楽天証券、「いちにち信用」金利・貸株料の年率0%枠を引き下げ、業界最低水準に

楽天証券株式会社は、一般信用取引「いちにち信用」の買方金利・貸株料を7月19日の約定分から改訂、業界最低水準の1約定50万円以上を年率0%とする。

いちにち信用とは、 当日中に返済を行うデイトレードに特化した一般信用取引サービスで、 取引手数料と現引・現渡手数料無料で利用可能。今回の改定では取引にかかる買方金利・貸株料を年率0%で利用できる金額を、 これまでの1回の約定代金100万円以上から50万円以上に引き下げる。取引手数料、現引・現渡手数料はこれまで通り0円、買方金利(年率)、1.80%、貸株料(年率)もいずれも1.80%に据え置く。

同社は「個人投資家の裾野拡大」として、初心者にも利用しやすい各種サービスの提供と同時に、株式取引をはじめとするトレーディングサービスの拡充や手数料の見直しなどを常に実施している、特に、低コスト化では、1日の国内株式取引金額(現物・信用の合算)合計額に対して手数料がかかっていた「いちにち定額コース」で合計100万円まで取引手数料無料とし、1回の取引金額で取引手数料が決まる「超割コース」では、取引手数料の1~2%分が「楽天ポイント」などで還元されるポイントプログラムなども実施。取引手数料の低価格化競争では、auカブコム証券、 SBI証券、 松井証券、 マネックス証券の上位企業をけん制している。

【関連サイト】楽天証券
【関連記事】楽天証券の投資信託の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」