楽天証券のトレーディングアプリ「iSPEED」が500万DLを突破

楽天証券株式会社のスマートフォン向けトレーディングアプリ「iSPEED」シリーズの累計ダウンロード数が2月、500万ダウンロード(DL)を突破した。3月2日付の発表によると2020年6月に400万DLを突破してから過去最短の約8カ月で100万ダウンロード増となった。

iSPEEDは、投資に必要な株価・為替の情報や企業情報、ニュース、チャートの閲覧などから注文までを簡単に操作できるアプリ。iPhone、Android、iPadに対応しており、初心者でも直観的に操作できる画面デザイン、スピーディな取引環境、パソコン並みの多彩な投資情報・分析機能の提供を重視し、継続的な機能追加や改善を行っている。

中でもスマホでの取引は増加傾向にあり、国内株式、FX、先物・オプションの取引のうち同アプリの利用者は、それぞれ64.0%、80.5%、74.7%を占める。さらに20年4月には主要ネット証券初で唯一、1つのアプリで国内株式・米国株式の取引が行えるようになり、米国株式でも59.2%のユーザーが同アプリを利用して取引している。

同社では、各種利用デバイスを使い分けられ、豊富な投資情報やアルゴリズム取引など最新の注文方法、分析機能を搭載したパソコン向けトレーディングツール「MARKETSPEED」シリーズも提供している。加えてコールセンターや24時間自動応答可能なAIチャット、ウェブ上でオペレータがサポートする有人チャットなど、サポート体制も充実。ユーザーは投資初心者からアクティブトレーダーまで広がっており、口座開設数は18年から3年連続業界最多。近年は口座開設したユーザーの約66%が30代以下とスマホの利用率が高い若年層が増え、iSPEEDの利用者増に拍車をかけているようだ。

【関連サイト】楽天証券
【関連記事】楽天証券の投資信託の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」