「電動歯ブラシサブスク」のベンチャー、株式投資型CF「FUNDINNO」で5月22日募集開始

〈サービス開始1年で会員2.5万人突破!顧客継続率98%超〉月額たったの280円で使える電動歯ブラシのサブスクで今話題の「GALLEIDO」

日用品D2C(消費者直接取引)の「GALLEIDO(ガレイド)」を運営するSIKI株式会社は株式投資型クラウドファンディング(CF)「FUNDINNO(ファンディーノ)」で5月22日から24日、株主の募集を行う。目標募集額1250万円、上限応募額5千万円。投資金額および株数は10万円 1株、30万円3株、50万円5株の3コース。本件は成立するとエンジェル税制の優遇措置B(設立10年未満の企業への投資が対象、投資額全額をその年の他の株式譲渡益から控除可能)が適用される予定。また、株主優待として自社サービスに使用できるポイントの付与や商品の贈呈を行う。

同社は、月額280円(税込308円)から始められる電動歯ブラシのサブスク「GALLEIDO DENTAL MEMBER」などのサブスクリプションサービスを始め、日用品に特化したD2Cビジネスを手がける。日用品のD2Cサブスクリプションは海外では急速に発達しており、米国ではヒゲ剃りのサブスクサービスを提供するダラー・シェイブ・クラブ社が10億ドル(約1050億円)で買収されたり、電動歯ブラシのD2Cサブスクを提供するQuip社が4000万ドル(約43億円)の資金調達に成功するといったケースが発生している。SIKI社もこの可能性に注目、日用品に特化し、圧倒的な低価格化で、差別化と独自性の創出を図る。

月額280円(税込308円)から始められる電動歯ブラシのサブスク「GALLEIDO DENTAL MEMBER」

同社のGALLEIDO DENTAL MEMBERは、他社が電動歯ブラシを数万円で提供しているのに対し、同等の機能を持つ電動歯ブラシを無料で提供。さらに、替え歯ブラシを1本280円(税込308円)で提供するという圧倒的なコストパフォーマンスで顧客を獲得している。この価格は、OEM供給に実績のある製造企業とパートナーシップを結ぶことで原価を抑え、過去のビジネス実績をもとにした運送会社との安価での送料交渉で実現した。

OEM供給に実績のある製造企業とパートナーシップを結ぶことで原価を抑え、過去のビジネス実績をもとにした運送会社との安価での送料交渉で実現

また、オペレーションの内製化によりサービスのクオリティコントロールを自社で行えることも特徴。ユーザーからの問い合わせ対応から電動歯ブラシの保守対応など、顧客エンゲージメント(企業、商品、ブランドに対する愛着心など)につながる仕組みのすべてを自社リソースで行う。

さらに、電動歯ブラシの本体永久保証サービス、同梱割(複数のサブスクを同時に申し込むことで利用料を割引するサービス)、「お友達紹介サービス」などの販促企画も設けることで、他の商品カテゴリーへのクロスセル(別商品の購入)にも繋げていく。インドネシアなどを皮切りに海外展開も踏まえた販売チャネルの拡大も視野に入れる。2026にIPO、売上高約21億円を想定。同年までにサブスク契約数約56万を計画する。

【関連サイト】株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」
【関連ページ】FUNDINNO(ファンディーノ)の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」