融資型CFのバンカーズ、累計出資総額100億円突破。記念キャンペーン開始

融資型クラウドファンディング(CF)プラットフォーム「Bankers(バンカーズ)」が募集する融資型ファンドの出資総額が累計で100億円を超えた。

バンカーズは2020年12月にサービス開始、融資型CFという形態で投資家を増やす。その後、運営元の株式会社バンカーズは、ソーシャルレンディング事業から撤退した旧SBIソーシャルレンディング株式会社の株式を取得、22年から事業継承を行い、SBIソーシャルレンディング社の投資家に投資機会を提供している。

また、さまざまなファイナンススキームを駆使したファンドの組成・販売によって、借手企業の資金ニーズを融資型ファンドという投資商品としてきた。「ファイナンスプラットフォームの育成に邁進することで、サービス開始から22ヶ月という業界最速(バンカーズ社調べ)での累計出資総額100億円突破を実現できた」としている。

SBIソーシャルレンディング社の不祥事による事業撤退は、投資家の間でソーシャルレンディングの運営手法に疑念が示されたが、バンカーズの累計出資増は、投資家からの信頼回復とも読み取れる。

2022年10月1日から2022年11月30日まで、「累計出資金額100億円突破キャンペーン」を実施する。期間中の累計出資金額に応じて最大10万円分の選べるe-GIFTをプレゼントする「投資大キャンペーン」を開催。さらに、それぞれ1名、10名、100名、1,000名に豪華景品が当たる抽選イベントも並行して実施する。

【関連サイト】バンカーズ
【関連ページ】バンカーズの評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチームは、ソーシャルレンディングや金融知識が豊富なメンバーがソーシャルレンディングの基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」