SBI証券、国内株式個別銘柄分析レポート「REFINITIV STOCK REPORTS PLUS」提供開始

株式会社SBI証券は12月21日から、 国内株式個別銘柄分析レポート「REFINITIV STOCK REPORTS PLUS」の提供を開始した。同レポートは金融データ・プロバイダーのリフィニティブ・ジャパン株式会社が提供する国内株式の個別銘柄分析レポートで、個別企業の業績、財務の分析やリスクなどの情報が掲載されている。また、独自の定量的評価に基づいて、各個別銘柄に1から10までの点数をつけており、同業他社との相対比較での評価を確認することもできる。別銘柄に関する詳細データが、コンパクトに視覚化されて掲載されているため、個別銘柄情報を効率的に収集できるのが特徴。

リフィニティブ社は同レポートについて「株式評価プロセスの単純化、新たなトレーディング・アイデアの発見、業界動向の把握を支援する。透明性の高さと分かりやすさを重視した独自の銘柄レーティングでは、収益、ファンダメンタルズ、相対バリュエーション、株価モメンタム、リスク、インサイダー取引の重要なトレンドを分析。50 の市場のグローバル企業に関する独立調査、レーティング、マーケット・データを組み合わせたこのレポートでは、過去のコンテキストを踏まえて現在のデータを分析することで、株式のパフォーマンスをより正確に予測する」と説明している。

SBI証券総合口座を持っていれば、同社ウェブサイト、「SBI証券株」アプリ、 HYPER SBIで閲覧が可能。同社は「今後も業界最低水準の格安手数料で業界最高水準のサービスを実現するべく、商品・サービスの拡充に努め、個人投資家の資産形成を支援していく」と意欲を見せる。

なお、レポートは日本証券業協会規則で規定される「アナリスト・レポート」ではないので注意。本文中で表示される「目標株価」や「アナリストレーティング」は対象銘柄をカバーしているアナリストが発表するデータの平均値を基に表示されている。

【関連サイト】SBI証券
【関連記事】SBI証券の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」