アップル2021年10~12月期、売上・純利益ともに過去最高

※ このページには広告・PRが含まれています

米アップル(ティッカーシンボル:AAPL)が1月27日に発表した2021年10~12月期決算は、売上高と純利益ともに過去最高を達成した(*1)。世界的に半導体が不足するなか、主力製品である「iPhone」などの販売が好調だった。好決算を受け、決算翌日の28日の株価は約7%上昇し、31日時点でも維持している(*2)。

売上高は前年同期比11%増の1,239億4,500万ドル(約14兆2,000億円、1ドル=115円換算)、純利益は同20%増の346億3000万ドルだった。製品・サービス別の売上高は、タブレット端末「iPad」を除く、すべてのカテゴリーでアナリスト予想を上回った。iPhoneの売上高は同9%増の716億2,800万ドル。供給制約にもかかわらず、2021年9月にリリースした「iPhone13」の販売が好調だった。アプリや音楽・動画配信などサービス部門の売上高は同25%増の195億1,600万ドルとなった。同部門は最も収益性が高い事業体であり、粗利益率が市場予想を上回るのに寄与したという(*3)。

「Apple Watch」や「AirPods」などの「ウェアラブル、ホーム、アクセサリー」部門は同13%増の147億100万ドルだった。「Mac」の売上高は同25%増の108億5,200万ドル。独自設計した半導体「M1」搭載の「MacBook Pro」の販売が好調だった。一方、「iPad」は同14%減の72億4,800万ドルだった。半導体不足の影響が大きいなか、アップルは他の製品の製造を優先している模様だ。

世界的に半導体が不足するなか、ティム・クック最高経営責任者(CEO)は「供給制約は1~3月期には前期より緩和する」との見通しを示した(*1)。また、「レガシーノード(最先端のプロセスを必要としない半導体)」の供給が最大の問題になっているという。

新型コロナのパンデミックにより不確実性が続くため、売上高の予想数値を示さなかったが、クックCEOは1~3月期に堅調な売上高成長を見込んでいるとCNBCは報じている(*3)。

【参照記事】*1 アップル「Apple Reports First Quarter Results
【参照記事】*2 Yahoo!ファイナンス「アップル
【参照記事】*3 CNBC「Apple revenue pops 11% to $123.9 billion, Cook says supply chain improving

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」