SMBC日興証券の口座開設の流れは?スマホ・PC画面付きでそれぞれ解説

日興フロッギーといった、新しい投資初心者向けサービスも提供しているSMBC日興証券。これから資産運用を始める人の中には、SMBC日興証券で口座開設を検討している人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、SMBC日興証券の口座開設の流れや申込方法について、スマホ・PCそれぞれの流れを解説します。

目次

  1. スマホでの口座開設手続き(ダイレクトコース)
    1-1.基本情報の入力
    1-2.本人確認情報の提出
    1-3.規約の確認と初期設定
    1-4.申込手続き完了の書類受取
  2. スマホでの口座開設手続き・郵送の場合(ダイレクトコース)
  3. PCでの口座開設手続き
    3-1.公式サイトへアクセス
    3-2.スマホと同じ流れで口座開設申込完了
  4. まとめ

1.スマホでの口座開設手続き(ダイレクトコース)

SMBC日興証券の口座開設手続きでは、基本情報の入力から始まり本人確認書類の提出、初期設定へと進みます。申込手続きから取引開始までの目安は約3日程度です。なお、2021年7月よりスマートフォンでの口座開設に、スマホでかんたん顔認証(eKYC)が導入されており、最短即日で口座開設が可能(ダイレクトコースのみ)となっています。

ちなみにSMBC日興証券ではダイレクトコース・総合コースの2種類があり、ダイレクトコースは自身の判断で売買するコースで、総合コースは担当者のアドバイスを受けながら売買したり資産運用を行ったりするコースです。

ここではスマホでの口座開設手続き(ダイレクトコース)を確認していきます。

1-1.基本情報の入力

まずはSMBC日興証券の公式サイトへアクセスし、「口座開設」をクリックします。

「口座開設」をタップすると、下記の画面へ移るので「ネットで口座開設」の「今すぐ口座開設(無料)」タップします。

さらに「口座開設」のタップ後は、規約などに関する画面に移るので、各内容を確認後「同意して口座開設」をタップしましょう。

次の画面では基本情報の入力画面へ移るので、氏名やふりがな、住所や生年月日などを入力します。また、生年月日や氏名を間違えないよう、入力後に確認した上で次の手続きへ進むのが大切です。

万が一内容が誤っていると、本人確認書類に記載されている個人情報と不一致になり、審査落ちの原因につながります。時間をかけて入力しても問題ありませんので、丁寧に進めるのが大切です。

ちなみに基本情報の入力項目は、氏名を含め以下の入力を求められます。

  • 氏名
  • 氏名のふりがな
  • 性別
  • 生年月日
  • 電話番号(自宅、携帯電話可)
  • メールアドレス(案内メールの受信などに必要のため、日頃使用しているアドレスがおすすめ)
  • 自宅の住所
  • 郵便番号

上記の情報を入力し終え次の画面へ移ると、国籍や職業、勤め先(上場企業)の重要な情報を知ることができる立場について入力を求められます。

3点の情報を入力したら、本人確認書類へ進むという流れです。

1-2.本人確認情報の提出

SMBC日興証券をはじめとした金融機関では、口座開設時に本人確認書類を提出しなければいけません。

本人確認書類の提出方法は、SMBC日興証券公式サイトへ画像をアップロードする方法と郵送の2種類から選択します。

画像アップロードを選択した場合は、印鑑や紙書類の提出などは不要です。アップロードを行うためには、まずスマホへ本人確認書類の画像を保存する必要があります。

具体的には、あらかじめスマホのカメラアプリで本人確認書類を撮影し保存します。そして、SMBC日興証券の本人確認書類手続きのページに表示されている、「画像をアップロード」をタップし撮影した画像をアップロードするという流れになります。

SMBC日興証券は、マイナンバーカード1枚もしくは通知カードと「指定の本人確認書類」の合計2枚の提出を求めています。「指定の本人確認書類」とは、以下の証明書のことです。

【Web上にアップロードする場合:指定の本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート

マイナンバーカードを作成していなければ、通知カードと上記2種類のうち1点を添付しなければいけません。

提出前には、書類が有効期限切れや変更前の情報(住所が異なるなど)ではないかなど、確認しておくことをおすすめします。

ちなみに本人確認書類の提出に関して郵送を選択した場合、マイナンバーカード1枚もしくは通知カード(裏面、表面のコピー)と指定の本人確認書類1点(写真なしは2点)、通知カードもなければ住民票の写しと指定の本人確認書類1点を提出します。

指定の本人確認書類は以下の内容です。

  • 運転免許証(写真あり)
  • パスポート(写真あり)
  • 福祉手帳(写真あり)
  • 健康保険証
  • 国民年金手帳
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票の写し

写真なしとありで、提出すべき書類の数が異なる点に注意が必要です。

1-3.規約の確認と初期設定

本人確認書類の提出完了後は、振込先金融機関や納税方式、NISA口座の有無や規約の確認作業を進めます。

まずは出金先の金融機関を設定します。出金先金融機関は、SMBC日興証券の口座から自身の口座へ資金を振り込むために必要です。投資のために作成した口座があれば、金融機関名と普通・当座の選択、口座番号を登録しましょう。また、投資以外で日常的に活用している、本人名義の口座も登録可能です。

次は納税方式や配当金の受取方法、NISA口座について選択します。納税方式については、「特定口座の源泉徴収あり」が初心者にとっても利用しやすい方式です。特定口座の源泉徴収ありは、取引の収支計算から確定申告まで証券会社が代行してくれるため、帳簿付けや確定申告の負担を抑えられます。

配当金の受取方法は、「株式数比例配分方式」でも問題ありません。株式数比例配分方式は、配当金を証券会社の口座で受け取る方式で、資金の流れを把握しやすいのが特徴です。なお、口座開設後でも設定は変えられます。

NISA口座は投資による利益を非課税にできる(上限あり)メリットの大きい制度ですが、1つの金融機関でしか開設・利用ができないため、今後SMBC日興証券をメインで利用する予定であれば開設しておきましょう。

上記の設定後は規約を確認し、同意ボタンをタップします。申込手続きは以上で完了です。

1-4.申込手続き完了の通知後取引開始

eKYC以外で口座開設申込手続きが完了した後は、最短3日の審査期間を経て正式に口座が開設されます。また、口座開設時に口座番号と仮パスワードが発行されるので、ログイン後にパスワードを改めて設定しましょう。ちなみにセキュリティの関係上パスワードは、複雑な内容にするのが基本です。

本パスワードにてログイン後は入金操作を行い、株式投資などの取引を始められます。

2.スマホでの口座開設手続き・郵送の場合(ダイレクトコース)

SMBC日興証券ではスマホで口座開設手続きを開始し、必要事項を郵送にて進めることもできます。郵送の場合は申込書類を送付してもらい、紙書類にて規約確認と必要事項の記述、本人確認書類の写しを同封し返送します。

返送後は審査期間に入り、審査通過となれば仮ログインパスワードと日興カードを簡易書留でそれぞれ郵送にて受け取ります。Web上での手続きと同じく仮ログインパスワードでSMBC日興証券の口座へログインし、改めてパスワードを設定します。

ログインカードと同封されている日興カードは、キャッシュカードで国内のATMで入出金操作できます。また、金融機関は三井住友銀行や三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、東京スター銀行などと提携しています。

郵送は主にWeb上での契約や手続きに慣れていない方向けであり、紙書類にて1つ1つ自分のペースで確認が可能です。

3.PCでの口座開設手続き

冒頭でも触れましたが、SMBC日興証券の口座開設ページはPCとスマホで特に違いはありません。また、PC用特設サイトもありませんので、手続きや画面構成など含めスマホ版を参考にできます。

3-1.公式サイトへアクセス

まずはSMBC日興証券の公式サイトへアクセスします。スマホで検索した場合も、スマホと同じく以下の表示です。

アクセス後もPCと同じく、「ネットで口座開設」と「郵送で口座開設」いずれか1つを選び、基本情報の入力を進めます。

基本情報入力後は、本人確認書類の提出へ進みます。

3-2.PCと同じ流れで口座開設申込完了

本人確認書類の提出方法は、スマホでの手続きと同じく画像のアップロードです。また、証明書の種類や条件も同様です。

本人確認書類の提出後は、口座開設に伴う規約の確認と同意、そして納税方式やNISA口座の開設について選択するといった流れです。こちらについてもスマホと特に相違点はありません。

あとは仮ログインパスワード、もしくは仮ログインパスワードと日興カードを受け取れば、取引を始めることができます。

まとめ

SMBC日興証券の口座開設手続きは、最初に個人情報を入力し、その後本人確認書類の提出と規約確認、初期設定といった流れです。

スマホ・PCで手続きを済ませる場合は、最短3日間程度で取引を始められます。一方郵送による手続きを選択した場合は、2週間程度かかります。このようにスマホ・PCでの手続きは、スピーディに進められるのが特徴です。ただし、Web手続きや画像アップロードに慣れていない場合は、ミス防止という点で郵送の利用メリットもあります。

SMBC日興証券の口座開設を検討している場合は、まず流れを確認し、本人確認書類の画像撮影を済ませておきましょう。

なお、SMBC日興証券では、2020年11月2日(月)~2021年3月31日(水)まで、「5,050名様に毎月最大5万円当たる!積立キャンペーン」を実施中です。キャンペーン期間中に、「投信つみたてプラン」の毎月の引落金額1万円ごとに1口として、毎月抽選で1,010名(合計5,050名)に最大5万円をプレゼント。つみたてNISA口座を開設された場合は抽選口数が2倍、キャンペーン対象銘柄(つみたてNISA取扱147銘柄)を引き落としで抽選口数が2倍、両方の条件を満たせば抽選口数は4倍になりますので、この機会につみたてNISAも検討されてみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
菊地 祥

菊地 祥

FP3級技能士、投資信託4年目、株式投資8年目。2018年からフリーランスとしてwebライティングやメディア運営を行っています。また、webライターとしては株式投資や投資信託などをやさしく解説。