8月の公募投信、純資産総額は過去最高となる113兆円1,041億円に

投資信託および投資法人の発展を目指す自主規制団体である一般社団法人投資信託協会は9月13日、平成30年8月の投資信託概況を公表した

発表によると、公募投信の純資産総額は113兆1,041億円となり、過去最高となった。8月の公募株式投信の月間純資金流入額は6,470億円となり、8月末における総資産総額は過去最高となる100兆8,104億円となった。一方、8月の公社債投信の純資産総額は12兆2,937億円となった。

また、8月の私募投信の純資産総額は88兆2,127億円で、日本の個人金融資産における投資信託の割合は3月末時点で4%(速報ベース)となっている。

【参照URL】投資信託協会:直近データ(2018/08)

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチームは、ロボアドバイザーや金融知識が豊富なメンバーがロボアドバイザーの基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」