ビットコイン初心者ガイド – 最新ニュース・特徴・仕組み

ビットコイン初心者ガイドとは?

ビットコイン初心者ガイドではビットコインに関するさまざまなニュース、ビットコインの特徴について詳しく説明しています。

ビットコインとは?

ビットコインとは、暗号技術を駆使して構築されたピアツーピアのオンライン取引が可能な仮想通貨です。ビットコインは私たちが普段使用している紙幣などの法定通貨や企業が発行する電子マネーとは異なり発行主体がないため、世界中の誰もがインターネット上で口座を気軽に作成でき、スマートフォンを利用して代金の支払いや送金を個人間で行うことができます。また送金手数料はビットコインのエコシステム内で循環する仕組みとなっているのが特徴で、海外に送金しても金額は変わりません。ビットコインは暗号技術によって高いセキュリティが保たれており、QRコードをかざすだけで簡単にモバイル決済をすることも可能です。

ビットコインの仕組み

ビットコインの課題

ビットコインを購入できる国内のおすすめ仮想通貨取引所

ビットコインを購入できる国内のおすすめ仮想通貨取引所の一覧をまとめています。取引所の概要や特徴、取引手数料などについて詳しく解説していますので、取引所選びの参考としてください。

ビットコインに関する新着記事の一覧

ビットコインに関する国内・海外の最新ニュースをまとめています。

投資ニュース

2022.1.18 仮想通貨マーケットレポート【ビットコインは下げ切れない展開】

昨日のビットコイン相場は下落。43,000ドル挟んだ動きが続いていたが、その後ジリ安の展開となり、一時42,000ドルを割れて、本日早朝に41,000ドル台後半まで下落。しかし下記のチャートのようにサポートラインで綺麗にサポートされ回復する動きとなっており、なかなか下にも攻めれない動きとなっている。
投資ニュース

2022.1.13 仮想通貨マーケットレポート【ビットコインは反発基調が継続】

昨日のビットコイン相場は上昇。足元、米国での利上げ織り込みからほぼ織り込まれたことから株式市場の下落がストップ、反発する動きが続いている。昨日の米国CPIでも予想通りの結果となり、インフレがピークを迎えたと考えられ始めていることがビットコインの反発に繋がっている状況。
投資ニュース

2022.1.11 仮想通貨マーケットレポート【ビットコインは一時40,000ドル割れの水準へ】

昨日のビットコイン相場は急落する展開に。重要な節目となっていた40,000ドル台半ばのサポートラインを割り込み、一時39,500ドル付近までストップロスを巻き込み急落。しかしその後NY市場の後場の株価が反発する中でビットコインも短期的なロング勢のフローが入り41,000ドル台を回復する動きとなっている。
投資ニュース

2022.1.4 仮想通貨マーケットレポート【ビットコインは再度下値トライの動きに】

昨日のビットコイン相場は下落。47,000ドル台で上値が重く推移していたビットコインだが、その後45,000ドル台半ばまで下落しており、サポートラインを再度トライする動きに。しかし45,000ドル台では買いのフローが散見され、46,000ドル台半ばを回復する動きとなっている。
投資ニュース

2021.12.21 仮想通貨マーケットレポート【ビットコインのセンチメントは悪いものの底堅く推移】

昨日のビットコイン相場は一旦下落するも下落幅を取り戻す展開に。ビットコインは45,000ドル台まで一時下落するも、NY時間には47,000ドルを回復する動きも見せており、上値が重いものの下に突っ込むような雰囲気もまだないような動きとなっている。
投資ニュース

2021.12.17 仮想通貨マーケットレポート【ビットコインは上値を伸ばせず】

昨日のビットコイン相場はFOMC後の上昇分を吐き出す展開に。FOMC前には46,000ドル台後半から49,000ドル台まで上昇していたビットコインだが、昨日は米国株の上値が伸ばせない中、47,000ドル台まで調整する動きとなっており、なかなかビットコインの上値が伸ばせない地合いとなっている。
投資ニュース

2021.12.14 仮想通貨マーケットレポート【仮想通貨市場全体が下落】

昨日のビットコイン相場は下落。朝方には50,000ドルまで反発していたビットコインだが、NY時間から株式市場が下落する中、ビットコインも連れ安の展開となり下落。一時45,000ドル台まで下落しており、12月上旬のフラッシュクラッシュの安値に向けて、下落しそうなチャートになってきている。
投資ニュース

2021.12.10 仮想通貨マーケットレポート【ビットコインは再度下値模索か】

昨日のビットコイン相場は下落。50,000ドル台で推移していたが、ジリジリと値を下げる展開となり、一時48,000ドル割れの水準まで下落。フラッシュクラッシュの下値が42,000ドル付近のため、まだ距離はあるものの、流動性が薄くなりやすい中、大幅な値動きには注意が必要な雰囲気となってきている。
The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。