲得できるポイントやマイルの交換率について、比較紹介していきます。還元率を重視している方は、参考にしてみてください。

目次

  1. アメックスカードのポイント還元率と種類を比較
    1-1.ボーナスポイントなどによって還元率が変わる
    1-2.アメックスポイント以外のポイント還元率
  2. アメックスカードのマイル交換率や還元率を比較
    2-1.JALマイルの交換率と還元率を比較
    2-2.ANAマイルの交換率と還元率を比較
    2-3.その他提携航空でのマイル交換率と還元率を比較
  3. まとめ

1.アメックスカードのポイント還元率と種類を比較

アメックスでは、旅行をはじめ日常での買い物や公共料金の支払いに利用することで、ポイントが貯まります。

まずはアメックスカードのポイント還元率を比較していきます。

1-1.ボーナスポイントなどによって還元率が変わる

アメックスのポイントは、原則100円につき1ポイント貯まりますが、「メンバーシップ・リワード・プラス」への加入によって100円につき3ポイント貯めることも可能です。

ポイント還元率については、各カードで大きな差はありません。ただし、「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード」と「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は、ポイント非対応なので注意が必要です。

以下に各カードの還元率を紹介します。

アメックスポイントの還元率

名称 還元率 備考
アメリカン・エキスプレス・カード 0.5%~3% ・通常:100円につき1ポイント
・上記対象外の店舗やサービス:200円につき1ポイント
・メンバーシップ・リワード・プラス加入およびボーナスプログラム登録:100円につき3ポイント獲得(対象加盟店のみ)
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 0.5%~3% ・通常:100円につき1ポイント
・上記対象外の店舗やサービス:200円につき1ポイント
・メンバーシップ・リワード・プラス加入およびボーナスプログラム登録:100円につき3ポイント獲得(対象加盟店のみ)
プラチナ・カード 0.5%~3% ・通常:100円につき1ポイント
・上記対象外の店舗やサービス:200円につき1ポイント
・メンバーシップ・リワード・プラス加入およびボーナスプログラム登録:100円につき3ポイント獲得(対象加盟店のみ)
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 0.5%~3% ・スカイトラベラーボーナス適用:100円につき3ポイント
・通常:100円につき1ポイント
・上記対象外の店舗やサービス:200円につき1ポイント
・メンバーシップ・リワード・プラス加入およびボーナスプログラム登録:100円につき3ポイント獲得(対象加盟店のみ)
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード 0.5%~5% ・スカイトラベラーボーナス適用:100円につき5ポイント
・通常:100円につき1ポイント
・上記対象外の店舗やサービス:200円につき1ポイント
・メンバーシップ・リワード・プラス加入およびボーナスプログラム登録:100円につき3ポイント獲得(対象加盟店のみ)
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 1%~1.5% ・ANAグループでのカード利用:100円につき1.5ポイント
・通常:100円につき1ポイント
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 1%~2% ・ANAグループでのカード利用:100円につき2ポイント
・通常:100円につき1ポイント
ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード 1%~2.5% ・ANAグループでのカード利用:100円につき2.5ポイント
・通常:100円につき1ポイント
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード 0.5%~3% ・通常:100円につき1ポイント
・上記対象外の店舗やサービス:200円につき1ポイント
・メンバーシップ・リワード・プラス加入およびボーナスプログラム登録:100円につき3ポイント獲得(対象加盟店のみ)
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード 0.5%~3% ・通常:100円につき1ポイント
・上記対象外の店舗やサービス:200円につき1ポイント
・メンバーシップ・リワード・プラス加入およびボーナスプログラム登録:100円につき3ポイント獲得(対象加盟店のみ)
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード 0.5%~3% ・通常:100円につき1ポイント
・上記対象外の店舗やサービス:200円につき1ポイント
・メンバーシップ・リワード・プラス加入およびボーナスプログラム登録:100円につき3ポイント獲得(対象加盟店のみ)
・メンバーシップ・リワード・プラス加入およびボーナスプログラム登録:100円につき3ポイント獲得(対象加盟店のみ)

ポイント還元率という点では、「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード」が良いといえます。対象航空会社27社での航空券をカードで購入もしくは、対象の旅行代理店で航空券やツアーパックをカードで購入すると、100円につき5ポイント貯まります。ただし、年会費165,000円とアメックスカードの中でも高い点がネックでもあります。

年会費を抑えながら日常の買い物でカードを利用したい時は、アメリカン・エキスプレス・カードの方が良い場合もあります。アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費13,200円と「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード」の10分の1程度です。

ポイントを重視している方もポイント還元率だけでなく、年会費など全体のコストに目を向けてみるのが大切です。

1-2.アメックスポイント以外のポイント還元率

ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードは、「Sポイント」を貰えるのが特徴です。Sポイントは、ショッピングでの支払いの他、阪急阪神クーポンへの交換、アメックス独自の景品やチャリティサービスに利用できるようになっています。マイルへ交換はできない一方、ポイント/円のレートが高いメリットもあります。

スターウッド プリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カードは、日常での買い物やMarriott Bonvoyロイヤルティプログラム参加ホテルでの宿泊などでMarriott Bonvoyポイントが貯まります。

以下にそれぞれのポイントサービスを紹介します。

名称 還元率 備考
ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード 1% 200円につき2Sポイント
スターウッド プリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード 3%~18.5% ・カード利用:100円につき3 Marriott Bonvoyポイント
・Marriott Bonvoyロイヤルティプログラム参加ホテルでの宿泊:100円につき3Marriott Bonvoyポイント
・Marriott Bonvoyゴールドエリートの会員資格によって加算:1米ドルにつき12.5 Marriott Bonvoyポイント

Marriott Bonvoyを利用する機会がある方には、ポイント還元率の他にもMarriott Bonvoy指定のレストランやバーに関する優待や割引特典といった点で、スターウッド プリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの方がメリットもあります。

一方阪急や阪神百貨店でよく買い物をする方には、ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードの方がいい場合もあります。

2.アメックスカードのマイル還元率も比較

マイルは、買い物や公共料金などのカード払いに加えてポイントとの交換、フライトなどで貯めることができます。また、カードによってマイルを貯める方法が異なります。

以下では、マイルの交換率と還元率で比較していきます。

2-1.JALマイルの交換率と還元率を比較

アメックスカードは、さまざまな方法でマイルを獲得できるのが特徴です。

アメックスカードで貯めたポイントをJALマイルへ移行する場合は、「交換率」として示しています。たとえば2,000ポイントにつき1,000マイルに交換する際は、「1,000マイル÷2,000ポイント×100=50%」です。交換率が高い程、ポイントからマイルへ効率的に交換しやすいといえます。

一方アメックスカードで商品を購入した場合は、「還元率」として示します。たとえば100円の購入金額につき1マイルだと「1マイル÷100円×100=1%」です。こちらも還元率が高い程、マイルを貯めやすいといえます。

JALマイルの交換率と還元率

名称 交換率(ポイント交換数に対する獲得率) 還元率(利用金額(円)に対する獲得率) 備考
アメリカン・エキスプレス・カード 約33%~40% ※商品やサービス購入ではマイルを獲得できません
メンバーシップ・リワード・プラス未登録:3,000ポイントにつき1,000マイル交換
メンバーシップ・リワード・プラス登録:2,500ポイントにつき1,000マイル交換
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 約33%~40% ※商品やサービス購入ではマイルを獲得できません
メンバーシップ・リワード・プラス未登録:3,000ポイントにつき1,000マイル交換
メンバーシップ・リワード・プラス登録:2,500ポイントにつき1,000マイル交換
プラチナ・カード 約33%~40% ※商品やサービス購入ではマイルを獲得できません
メンバーシップ・リワード・プラス未登録:3,000ポイントにつき1,000マイル交換
メンバーシップ・リワード・プラス登録:2,500ポイントにつき1,000マイル交換
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード JALマイルは獲得できない
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード JALマイルは獲得できない
ANAアメリカン・エキスプレス・カード JALマイルは獲得できない
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード JALマイルは獲得できない
ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード JALマイルは獲得できない
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード JALマイルは獲得できない
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード JALマイルは獲得できない
ペルソナSTACIAアメリカン・エキスプレス・カード JALマイルは獲得できない
スターウッドプリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード 約33% Marriott Bonvoy3ポイントにつき1マイル
1日あたり3,000~ 240,000ポイントを移行可能
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード 約33%~40% ※商品やサービス購入ではマイルを獲得できません

メンバーシップ・リワード・プラス未登録:3,000ポイントにつき1,000マイル交換
メンバーシップ・リワード・プラス登録:2,500ポイントにつき1,000マイル交換

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード 約33%~40% ※商品やサービス購入ではマイルを獲得できません

メンバーシップ・リワード・プラス未登録:3,000ポイントにつき1,000マイル交換
メンバーシップ・リワード・プラス登録:2,500ポイントにつき1,000マイル交換

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード 約33%~40% ※商品やサービス購入ではマイルを獲得できません

メンバーシップ・リワード・プラス未登録:3,000ポイントにつき1,000マイル交換
メンバーシップ・リワード・プラス登録:2,500ポイントにつき1,000マイル交換

JALマイルに対応しているアメックスカードは、比較的少ない傾向です。そのため、より多くのJAL+アメックス系のカードから選びたい場合は、JALが発行している「JALアメリカン・エキスプレス・カード」シリーズも検討してみてはいかがでしょうか。

JALと提携しているアメックスカードは、フライトマイルやショッピングマイル、その他ボーナスマイルなど多種多様な方法でマイルを獲得できます。

アメックスカードでJALマイルを効率的に貯めるには、ポイントの貯め方も重要です。ポイントの還元率が上がるメンバーシップ・リワード・プラスへ加入しますと、「アメリカン・エキスプレス・カード」などでもJALマイル還元率を3%に上げることが可能です。

2-2.ANAマイルの交換率と還元率を比較

アメックスカードは、ポイントからANAマイルへも移行できるほか、商品やサービスを購入した場合にもANAマイルを獲得できるものがあります。

ANAマイルの獲得方法は各アメックスカードによって異なり、アメリカン・エキスプレス・カードなどはポイントからANAマイルに交換できるのが特徴です。一方ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードなどは、ポイントへの移行とフライトやショッピングでも獲得できます。

ANAマイルの交換率と還元率

名称 交換率(ポイント交換数に対する獲得率) 還元率(利用金額(円)に対する獲得率) 備考
アメリカン・エキスプレス・カード 50%~100% ※商品やサービス購入ではマイルを獲得できません

メンバーシップ・リワード・プラス未登録:2,000ポイントにつき1,000マイル交換
メンバーシップ・リワード・プラス登録:1,000ポイントにつき1,000マイル交換

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 50%~100% ※商品やサービス購入ではマイルを獲得できません

メンバーシップ・リワード・プラス未登録:2,000ポイントにつき1,000マイル交換
メンバーシップ・リワード・プラス登録:1,000ポイントにつき1,000マイル交換

プラチナ・カード 50%~100% ※商品やサービス購入ではマイルを獲得できません

メンバーシップ・リワード・プラス未登録:2,000ポイントにつき1,000マイル交換
メンバーシップ・リワード・プラス登録:1,000ポイントにつき1,000マイル交換

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 100% ※メンバーシップ・リワード・プラスの登録でANAマイルへ移行できる

メンバーシップ・リワード・プラス登録:1,000ポイントにつき1,000マイル交換

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード 100% ※メンバーシップ・リワード・プラスの登録でANAマイルへ移行できる

メンバーシップ・リワード・プラス登録:1,000ポイントにつき1,000マイル交換

ANAアメリカン・エキスプレス・カード 100% 1%~2% ・「ANAカードマイルプラス」加盟店などでの利用:100円につき1マイル
・「ANAグルメマイル」参加店での利用など:100円につき2マイル
・商品購入時にポイントも獲得できるため、マイル移行によって合計100円につき3マイル相当貯まる
メンバーシップ・リワード・プラス登録:1,000ポイントにつき1,000マイル交換
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 100% 1%~2% ・「ANAカードマイルプラス」加盟店などでの利用:100円につき1マイル
・「ANAグルメマイル」参加店での利用など:100円につき2マイル
・商品購入時にポイントも獲得できるため、マイル移行によって合計100円につき3マイル相当貯まる
メンバーシップ・リワード・プラス登録:1,000ポイントにつき1,000マイル交換
ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード 100% 1%~2% ・「ANAカードマイルプラス」加盟店などでの利用:100円につき1マイル
・「ANAグルメマイル」参加店での利用など:100円につき2マイル
・商品購入時にポイントも獲得できるため、マイル移行によって合計100円につき3マイル相当貯まる
メンバーシップ・リワード・プラス登録:1,000ポイントにつき1,000マイル交換
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード ANAマイルは獲得できない
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード ANAマイルは獲得できない
ペルソナSTACIAアメリカン・エキスプレス・カード 25% 1,000Sポイントにつき250マイルへ移行可能
スターウッドプリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード 約33% Marriott Bonvoy3ポイントにつき1マイル
1日あたり3,000~ 240,000ポイントを移行可能
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード 50%~100% ※商品やサービス購入ではマイルを獲得できません

メンバーシップ・リワード・プラス未登録:2,000ポイントにつき1,000マイル交換
メンバーシップ・リワード・プラス登録:1,000ポイントにつき1,000マイル交換

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード 50%~100% ※商品やサービス購入ではマイルを獲得できません

メンバーシップ・リワード・プラス未登録:2,000ポイントにつき1,000マイル交換
メンバーシップ・リワード・プラス登録:1,000ポイントにつき1,000マイル交換

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード 50%~100% ※商品やサービス購入ではマイルを獲得できません

メンバーシップ・リワード・プラス未登録:2,000ポイントにつき1,000マイル交換
メンバーシップ・リワード・プラス登録:1,000ポイントにつき1,000マイル交換

「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」、「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」、「ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」は、他のアメックスカードと異なり、フライトマイルとカード利用でもANAマイルが貯まります。

さらに「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」は、年会費7,700円とアメリカン・エキスプレス・カードよりも5,500円安く利用可能です。年会費とANAマイル還元率どちらにも関心がある方は、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」も検討してみてはいかがでしょうか。

ANAを利用してよく旅行に行く方やANA関連サービスを利用している方は、ANAマイルを貰えるか確認した上で、カードを比較するのが基本です。

2-3.その他提携航空でのマイル交換率と還元率を比較

アメックスの中には、JALとANA以外のマイルを貰えるカードもあります。主に海外旅行が好きな方にメリットのあるサービスです。

「アメリカン・エキスプレス・カード」や「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」などは、ポイントからマイルへ移行するのみとなっています。対して、「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード」などデルタ航空と提携しているアメックスカードは、フライトや海外でのショッピングで貰えるのが特徴です。

その他マイルの交換率と還元率

名称 交換率(ポイント交換数に対する獲得率) 還元率(利用金額(円)に対する獲得率) 備考
アメリカン・エキスプレス・カード 50%~80% メンバーシップ・リワード・プラス未登録:2,000ポイントにつき1,000マイル交換
メンバーシップ・リワード・プラス登録:1,250ポイントにつき1,000マイル交換
17社の航空会社と提携(例:デルタ航空・タイ国際航空・シンガポール航空など)
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 50%~80% メンバーシップ・リワード・プラス未登録:2,000ポイントにつき1,000マイル交換
メンバーシップ・リワード・プラス登録:1,250ポイントにつき1,000マイル交換
17社の航空会社と提携(例:デルタ航空・タイ国際航空・シンガポール航空など)
プラチナ・カード 50%~80% メンバーシップ・リワード・プラス未登録:2,000ポイントにつき1,000マイル交換
メンバーシップ・リワード・プラス登録:1,250ポイントにつき1,000マイル交換
17社の航空会社と提携(例:デルタ航空・タイ国際航空・シンガポール航空など)
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 100% 1,000ポイントにつき1,000マイルと交換
16社の航空会社と提携(例:デルタ航空・キャセイパシフィック航空・アリタリア-イタリア航空など)
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード 100% 1,000ポイントにつき1,000マイルと交換
16社の航空会社と提携(例:デルタ航空・キャセイパシフィック航空・アリタリア-イタリア航空など)
ANAアメリカン・エキスプレス・カード その他航空会社とマイル提携なし
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード その他航空会社とマイル提携なし
ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード その他航空会社とマイル提携なし
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード 1%~2% スカイマイルのみに対応
・通常:100円につき1マイル
・海外でカード利用:100円につき1.3マイル
・デルタ航空の航空券購入、デルタ航空への支払いなどにカード利用:100円につき2マイル
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 1%~3% スカイマイルのみに対応
・通常:100円につき1マイル
・海外でカード利用:100円につき1.5マイル
・デルタ航空の航空券購入、デルタ航空への支払いなどにカード利用:100円につき3マイル
ペルソナSTACIAアメリカン・エキスプレス・カード その他航空会社とマイル提携なし
スターウッドプリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード 0.5%~約37% 42の航空会社と提携
マイルの比率
・3ポイントにつき1.1マイル
・3ポイントにつき1マイル
・6ポイントにつき1マイル
・200ポイントにつき1マイル
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード 50%~80% メンバーシップ・リワード・プラス未登録:2,000ポイントにつき1,000マイル交換
メンバーシップ・リワード・プラス登録:1,250ポイントにつき1,000マイル交換
17社の航空会社と提携(例:デルタ航空・チャイナエアライン・エールフランス/KLM航空など)
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード 50%~80% メンバーシップ・リワード・プラス未登録:2,000ポイントにつき1,000マイル交換
メンバーシップ・リワード・プラス登録:1,250ポイントにつき1,000マイル交換
17社の航空会社と提携(例:デルタ航空・チャイナエアライン・エールフランス/KLM航空など)
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード 50%~80% メンバーシップ・リワード・プラス未登録:2,000ポイントにつき1,000マイル交換
メンバーシップ・リワード・プラス登録:1,250ポイントにつき1,000マイル交換
17社の航空会社と提携(例:デルタ航空・チャイナエアライン・エールフランス/KLM航空など)

チャイナエアラインやシンガポール航空、その他提携航空会社との交換率は、「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」と「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード」が高い傾向です。

年会費は、「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」11,000円、「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード」38,500円とアメックスの普通カードと同程度です。

デルタ航空の利用機会がある場合は、ショッピングやフライトでもスカイマイルを獲得できる「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード」と「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の方がメリットもあります。

年会費については、「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード」13,200円、「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」28,600円と、こちらも「アメリカン・エキスプレス・カード」などと同程度です。

まとめ

アメックスカードは、ポイントとマイルどちらも対応しているタイプや、マイルのみに対応しているタイプなど多種多様です。ポイント還元率については、「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード」や「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」などが良い場合もあります。

アメックスカードのポイントやマイル還元率が気になる方は、今回の記事も参考にしながらアメックスカードを比較検討してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
菊地 祥

菊地 祥

FP3級技能士、投資信託4年目、株式投資8年目。2018年からフリーランスとしてwebライティングやメディア運営を行っています。また、webライターとしては株式投資や投資信託などをやさしく解説。