ネットでの株式売買経験者は3割強、うち直近1年間で投資資金が減少した人は4割弱。マイボイスコム調査

インターネットでの株式売買経験者が取引したことがある証券会社はSBI証券、楽天証券、次いで野村證券、マネックス証券が拮抗している。伊藤忠グループのリサーチ企業マイボイスコム株式会社が9月14日発表した「ネット証券の利用に関するインターネット調査」は22回目の定例調査で、順位は前回から変動はなかったが、株式売買を見ると、直近の1年で投資資金は減少傾向にある。

調査は今年8月1日から5日に実施し、1万167件の回答を得た。最初に、インターネットでの株式売買経験を聞いたところ、ネットで株式の売買をしたことがある人は3割強、現在も売買している人は24.0%、男性30~70代では各3割強となっている。ネットで取引したことがある証券会社を複数回答で尋ねると、SBI証券が40.2%で首位、楽天証券が28.8%、野村證券、マネックス証券が各2割弱と、前回調査から大きな変化はなかった。

次いで、ネットでの株式売買経験者に直近1年間で投資資金が変化したかを聞いたところ、増加した人は「大きく増加した」「少し増加した」を合わせて2割強となった。減少した人は「少し減少した」「大きく減少した」を合わせて4割弱、19年調査と比べて増加していた。

ネットでの株式売買意向は3割、男性4割弱、女性2割強だった。うち、男性は10~40代で4割強。ネットで「現在も売買している」人は9割、「以前は売買していた人」では3割強、売買未経験者では8%と、ネットの株式売買の「現役組」が多い。

ネットでの株式売買意向者が、証券を取引する際に重視すること(複数回答)として、「取引手数料が安い」が73.2%、次いで「口座開設などの手続が簡単」「セキュリティが信頼できる」「取引ツールが使いやすい」が各30%台で並んだ。ネットで現在も売買している人では「取引手数料が安い」「取引ツールが使いやすい」、売買未経験者では「口座開設などの手続が簡単」の比率が高くなっている。

トップのSBI証券については、「手数料が安い。投資信託商品のラインナップが圧倒的」「アプリからの売買がわかりやすくて使いやすい」、楽天証券は「楽天銀行との組み合わせで預金金利が優遇される」「100円からでも購入可能なことと、ポイント購入もできるので」といった評価が寄せられている。

SBI証券は今月、顧客資産が不正に出金された問題が明らかになり、証券業界に衝撃が広がっている。金融庁は各社にネット取引の管理態勢を点検するよう要請、野村証券などの大手もネット上の手続きを一部停止した。次回の調査ではこうしたセキュリティをめぐる各社の対応が、回答に影響を与えることも予想される。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」