SBI証券、保有資産診断ツール「ポトフォる」提供開始。 国内現物株の保有銘柄の適切な業種別リバランスを提案

株式会社SBI証券は9月4日からPCサイト、スマートフォン対応の保有資産診断ツール「ポトフォる」の提供を開始する。ユーザー自身の経済環境に対する予想・見通しに基づいて、 国内株式(現物)保有銘柄に対し適切な業種別リバランスプラン(ポートフォリオ)を提案するサービス。

経済環境に対するいくつかの質問に回答すると、 ご自身で選んだシナリオに合わせて、 保有銘柄のスコア、 関連するETFやレポートを表示、 分析結果に合わせて「購入」や「売却」など次のアクションをレコメンドしてくれる。

利用方法は、同社ウェブサイトの「My資産ページ」の右上の「診断(ポトフォる」をクリック、注意事項を確認し「ライトモード/プロモード」のどちらかを選択する。経済環境に関する5つの質問に回答すると、診断に進む。

ポートフォリオの提案は、過去5年間の各マクロ指標と「TOPIX-17」の業種別ETFシリーズの相関係数から判定する。

同サービスの分析・診断結果で表示する銘柄は、原則、 野村アセットマネジメント株式会社が運用するNEXT FUNDS「TOPIX-17」の業種別ETFシリーズおよび「NEXT FUNDS 東証銀行業株価指数連動型上場投信(1615)」のもの。

NEXT FUNDSは、野村AMが運用する国内籍ETFの残高および出来高シェア1位(同社調べ)のETFシリーズの統一ブランド。 なお、NEXT FUNDS「TOPIX-17」の業種別ETFシリーズは今年4月から、 東京証券取引所が制定するETFのマーケットメイク制度Version2.0の対象となっている。

【関連サイト】三井住友カード SBI証券キャンペーン
【関連サイト】三井住友カード
【関連サイト】SBI証券
【関連記事】三井住友カードの評判・口コミ
【関連記事】SBI証券の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」