SBIネオモバイル証券、SMBCグループによる出資完了。出資比率は20%

株式会社SBIネオモバイル証券は11月16日、株式会社三井住友フィナンシャルグループ(SMBCグループ)に対し、第三者割当による新株式の発行を実施したと発表した。SBI、SMBC両グループが今年7月30日に締結した資本・業務提携契約に基づくもので、発行は今月13日付。SMBCグループによるSBIネオモバイル証券への出資比率は20%となった。同日から、株式会社三井住友銀行と連携し、両社のWEBサイト、アプリなどで両社のサービスやキャンペーンを案内する導線を設置した。

資本提携は、両グループの有する幅広い顧客基盤や金融商品・サービスの活用で「新たな資産形成機会の提供」と「多様化するニーズに応えるサービスの開発」などの高度化を図る目的。7月30日の発表では、SBIネオモバイル証券が三井住友フィナンシャルグループに対し第三者割当による新株式の発行を実施。主に若年層に対してスマートフォンを通じた金融サービスの提供を実現していくとした。

SBIネオモバイル証券と三井住友銀行の業務提携では、両社の金融商品・サービスの相互紹介を開始。SBIネオモバイル証券の顧客に対し、外貨預金など三井住友銀行の幅広い資産形成ニーズに対応可能な商品を案内する。三井住友銀行の顧客に対しては、「Tポイント」を使って国内株式取引等が可能なSBIネオモバイル証券のサービス「ネオモバ」を紹介する。

また、SBIネオモバイル証券の顧客へ、三井住友銀行のファイナンス商品を案内し、若年層を中心に日常生活で発生する借入ニーズに対応。さらに、SBIネオモバイル証券と三井住友銀行間の資金移動について、相互に即時入出金が可能な仕組みを構築し、口座利用時の利便性を高めていく計画だ。

「今後、若年層及び投資初心者を中心として、顧客一人ひとりのニーズに合った中長期的な資産形成の実現に向け、引き続き検討を進めていく」(SBIネオモバイル証券)としている。


【関連記事】Tポイント投資「ネオモバ」の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」