近所に仕事専用の個室スペースを。究極のテレワークスタイルを提案するベンチャーがFUNDINNOで2度目の資金調達へ

〈大手ITベンダーとの実証試験を準備中〉郊外の空部屋を“職場”にリプレイス!どこでも個室で仕事ができる世界を創る「テレスペセカンドハウス」

飲食店・カラオケ店などのテレワークプランやコワーキングスペースなどの“ワークスペースの空席状況”をリアルタイムに可視化する「テレスペ」を運営するテレワーク・テクノロジーズ株式会社は、株式投資型クラウドファンディング(CF)サービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で7月17日から7月19日まで募集による投資申込みを受け付ける。2020年11月に続く2回目の資金調達で、目標募集額756万円、上限応募額3024万円。1口9万円、1人5口まで。

テレワーク・テクノロジーズ社は、ワークスペースの空席状況をマップ上でリアルタイムに可視化するサービス「テレスペ」を運営するベンチャー企業。テレワーク需要が盛んになった20年8月にベータ版、21年1月に正式版の提供を開始した。ファンディーノにおける初回の募集では目標募集額1701万円、上限応募額6006万円に対し2275万円の募集を得て成約。大手ファミリーレストランチェーンや、大手カラオケチェーンでの「テレスペ」運用が開始され、特に大手カラオケチェーンでは、五反田と品川2店舗でのトライアルを経て21年7月現在で10店舗まで拡大した。また、飲食店の店舗を宅配・テイクアウト専門店にしたことにより、余った客席を、テレスペ専用の併設型コワーキングスペースとして運用するなど、様々な方法で拠点を増加した。

ワークスペースの空席状況をマップ上でリアルタイムに可視化するサービス「テレスペ」

一方で、テレスペを運営したことで、個人向けの一時的なワークスペースよりも法人向けの恒常的な1人用個室オフィスに需要があると気づいたという。ニーズに対応するため「1人用個室オフィス」に特化したサービスも提供していくこととし、フリーランスや大企業の社員向けに、稼働率が低下しているマンションやテナントの一角などの個室を「1人用個室オフィス」として提供するマッチングサービス「テレスペセカンドハウス」を提供する。また、7月7日からは個人向けに“午後6時からしか使えない仕事専用の小部屋”を提供する「コベヤワークス」サービスの提供を開始、法人向けと並行しシェア拡大を図る。

マンションやテナントの一角などの個室を「1人用個室オフィス」として提供するマッチングサービス「テレスペセカンドハウス」

2回目のプロジェクト名は「〈大手ITベンダーとの実証試験を準備中〉郊外の空部屋を“職場”にリプレイス!どこでも個室で仕事ができる世界を創る『テレスペセカンドハウス』」。国内のフレキシブルオフィス市場は、今後10年で約30倍の6兆円まで拡大するという予測があり、うち1人または少人数で利用する少人数利用市場は年間約6000億円と想定。同社はそのうち20%にあたる年間約1200億円規模の市場の獲得を目指す。2026年内に2万4000室以上のスペース獲得を計画、同年にIPO、売上高は約21.6億円を想定している。

現在、ファンディーノでは、2021年7月1日(木)00:00 〜 2021年8月31日(火)23:59まで投資家デビューキャンペーンを実施中。期間中にファンディーノで投資家登録を行い、アクティベートまで完了した先着2000人にAmazonギフト券(コードタイプ)1000円分をプレゼントする。本人確認の方法は3種類あり、本人確認方法によって登録完了までのフローが異なる。ギフト券は10月中旬以降、当選者宛に登録メールアドレスへ送付される。

FUNDINNO 投資家デビュー応援祭2021

【関連サイト】株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」
【関連ページ】FUNDINNO(ファンディーノ)の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」