高年収層はスタートアップ投資に興味?ファンディーノが年収層別に意識調査

株式会社FUNDINNO(ファンディーノ)は9月7日、「年収層の違いによるスタートアップ投資の意識調査」の結果を発表した。調査は株式投資を実施しているIT企業の会社員で年収1500万円以上105人と、株式投資を実施しているIT企業の会社員で年収500万円以上800万円以下の111人を対象に、8月18日から25日にかけ実施。年収1000万層は25.7%、年収1000万以下層は16.2%と、9.5ポイントの差が見られた。

最初に、スタートアップへの印象(複数回答)」を質問したところ、年収1500万円以上からは「事業のスピード感が早い」が66.7%、 「革新的なビジネスモデルを持っている」が50.5%、 年収500万円以上800万円以下からは「事業のスピード感が早い」が52.3%、「革新的なビジネスモデルを持っている」が35.1% という回答が得られた。スピード感やビジネスモデルへの評価は、回答者の年収に比例して高くなった。

「わからない/答えられない」以外を回答した人に自由回答で印象を質問したところ、年収1,500万円以上からは 「新しい事へのチャレンジ」や「事業展開が積極的」、年収500万円以上800万円以下からは 「成功するか短期で解散するかの2択」や「若い起業家がスピード感を持って何か新しいことをしているイメージ」 などの回答を得た。「ハイリスク・ハイリターン」「失敗する可能性も大」「株価の動きが荒い」といった回答も一定数あった。

上場前のスタートアップへの投資に興味があるかを質問したところ、年収1500万円以上からは 「非常にそう思う」20.9%、 「ややそう思う」46.7%で合わせて67.6%が興味を示した。年収500万円以上800万円以下は 「非常にそう思う」7.3%、「ややそう思う」が45.9% で合わせて53.2%となり、年収1500万円以上の層と差が出た。

既に上場前のスタートアップへ投資を実施しているかを訊く質問では、年収1500万円以上は 「実施している」13.3%、「実施したことはあるが今はしていない」が12.4%、 年収500万円以上800万円以下は 「実施している」7.2%、「実施したことはあるが今はしていない」が9%だった。実施していないのは年収1500万円以上で73.3%、年収500万円以上800万円以下で75.7%と、大きな差は見られなかった。

「実施している」「実施したことはあるが今はしていない」と回答した人に「スタートアップへの投資を実施した理由」を質問(複数回答)」したところ、年収1500万円以上からは 「投資がかなりチャンスだと思うから」が59.3%、「社会貢献性が高く、 多くの機会を掴んで欲しいから」が48.1%だった。一方、年収500万円以上800万円以下からは「投資がかなりチャンスだと思うから」が83.3%で、年収1500万円以上を上回った。「社会貢献性が高く、 多くの機会を掴んで欲しいから」は44.4%でほぼ同水準だった。

さらに、スタートアップへの投資を実施した理由を自由回答で質問すると、 年収1500万円以上では「面白そうだった」「日本の成長に必要であり、 投資リターンも期待できるから」といった回答があった。年収500万円以上800万円以下は 「先行投資」や「将来性があるから」 といった回答が寄せられた。

「興味がある」と回答したが「実施したことがない」と回答した人に「スタートアップへの投資に対するハードル/課題」を複数回答で挙げてもらうと、年収1500万円以上からは 「投資をする機会がない」が51.1%、2位が「情報収集をする時間がない」の48.9%。年収500万円以上800万円以下では「情報収集をする時間がない」が58.1%で、「投資をする機会がない」34.9%を上回った。

他に投資のハードルとして、年収1500万円以上は 「投資方法が分からない」「スタートアップ企業の情報に接する機会が無い」、年収500万円以上800万円以下は 「ハイリスク・ハイリターン」や「情報の信頼性が低い」といった理由を挙げた。

最後に、スタートアップへ投資する場合の限度額の金額幅を質問。年収1500万円以上は 「10万円未満」8.7%、「10万円以上50万円未満」17.1%で、年収500万円以上800万円以下は「10万円未満」19.9%、「10万円以上50万円未満」が31.5%。年収500万円以上800万円のほうが「10万円以上」の回答が多いという結果となった。

しかし、限度額が50万円以上になると、年収1500万円以上は「100万円以上200万円未満」11.4%、「200万円以上500万円未満」7.6%、「500万円以上1000万円未満」13.3%、「1000万円以上」15.2%だったのに対し、年収500万円以上800万円は「100万円以上200万円未満」9.9%、「200万円以上500万円未満」1.8%で、「500万円以上1000万円未満」は0.9%、「1000万円以上」は1.8%にとどまった。

同社は「今回の調査から『将来性』や『リターン』に期待する声が上がる一方で『投資をする機会がない』『情報収集する時間がない』という課題がある。 東証の再編や円高の影響など日々投資環境が変動している中、スタートアップ投資への注目度も高まってきているが、情報の不確定要素が多く、年収によっては投資を踏みとどまる実態も明らかになった」と分析。 また、「未来あるスタートアップ企業への投資は企業の情報や投資の方法などが不透明で、『ハイリスク・ハイリターン』なギャンブル性が強いイメージを持つ人が多いことも課題。 こうしたイメージの払しょくが、日本の未来を支える企業のサポートに繋がるのでは」としめくくっている。

【関連サイト】株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」
【関連ページ】FUNDINNO(ファンディーノ)の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」