Fintertechが貸付型クラウドファンディング「Funvest(ファンベスト)」開始。SDGsや社会貢献につながるファンドも

Fintertech(フィンターテック)株式会社は11月24日、貸付型クラウドファンディング(CF)サービス「Funvest(ファンベスト)」の提供を開始した。投資家からの出資金をもとに国内外の借手に貸付を行う。「未来をわかちあう投資」をうたい、会員登録申し込みを受け付けている。

同サービスで、投資家は匿名組合出資としてファンドに出資し、フィンターテック社が資金運用を行う。借手から得られる金利収入が投資家へのリターンの源泉となり、自ら運用管理を行うことなく、リターンの獲得が期待できるのが特徴。

国内の不動産業を営む法人(不動産SPCを含む)、海外のファイナンス会社(銀行、ノンバンク)を貸付先とし、想定利回り2~3%中心のミドルリスク・ミドルリターンのラインナップを提供していく予定だ。国内外の質の高い借手を厳選しつつ、SDGsや社会貢献につながるファンドもラインナップしていく。

第1号ファンドは、モンゴル国の商業銀行「Trade & Development Bank of Mongolia, LLC(モンゴル貿易開発銀行)」に対し、同行が行うSDGs関連事業向け融資を資金の目的として、貸付け運用する。為替ヘッジありの商品となっており、米ドル建てで貸付を行いながら、為替へッジを行うことで為替リスクの低減を図っている。

サービス名称のファンベストは、Fun(楽しい)+Invest(投資)という造語。ファンド発掘から運営まで、厳格な審査体制のもと「安心して楽しみながら」(同社)投資できる投資機会を提供する。当初は個人投資家向けに提供し、今後は法人向けの提供も検討していく。

フィンターテックは株式会社大和証券グループ本社と株式会社クレディセゾンの合弁会社。両社が培ってきた金融ビジネスのノウハウを礎に、最先端のテクノロジーの活用や外部企業との連携により次世代金融サービスを機動的にかつ柔軟に創出することを目指す。暗号資産を担保とする「デジタルアセット担保ローン事業」、オンライン投げ銭SaaSの「KASSAI事業」、投資目的で不動産を購入する際の資金を融資する「不動産投資プライムローン」を展開している。

【関連サイト】貸付型クラウドファンディング「Funvest(ファンベスト)」
【関連サイト】Fintertech株式会社

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定サービスの利用・投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチームは、ソーシャルレンディングや金融知識が豊富なメンバーがソーシャルレンディングの基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」