Liquid(旧QUOINEX)の口コミ・評判・口座開設

仮想通貨の流動性を高めるプラットフォームを提供する「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」

Liquid by Quoine(以下、Liquid)はQUOINE株式会社が運営する仮想通貨取引所で、仮想通貨の流動性の低さ解消をビジョンとしたLiquidプラットフォームを運営しています。Liquidは年間120億ドル以上の取引を行う世界でも有数の取引所で通貨ペア数も多く、他の取引所と比較してもグローバルな視点からのサービス提供が特徴となっています。

Liquid by Quoineの概要

取扱通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ビットコインキャッシュ(BCH / BCC)
・キャッシュ(QASH)
現物取引 取引所 ○:ビットコイン、イーサリアム、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ、QASH
販売所
レバレッジ取引 証拠金取引(仮想通貨FX) レバレッジ2倍、4倍、5倍、10倍、25倍(ビットコイン、イーサリアム、QASH)
信用取引
先物取引
その他サービス
各種手数料 法定通貨入出金手数料 ■法定通貨入金
銀行振込:振込者負担

■法定通貨出金
500円(銀行手数料はユーザー負担)

仮想通貨入出金(預入・送金)手数料 無料
現物取引手数料 無料
証拠金取引手数料 ポジション料:0.025%/日
信用取引手数料
先物取引手数料
その他手数料 ■仮想通貨誤入金回復手数料
入金数量の10%(処理手数料500QASH)
証拠金 ■証拠金率
1÷レバレッジ比率
追証基準
ロスカット基準 証拠金維持率110%未満
セキュリティ・安全性 SSLによる通信の暗号化
マルチシグネチャ採用
コールドウォレット管理
資産の分別管理
サーキットブレーカー制度
その他 アプリ
API公開
不正ログインに対する損失補償
法人口座開設 ■必要書類
・履歴事項全部証明書(発行から6か月以内)
・印鑑登録証明書(発行から6か月以内)
・取引担当者様の本人確認書類(上記参照)

※レバレッジ50倍まで利用可能
※取引担当者様と会社代表者様が異なる場合 : 委任状(実印押印)、実印の印鑑登録証明書(原本)の送付が必要
※宛先:〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-3 PMO平河町2階 QUOINE株式会社 法人口座開設担当

※2018年9月時点の情報となります。最新情報に関しては上記サイトをご覧ください。

Liquid by Quoineの最新情報

Liquid by Quoineのおすすめポイント

  1. Liquidプラットフォームによる流動性の確保された取引
  2. 業界最多の通貨ペア数317種類の取引可能
  3. 国内の取引所でQASHを取り扱う唯一の取引所
  4. QASHを利用した取引が可能
  5. LINEでのサポート体制で初心者も安心

Liquidプラットフォームによる流動性の確保された取引

仮想通貨マーケットはまだ成長期にあることから、取扱量が小さく流動性が担保されていない取引所も珍しくありません。Liquidプラットフォームは中核技術である「ワールドブック」によって、これまでBTC/JPY、BTC/USDなど建値通貨ペア毎の板に分かれていたユーザーの注文をリアルタイムで自動的に通貨換算されます。従来、通貨ペア毎に異なっている流動性を束ねて単一のオーダーブックに統合したことで、ユーザーは他の取引所で流動性の少ない通貨を選択した場合であっても、流動性が担保された安心な取引を行うことができます。

業界最多の通貨ペア数317種類の取引可能

Liquidは国内の仮想通貨取引所のなかで最も通貨ペア数が多く、317の通貨ペアの取り扱いをしています。Liquidプラットフォームによって、流動性が高く価格変動が小さい通貨ペアから、流通量が低いものの価格変動が大きく利益を狙うことができる通貨ペアまで、さまざまな組み合わせを選択できることが特徴です。

国内の取引所でQASHを取り扱う唯一の取引所

QASHは、Liquidが「金融サービスにおけるビットコイン」として開発したトークンです。金融機関やフィンテックスタートアップ、パートナー企業での決済方法としての採用を目指すもので、「Liquid」プラットフォームで利用が可能です。

QASHを利用した取引が可能

QASHによって購入できる通貨は74種類あり、今話題のXRPも購入可能です。今後QASHはLiquidトークンとして取引所で扱われる通貨ではなく、QUOINE社から切り離され独自の仮想通貨になります。

LINEでのサポート体制で初心者も安心

仮想通貨取引では株式投資の経験がある投資家でも理解が難しい専門用語があったり、入金や出金にも正しい手順をふまないと資金が消失してしまうこともめずらしくありません。Liquidではこうした悩みに応えるかたちでLINEでのサポートを実施する唯一の取引所です。投資初心者が多い仮想通貨投資マーケットのニーズをうまく汲み取ってくれているおすすめの取引所です。

Liquid by Quoineの運営会社

取引所名 Liquid by Quoine
取引所URL https://www.liquid.com/ja/
運営会社名 QUOINE株式会社
資本金 約20億円(資本準備金含む)
資本構成
設立年月日 2014年11月
代表者氏名 栢森 加里矢
代表者の略歴 東京大学法学部卒業、ハーバード大学MBA取得。三菱商事、Globespan Capital Partners、Softbankグループのシニアロールを歴任しテクノロジー、テレコミュニケーション分野でのビジネス、マネジメント、投資などの豊富な経験を積む。
本社所在地 東京都中央区京橋二丁目2番1号
会員数
加盟団体 一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会
一般社団法人 日本仮想通貨事業者協会(JCBA)
BLOCKCHAIN ALLIANCE
SINGAPORE FINTECH ASSOCIATION
ACCESS
仮想通貨交換業者登録 関東財務局長 第00002号
上場の有無

※2018年9月時点の情報となります。最新情報に関しては上記サイトを御覧ください。

Liquid by Quoineの口コミ・評判

QUOINEXの利用者1

他の取引所にはなかった銘柄を扱っていたので口座開設しました


目当ての仮想通貨が、すでに口座をもっている他の取引所にはなく、QUOINEXでは扱っていたので口座開設をしました。手続き自体は案内にしたがい、必要事項の入力や手続きを行えばよかったのでスムーズに完了しました。口座開設するまでの期間が短かったのも良かったです。手数料は他の仮想通貨取引所と同じぐらいだったので安心して取引できました。そして、事前にインターネットの口コミサイトや仮想通貨の投資情報誌でも紹介されていたので参考にしましたが、専門家による解説があり、口コミ評判がよかったところも魅力的に感じました。ただし使用感に関しては、サイトデザインが慣れるまで使いづらく、慣れている人向けという印象をもちました。さらに通信環境の問題もありますが、取引時にうまくつながらないこともあり、取引できずにエラーになることがあったのは残念です。
QUOINEXの利用者2

金融庁の認可を得た取引所ですので安心です


他の取引所で起こった仮想通貨流出事件以降、仮想通貨市場ではセキュリティ面への信頼性が重要視されています。その点、QUOINEXは日本で初となる金融庁の認可を得た取引所ですので安心です。いわば日本政府のお墨付きをもらっている取引所ということになります。QUOINEXの良い点は、入金、送金、BTC取引手数料が無料であることです。何かと手数料が設定されている仮想通貨取引において、手数料無料は大きなメリットといえます。しかしデメリットもあり、それはアプリの完成度の低さです。アプリはすぐに固まってしまいますし、内容も薄く、おおまかな値動きを把握するぐらいにしか利用できません。さらに出金口座の設定も住所やSWIFTコードなどの入力が求められるので、面倒に感じました。おもにタブレットやスマホから取引する方にはあまりおすすめできません。しかし、そのうち改善される可能性は高いです。

Liquid by Quoineの詳細を見る

Liquidの詳細を知りたい方、口座開設を希望される方は下記よりどうぞ。

その他の仮想通貨取引所・販売所も見る

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」