maneo(マネオ)の特徴・評判・口コミなど

maneo(マネオ)の特徴

maneo(マネオ)は、2008年にサービスを開始し、貸付総額も1000億円を超えている国内大手ソーシャルレンディングサービスです。また、非上場ではありますが、サイト上で業績を公開しており、すでに事業も黒字化を達成しています。参考利回り年5~8%、利息は毎月配分、成約手数料・事務手数料等はゼロという投資家に嬉しい特長があります。

企業情報 サイト名 maneo(マネオ)
URL https://www.maneo.jp/
運営会社名 maneoマーケット株式会社
本社所在地 東京都千代田区内幸町1丁目1番7号 NBF日比谷ビル24階
設立 2007年
代表取締役
資本金 3億851万8,500円
売上高 21億9,149万円(2017年3月期実績)
社員数 32名(2018年2月調査時点)
上場有無 非上場
サービス情報 サービス開始年月 2008年10月
参考利回り 5.0%~8.0%
投資金額 数万円から
投資実行額・応募総額 1,039億9,095万円(2018年1月時点)
運用期間の目安 最短2ヶ月~最長36ヶ月
元本毀損実績など 元本割れ0件(※2011年4月~2018年2月の期間)

※2018年2月時点の情報となります。最新情報に関しては上記サイトを御覧ください。

maneo(マネオ)の最新情報

maneo(マネオ)のおすすめポイント

  1. サービス開始10年目で、貸付の成立総額1,000億円超
  2. 利息は毎月配分
  3. 貸し倒れ0件(※2011年4月~2018年2月の期間)
  4. 成約手数料・事務手数料等はゼロ

サービス開始10年目で、貸付の成立総額1,000億円超

maneoは2008年からサービスを運用しており、ソーシャルレンディングの市場をけん引してきたリーディングカンパニーです。貸付の成立総額は1000億を超えており、サイト上で公開している会社の業績も黒字化しています。

利息は毎月配分

毎月28日(休、祝日の場合はよく営業日)に投資先からmaneoローンが返済された7営業日後、投資家様への投資口座へ分配します。ソーシャルレンディングは資金が数カ月から数年にわたって拘束されることになるので、分配があるのは投資家としても嬉しいポイントです。

貸し倒れ0件(※2011年4月~2018年2月の期間)

2011年4月に現在の経営者となってから、貸し倒れ0件の実績となっています。2017年3月に借入人の倒産案件が発生したものの、同年10月には元本の全額を回収しています。

成約手数料・事務手数料等はゼロ

投資口座を開設したら、投資口座内での投資実行や分配金入金に、振込手数料はかかりません。

maneo(マネオ)の詳細を見る

maneo(マネオ)の詳細を知りたい方、資料請求やセミナーを希望される方は下記よりどうぞ。

その他の不動産投資会社も見てみる

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」