PayPay証券「ボーナス運用」運用者500万人を達成。記念キャンペーン開始

PayPay証券株式会社とPayPay株式会社は12月22日、提供中の投資疑似運用体験サービス「ボーナス運用」の運用者が500万人を突破したと発表した。2020年4月のサービス提供開始から約1年7ヶ月での達成となり、両社は記念キャンペーンを同日から26日まで実施する。

ボーナス運用は、特典やキャンペーンなどの適⽤で進呈される「PayPayボーナス」を、PayPay証券が提供する独自のポイントに交換、疑似運用体験ができる。「投資のハードルを下げ、より気軽に投資を体験して欲しい」として、キャッシュレス決済サービス「PayPay」のミニアプリで提供している。

サービス提供開始から1年で300万運用者を突破し、約7ヶ月で200万超の運用者を増やした。登録数が4400万人超のPayPayユーザーの約8人に1人がボーナス運用を利用していることになる。

キャンペーンは、期間中にPayPay証券のTwitter公式アカウントをフォローし、「キャンペーン応募用ツイート」をリツイートすると、抽選で毎日100人に500円相当のPayPayボーナスをプレゼント。抽選は、 その場で「あたり」「はずれ」が通知される。当選しなかった場合も、ボーナス運用内の「シェア機能」を利用してTwitterで投稿を行うと、抽選で100名に500円分のPayPayボーナスをプレゼントするWチャンスがある。 当選者へは後日TwitterのダイレクトメッセージでPayPayボーナスの取得方法を案内する予定だ。

日本でキャッシュレス決済サービスの先駆けとなったPayPayは、大型チェーン店をはじめ、中小規模の店舗や、自動販売機、タクシー、公共交通機関などへの支払いなどに拡大中。また、 ユーザー間でPayPay残高(PayPayマネーおよびPayPayマネーライト)を手数料無料で「送る・受け取る」(送金または譲渡とその受け取り)機能や、ボーナス運用など決済以外にも利用方法が広がっている。

PayPayマネーとPayPayマネーライト、PayPayボーナス、PayPayボーナスライトの4種類がある。PayPayマネーはPayPay所定の本人確認手続きを経て開設したPayPayアカウントへ入金した金額の範囲内で、提携サービスや加盟店での決済に使える。また、PayPayマネーを払い出して指定した銀行口座に入金することも可能で、PayPay銀行を指定した場合、 払出手数料は無料。

【関連サイト】PayPay証券
【関連記事】PayPay証券の評判・口コミ
【関連記事】PayPay証券のキャンペーン情報

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」