貸付投資のFunds、シリーズCラウンドで総額約20億円の資金調達。キャンペーンも開始

貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds(ファンズ)」を運営するファンズ株式会社は4月27日、既存株主であるグローバル・ブレイン、B Dash Ventures、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、三菱UFJキャピタル、みずほキャピタル、AGキャピタル、新規引受先のANRI、日本郵政キャピタル、メルペイなどを引受先とした第三者割当増資により総額約20億円の資金調達を実施したと発表した。この調達により累計調達額は約32億円になった。今回調達した資金はファンド募集拡大、サービス拡充、コンプライアンス体制強化を目指し、人員体制の増強および認知向上を目的としたマーケティング活動などに充当していく。

同社はファンズの運営を通じて、個人投資家向けには間接的な貸出による予定利回り型の運用機会を、企業向けには機動的かつ柔軟なデット性の資金調達手段を提供してきた。2019年1月にリリースして以来、約2年で投資家登録数は3万名を突破し、これまでに募集を行った貸付ファンドは累計73本、95%が満額成立している。1企業あたりの調達額は最大12億円、平均2.3億円。公開したファンドのうち約8割が3時間以内に満額申込を達成、分配遅延・貸し倒れは0件(2021年3月末現在)。

また、利用企業の約8割が上場企業で、うち上場企業利用社数国内1位(同社調べ)であり、既存の資金調達チャネルを補完する新たな調達手段として利用が広がっている。

シリーズCラウンドは、スタートアップ企業の経営が黒字安定化し、IPOやM&Aを視野に入れた段階での資金調達。投資金額は数億円~十数億円以上の規模となる。

ファンズは企業間の貸付に対する投資を扱っており、ミドルリスク、ミドルリターンの商品性(予定利回り1~3%程度)、1円単位での少額投資が可能な点、投資にかかる手数料が無料である点など、投資家に配慮している。さらに、常勤の弁護士2名、会計士2名がおり、内部監査室の設置を行うなど、ファンド審査や組織運営の質・透明性、信頼性の向上に努めている点も特徴だ。

資金調達の発表に合わせ、インフォグラフィックスとして「数字で振り返るこれまでのFunds」を公開している。

さらに「口座開設&資産運用応援キャンペーン」と「twitterキャンペーン」を開始した。口座開設&資産運用応援キャンペーンは、対象期間中(4月27日~6月9日)に口座開設した人から抽選で100名に1000円分のAmazonギフト券をプレゼント。さらに新規口座開設のうえ、累計10万円以上投資すると、抽選で10名に1万円分のAmazonギフト券をプレゼントする。twitterキャンペーンは、対象期間中にFundsTwitter公式アカウントをフォローし、対象ツイートをリツイートした人から抽選で10名にAmazonギフト券1000円分をプレゼントする。

【関連サイト】オンライン貸付ファンド「Funds」
【関連記事】Fundsの評判・特徴

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチームは、ソーシャルレンディングや金融知識が豊富なメンバーがソーシャルレンディングの基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」