地域宿泊施設向けDX化ツールのあめつちデザインがFUNDINNOで株式投資型CF

地域創生の最新ビジネスモデル。体験EC × DXサービス《cocodake(ココダケ)》で宿がご当地ショールームに変わる

宿泊施設向けDX化ツール「cocodake(ココダケ)」を提供するあめつちデザイン株式会社は、株式投資型クラウドファンディング(CF)サービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で5月19日から23日まで、募集による投資申し込みの受付を開始する。目標募集金額1800万円、上限募集額4000万で、投資金額は1口10万円100株、1人5口まで。

同社が開発したココダケは、宿泊施設の客室に設置しているタブレットや宿泊者のスマートフォンで利用するツーリズムコミュニケーションツール。従来は印刷物などで行っていた施設や地域の案内をデジタル化し、最新の情報を配信する機能と、館内で体験したモノやコトをオンラインで購入できるEコマース機能を持つ。Eコマースで販売する商品と施設内での体験を結びつけることで「客室や館内の共有スペースが丸ごと商品のショールームになる」(同社)のが売り。

宿泊施設向けDX化ツール「cocodake(ココダケ)」

特徴は、製造販売業者(モノづくり事業者)と宿泊施設のマーケットプレイスが実装されている点。宿泊施設は、ココダケに登録されている商品を選び、製造業者と連携して宿泊客向けにオンラインで簡単に販売できる。地方の宿泊施設と体験、ECサービスは複数存在するが、同社はEコマースで新たな収益源を提供する点、初期費用5万円(税別)と月額システム利用料(部屋数×プラン代金)のみの低コストでDX化が実現できる点を差別化要素とし、「地域創生につながる体験型Eコマース」を打ち出す。

製造販売業者(モノづくり事業者)と宿泊施設のマーケットプレイス

21年2月、飛騨エリアの高級宿泊施設5施設への導入を機に運用を開始。今年4月時点で13件の宿泊施設に導入されている。また、今年1月にスマートフォン版をリリース、利便性を高めた。今後は、顧客体験を向上させるUI(ユーザーインターフェイス)の改修、機能の追加を随時進めていく。また、事業者向けリサーチサービス「cocoshiru(ココシル)」をメーカー向けに開発、提供するなど、サービスの幅も広げる。

将来は、技術を応用し、「ココダケ(スマホ街歩き版)」として、観光地などにある他の業種にも展開し、地域創生への取り組みを「点から線、線から面で」推進していく構想。具体的には、飲食店、道の駅、観光施設など、宿泊客が一定時間滞在するリアルな空間で、地元情報とその地域ならではのモノ・コト体験を提供し、地域全体を街歩きしてもらう取り組みを行っていく。

ココダケ(スマホ街歩き版)

東アジアの富裕層を対象とした海外の旅行者向けにもサービスを展開、成長を目指す。マイルストーンは2028年にIPOを予定、売上高約25億円を想定。同年までに導入客室数約2万5000室以上をKPIとする。同社はエンジェル税制確認企業(プランA)。成立した場合、ココダケの導入施設の宿泊が優待価格となる株主優待も予定する。

【関連サイト】株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」
【関連ページ】FUNDINNO(ファンディーノ)の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」